小田和正が台湾語で熱唱  <台湾の声ニュース> 2005.11.9

華流より台流
1991年といえば、私が中学校二年生の年かな。この時の台湾は日本のドラマが流行っていました。今、日本の「韓流」みたいに。当時 私が好きの日本人俳優さんは吉田栄作、加勢大周でした。ドラマ「東京ラブストーリー」を見て、日本への憧れがありました。ドラマの影響か?「君」って呼ばれたかった!なんか分からないけど、なんかいい感じ!!でも、現実では使わないみたいですね!ちなみに「ラブ・ストーリーは突然に」は、よくカ...

お父さんの気持ちを

華流より台流
台湾語(ホーロー語)歌謡より、もっと少ない、客家語歌謡(ハッカ語別名山歌)が、台湾語(ホーロー語歌謡みたいに若者に新鮮な感覚で受け入れられ、カラオケの定番になることを祈っております。でも多分 台湾語(ホーロー語)より難しいだろう!客家語(ハッカ語)歌謡が消えて欲しくないんです。なぜ私は客家語(ハッカ語)歌謡が消えるという心配をしているのかといいますと。まだ 台湾に居た時に、学校でも、会社でも、客家語を...

台流:五月天が中国で台湾語曲を熱唱 <台湾の声ニュース> 2005.10.24

華流より台流
<台湾の声ニュース> 2005.10.24台流:五月天が中国で台湾語曲を熱唱 台湾で若者から熱烈な人気があるバンド「五月天」の中国公演が10月22日上海で開かれ、3万人の中国人ファンが集まった。 台湾の芸能界は長年の国民党統治時代の影響で、中国語歌謡にばかり予算をつぎ込み、台湾語(ホーロー語)歌謡などの台湾本土文化の振興は軽視されてきた。台湾語演歌についてはラジオなどのメディアを通じて中年世代から根強く支えられ...
このページのトップへ