スポンサーサイト

スポンサー広告

「榕社」第6回台湾文化研究発表會公開募集 (転載

台湾文化研究発表会
昨年の第五回台湾文化研究発表ですが、阿貴は客家語で発表させていただきました。大勢な人の前で、普段あまり使わない客家語を使い、発表するというのは、難しかったですね。興味ある方、ぜひ参加を検討してみては、いかがでしょうか?!      阿貴以下は転載です発表者募集日本「榕社」第6回台湾文化研究発表會公開募集発表者。凡有關台灣的歴史、地理、經濟,或是民俗、料理、服裝、音樂﹑戲劇﹑繪畫﹑...

【報告】第五回台湾文化研究発表会に参加して (写真編)

台湾文化研究発表会
以下の写真は平成18年10月28日から31日までに、第五回台湾文化研究発表会に参加するために、東京へ行きました。今回の上京は二度目ですが、やはり気持ちはドキドキハラハラしますね。3泊4日(車内2泊)の旅ですが、あっという間に終わりましたね。でも貴重な体験でした。収穫も大きです。台湾文化発表会に参加出来たことは、嬉しく、光栄に思っています。主催・榕社の小島武彦先生、楊超然先生、黄文雄先生、と発表の直...

台湾人の悲哀と心声& (power point)

台湾文化研究発表会
以下は先日掲載した第五回台湾文化研究発表会で発表した原稿ですが当日イメージとして使ったpower pointの写真も一緒に掲載いたします。      管理人 阿貴テーマ台湾人の悲哀と心声在日台湾同郷会の旗です。台湾独立建国連盟の旗。(1)日本で知った台湾教育の真実 1996年、台湾で日本人と台湾人が合同で経営している会社に入社し、2ヶ月ほど青森県に研修するために、初めて日本に来ました。初めての出国、初めての...

台湾人の悲哀と心声

台湾文化研究発表会
以下の原稿は平成18年10月29日(日)に拓殖大学で行われた第五回台湾文化研究発表会(主催・榕社)での私の発表原稿です。尚当日は客家語で発表しました。       青森日台交流会 出町 淑貴(阿貴)テーマ 台湾人の悲哀と心声(1)日本で知った台湾教育の真実 1996年、台湾で日本人と台湾人が合同で経営している会社に入社し、2ヶ月ほど青森県に研修するために、初めて日本に来ました。初めての出国、初めて...

第5回台湾文化研究発表会 (転載)

台湾文化研究発表会
第5回台湾文化研究発表会 台湾文化に興味を持つ方(台湾人、日本人、外国人可)のご来場を歓迎いたします。使用言語:母語尊重     今回はHo-Lo語、客家語、日本語等主  催:日本「榕社」日  時:10月29日(日) 午前10:00-午後4:30(10:00受付、10:30開会)会  場:拓殖大学文京校区  308講堂     東京都文京区小日向3-4-14 地下鉄丸の内線 茗荷谷駅 より徒歩3分 (標識あり) 参加無料...
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。