スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘉義市で「嘉義郡役所」保存運動グループと座談会 台湾研究フォーラム

日台交流
嘉義市で「嘉義郡役所」保存運動グループと座談会


                台湾研究フォーラム

台湾嘉義市にある日本時代の嘉義郡役所の建物は、目下進行中の保存運
動が奏功し、市による撤去は延期されている。保存か撤去かの結論は、
今年12月3日の地方統一選挙後に出される見通しだ。

そうしたなか本会メンバー12名は、9月20日午前より、同市内で、建物
の保存を訴える民間歴史研究グループの連合体、守護嘉義郡役所聯盟の
招きに応じ、「台日嘉義郡役所守護座談会」と題する「嘉義市城市(都
市)公共シンポジウム」に参加した。会場は「嘉義旧監獄」の旧講堂。
これは日本時代に建造された元監獄で、これらグループの保存運動によ
って撤去を免れ、今春、国指定の史跡となったものだ。

座談会ではまず、林瑞霞・嘉義市公共事務関懐協会理事長が本会への歓
迎の辞を述べ、続いて陳世岸・同協会総幹事が保存運動の現況を紹介し
た。

これを受け永山英樹・本会会長が答辞を述べ、保存運動は日本人にとって感謝に値するものであるとともに、台湾の歴史を明らかにすることで、台湾へのアイデンティティ強化に結びつくものでもあり、運動の輪が全国に広がることを願うと語った。

その後、胡瑞珠・嘉義市玉山文化協会前理事長がスライ写真を使い、嘉
義市の歴史と市内に残る日本時代の史跡の保存状況を説明した。ついで
黄世輝・雲林科技大学教授が、日台交流を通じ、日本の建築保存の事例
を知りたいと語った。また李栄●(上が日・下が立)・嘉義市玉山文化
協会理事長は、歴史建築の保存に不熱心な市側への懸念を述べるなど、
熱弁が続いた。

これに対して本会からは、まず粟生泰夫氏が日本での事例を挙げながら、
完全保存が無理なら、一部保存も可能との見方を示した。また近藤和雄
氏は日本での自治体や民間による建築保存のさまざまな動きを具体的に
紹介するとともに、嘉義市の史跡保護への姿勢を知りたいとした。

これに対し陳重光・嘉義市二二八記念基金会董事長は、「民間団体の努
力で、市はこの監獄の3億元の保存費用を出しているが、その一方で郡
役所を撤去し、10億元を注ぎ込んで、(必ずしも市民の賛同を得ていな
い)新庁舎の高層ビルを建てようとしている」と説明した。そして統一
地方選挙で嘉義市長に立候補する劉一徳・台湾団結聯盟副秘書長を紹介
し、「彼に新たな市政を期待したい」と述べた。

これを受け劉氏は「歴史的建築の保存は世界的潮流だ。台湾でも九●
(人偏に九)、金瓜石、淡水のように、保存建築保存を観光資源として
成功している例もある。もし当選したら、この問題に取り組むつもりで
ある」と表明した。

その後、会場での昼食をはさみ、本会のメンバーがひとりひとり、次の
ような保存運動へのエールを送った。「保存達成後の史跡維持の資金面
での方策も視野に入れるべき。史跡撤去の危機は嘉義だけではない。台
聯にはがんばって欲しい」(片木裕一副会長)、「日本時代の建築の保
存運動に感謝する」(古市利雄事務局長)、「次回は母や子を嘉義に案
内したい。保存を願う」(近藤氏)、「皆さんの活動を見て、台湾の歴
史に益々愛着を持つようになった」(佐藤千枝氏)、「台湾は史跡保存
における陣痛期にある。がんばってほしい」(粟生氏)、「4月の保存
デモにも参加したが、現在はさらに切羽詰った状況だ。何とか次の世代
に残して欲しい」(西江智彦氏)

こうして座談会は終了した。その後、本会メンバーは黄晴●(上が日、
下が安)・嘉義市人文関懐協会理事の案内で旧監獄の全施設を約1時間
にわたって見学した。

なお座談会に先立ち、本会メンバーは前日からこの日早朝にかけ、范欽
章・嘉義市人文関懐協会理事、胡瑞珠氏、楊立三氏、黄晴●(上が日、
下が安)氏などの案内で嘉義郡役所のほか、北白川宮能久親王記念碑
(保存運動グループが保護)、嘉義神社跡(保存されている)、旧嘉義
農林校長宿舎(保存が求められている)など、市内にある多数の日本時
代の歴史文物を見学している。

保存運動グループのメンバーのほとんどは戦後生まれの世代だ。かつて
台湾史が抹殺されていたに等しかった台湾で、ようやく史跡保存が一大
潮流になりつつある中、この面においては「遅れている」とされる嘉義
市において、熱心に活動を推し進め、全国からも注目を集めている。本
会メンバーもかねてからそれに敬意と賛意を表し、声援を送ってきたが、今回の交流を通じてさらに活動の意義の大きさを認識するとともに、日本統治時代という「日台共有の歴史」の研究における交流を継続して行きたいと感じた次第である。

最後に、今回の守護嘉義郡役所聯盟各位による厚いもてなしに感謝する
とともに、今後の健闘を祈念したい。また献身的に本会との連絡役に当
たった范欽章氏には重ねて感謝したい。
 
――――――――――――――――――――――――――――――――

■嘉義市人文関懐協会「嘉義郡役所」HP 
http://ccha.ncc.to/Bo-Blog//index.php■嘉義郡役所写真
http://blog.sina.com.tw/archive.php?blog_id=2277&md=entry&id=13773
■嘉義郡役所保存運動に関する過去の「台湾の声」の記事
【嘉義郡役所】公共テレビで特集報道 5/14
http://sv3.inacs.jp/bn/?2005050046148327003497.3407【嘉義郡役所】嘉義416活動の報告 4/19
http://www.emaga.com/bn/?2005040060673722003857.3407【嘉義郡役所】呂秀蓮副大統領が4・16活動を支持! 4/15
http://www.emaga.com/bn/?2005040048038197006905.3407【嘉義郡役所】東京・嘉義同時活動の御案内 4/14
http://www.emaga.com/bn/?2005040045230014005550.3407【嘉義郡役所】案内・4・16東京でも同時活動 4/13
http://www.emaga.com/bn/?2005040040446202004477.3407【嘉義郡役所】嘉義市民の新たな「行動」にご協力を 3/31
http://www.emaga.com/bn/?2005030101622235003998.3407【嘉義郡役所】3・26「人間の鎖」の報道 3/30
http://www.emaga.com/bn/?2005030099262067005367.3407【嘉義郡役所】取り壊しの延期が決定 3/28
http://www.emaga.com/bn/?2005030089579149004451.3407【嘉義郡役所】明日、保存を訴える「人間の鎖」 3/25
http://www.emaga.com/bn/?2005030081005322004357.3407【嘉義郡役所】署名にご協力の皆様 3/21
http://www.emaga.com/bn/?2005030067905894004002.3407【嘉義郡役所】署名運動の報道記事 3/17
http://www.emaga.com/bn/?2005030055653191004528.3407【嘉義郡役所】日本人として署名協力を呼びかけます 3/16
http://【署名呼びかけ】嘉義郡役所の保存 3/10
http://www.emaga.com/bn/?2005030032055992002786.3407【嘉義郡役所】HPで運動盛り上げを 2/21
http://www.emaga.com/bn/?2005020067935343001739.3407
【嘉義郡役所】嘉義監獄が国指定古跡に 1/27
http://www.emaga.com/bn/?2005010081295986001914.3407
【嘉義郡役所】市民団体が徹底抗戦の構え 1/26
http://www.emaga.com/bn/?2005010076793325002723.3407【嘉義郡役所】保存求める読者の市長宛メッセージ② 1/20
http://www.emaga.com/bn/?2005010058056056005906.3407【郡役所保存問題】嘉義から日本へのメッセージ 1/18
http://www.emaga.com/bn/?2005010051616204003621.3407
【嘉義郡役所】保存求める読者メッセージ① 1/16
http://www.emaga.com/bn/?2005010043842700004622.3407【嘉義郡役所保存問題】盛り上がる歴史保存機運 1/15
http://www.emaga.com/bn/?2005010040835229002737.3407
【要望書】「嘉義郡役所」の保存を 1/14
http://www.emaga.com/bn/?2005010038257078005067.3407
【呼びかけ】日本時代の嘉義市役所を守れ 1/13
http://www.emaga.com/bn/?2005010034182788001858.3407


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文
関連記事
スポンサーサイト
まるごと台湾メルマガ 台湾の祝祭日 | Home | 赤レンガに染みついた歴史台湾台中駅 読売新聞

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

嘉義神社嘉義神社(かぎじんじゃ)は、日本統治時代 (台湾)|日本統治時代の台湾台南州嘉義市山子頂(現・嘉義市嘉義公園)にあった神社である。第二次大戦後は忠烈祠となったが、後に焼失した。かつての社務所・斎館が史蹟資料館として利用されている。社格は国幣小社。嘉義

2007.02.05 (Mon) 04:48 | 台湾のポイント教えます。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。