【蔡焜燦氏】台湾出身戦歿者慰霊祭に寄せて

台湾の声 メルマガ
【蔡焜燦氏】台湾出身戦歿者慰霊祭に寄せて

今般、李登輝学校を卒業された日本の皆様が中心となって「台湾出身戦歿者慰霊祭」を開催されると聞き、大変嬉しく思います。本来であればなにをおいても私自身が駆けつけて参拝したいところですが、叶わぬことが残念でなりません。

台湾においては、昭和十七年以降陸軍特別志願制度が設けられ、初回は募集が千人に対し四百倍、四十万人以上の応募があり、この倍率は回を追うごとに高くなりました。昭和十八年には少年兵募集があり、当時、彰化商業学校の学生だった私は喜んで志願して少年航空兵に合格しました。軍隊側の都合で実際日本へ渡ったのは昭和二十年なのですが、後
日、同じ船に李登輝前総統がおられたことを聞き大変驚きました。

この大東亜戦争では二百万人を超える日本人が戦死し、靖国神社に祀られておりますが、その中には約三万人の台湾出身者も含まれています。李登輝前総統の実兄の李登欽さんもそのお一人です。日本名を岩里武則といい、海軍に志願してマニラで戦死しております。李登輝先生もご遺族の一人として靖国神社に参拝することを念願しており、皆様にも宜し
くお伝えくださいとのことです。

昭和四十三年、仕事の出張で二十三年振りに日本の地を踏んだのですが、終戦当時焼け野原だったのが見事に復興しているのを見て、大変喜ばしい気持になりました。それよりさらに嬉しかったのは、仕事関係で知り合った高島義道さんという方と靖国神社を参拝できたことです。高島さんのお兄さんはフィリピンで戦死され靖国神社に祀られているのですが、彼は常にお兄さんの写真を持ち、参拝時には涙を浮かべていました。当時、戦前の日本を全て否定するような風潮があったことに幻滅気味の私でしたが、「日本にはこんな素晴らしい男もいるのだ」と深い感銘を受けました。

本日は台湾の地から英霊の方々に謹んで哀悼の意を表するとともに、皆様方のお志に感謝
申し上げます。

            二〇〇五年十二月四日

                 蔡 焜燦




『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)
関連記事
スポンサーサイト
日本李登輝友の会メルマガより転載 | Home | 初めて日本人主催の台湾人英霊慰霊祭行われる

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ