スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての東京 そして靖国神社

「管理人阿貴」 だより
12月2日18:48発の寝台列車を乗って、東京へ行きました。

東京行くの目的は、(4日)日本語能力試験を受ける為です、試験場所は拓殖大学です。

交通手段について、最初は夜行バスにしょうかなと、考えていたけど、私は車に酔うから、寝台列車にしました、やや高いけどね。
東京行く3日前から、腹痛が続いた、緊張していたせいか、揺れる車内で、一時間、二時間置きで、時計を見ていた、眠れませんでした。

初めて東京に行くから、事前に行き場所を調べました、そして日程は以下の道理でした。

12月2日18:48発上野行き、上野に着いたのは12月3日の7:00です(約12時間)、まず試験場所拓殖大学へ行きました、確認後茗荷谷駅で朝食をとりました。

その後 東京大学に行って見学しました、本郷三丁目の駅から、本郷通りに沿って歩いて5分ぐらいで、東京大学の赤い門が見えました、校内の風景は綺麗です、きっとここで勉強している人は頭の良い人だろう、と想像していた。

次は、東京タワーにいきました。ここで栃木県鹿沼市に住む親子と出会いました。私がいきなりこの親子に声を掛けたにもかかわらず、その親子はとでも親切に接してくれました。こころから感謝いたします、ありがとうございます。おかけで一人ぽっちじゃなかった。一緒に展望台を回って、とでも楽しいかったのです。親切にしてもらたお礼に、一緒に記念写真を撮りました、後日郵送する予定です。お昼は東京タワー中のマックを食べました。(なんで東京でマック??)

次は、ずっと行きたかった場所、「靖国神社」です。
メルマガ「台湾の声」を読んで、初めて知った、靖国神社にはかつて日本とともに戦った台湾人の英霊約2万8千人が祀られている事。
この事を知らない台湾人、日本人は結構いる、少なくとも私は知らなかったのです。(勉強不足でごめんなさい)

メルマガ「台湾の声」
『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html
『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)

風景を見る時間があまりなかったから、入口から中まで、ひたすら走りました。靖国神社に入った途端、鳥肌が立ちました、なんだろう?壮観な靖国神社に震撼させられたのか?感動したのか?私もよくわかりません。

心の中である事を考えて複雑な気持になった、日本と台湾はかつて同じ国良い友でした、台湾の生活基礎(ダム、水道、橋など)を作ったのは「日本人」です。主に日本語世代の台湾人は日本を恨んでいません、恨むところか、むしろ感謝しているのではないでしょうか。日台の関係がもっと良くなることを祈っております、そして皆様と力を合わせて、頑張ってやって行きたいです。

今の日台関係をひとことって言うと「別れでも好きな人」と私はそう思います、(個人の偏見ですので)。今回の靖国神社参拝は非常に有意味だとおもいます、日本人、台湾人の皆様、また参拝した事がない方、ぜひ!一度靖国神社参拝してはいかかでしょうか!(参拝すべきです)

その後 台湾研究フォーラム80回定例会(忘年会)を参加させて頂きました。大先輩同志がいっば居ました、皆様と会えて良かったです、勇気つけられ、私も頑張らないとな、と思いました。


12月4日試験日です、8:00頃試験場所へ向いました、
9:15~15:15拓殖大学で試験を受けました。
試験後の感想は:「自信がないです。」試験問題について、結構悩みました、試験の結果は来年18年2月頃になります。心配ですね。

その後 「靖国を考える埼玉県民の会 第一回講演会」の懇親会を参加するために、浦和へ行きました。講演会も聞きたかったのですが、試験の真最中だから、参加できませんでした、でも懇親会に参加できるだけでも、嬉しかったのです、大先輩同志の林建良先生と会えました。緊張しましたよ!

私は林建良先生の在日同郷会のホームぺージを見て、目覚めたのです。
http://taioan.hp.infoseek.co.jp/article/20010630.htm小さな力でもいい、お手伝いをしたい、だから日本李登輝友の会に入会しました、一人じゃなの力にもならないかもしれませんが、でも皆様と力を合わせてやれば、何かが変わってくるかもしれません。そいう気持ちで日台交流を頑張ってやっています、ぜひ!新しい日台交流のために、あなたの力を貸してください。

帰りは大宮10:08発の列車です、駆け込み乗車でした。(笑)
もっと時間の余裕を持ってないとね、また いつか東京へ行きたいですね。

台湾研究フォーラムの忘年会と埼玉李登輝友の会の「靖国を考える埼玉県民の会 第一回講演会」の懇親会を参加できて、私はすごく大きな収穫だと思います、いろんな方、大先輩同志と会えて、話しして。私は一人じゃない、先輩同志達は大勢います。ということを感じました。心得は一つです、「一緒に頑張りましょう」です。

日本李登輝友の会 青森県支部は立ち上げの準備中です、いろな方の協力を得えながら、盛大に立ち上げ講演会を開いたいですね。青森県の皆様!新しい日台交流のために、ぜひ!力を貸してください、ご協力ご支援のほど宜しくお願い申しあげます。


             青森日台交流会  阿貴 


29770001.jpg


29730009.jpg


29730011.jpg



29730012.jpg

関連記事
スポンサーサイト
「青森日台交流会」 について | Home | 野球の北京五輪アジア予選、台湾開催が確実に2005年12月28日 読売新聞

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。