ミニ・インターナショナルフレンドシップフェアin藤崎の感想

ミニiff活動
平成17年ミニ・インターナショナルフレンドシップフェアin藤崎の行事は無事成功に(多分)終了しました、今回の国際交流について、私は浪岡国際交流協会の一員として、参加させていただきました。

今回の行事で台湾料理試食を出させてもらいました。台湾料理を通じて、台湾のことをもっと知ってもらおう、関心をもってもらおう。もっと台湾と交流しましょうというのは、私の願いです。

今回の台湾料理は粽子(ちまき)とタピオカミルクティーを約100人分を作りました、世界の料理試食は12ヶ国以上出しました。試食が残ったチームもあるのに、なぜか?台湾料理の試食は一早くなくなりました。苦情が結構ありました。「なんでもうないの?」という苦情です。貰えない方には、大変申し訳なかったです。だから今回の台湾料理試食は大成功かな?私はそう考えたいです。

今回の国際交流で台湾に関心ある方と会えました。わざわざ会いに来てくれて、感謝したします、ありがといございます。
なぜそんなにうれしんだ?会いに来てくれた方は江坂様という方です。
なんと70歳過ぎているのに、ご自身で運転をして、会場まで来てくれたのです、感動でしょう!!私はこれから運転免許を取得するところなのに、だから感心しました。そして江坂様は日本李登輝友の会青森県支部の立ち上げ講演会はぜひ参加したいとのこと、うれしいです。また 同志仲間が増えましたね。そしてもう一人新岡様という方は、留学生と地域の交流をやっている方です。新岡様と提携しながら、日台交流をやって行きたいです。

少しながらいろんな人と出会った、そして少しながら、同志仲間を増やしていた、現在日台の関係は昔と比べたら、いいとは言えないのでしょう!台湾の真実、台湾の現状を日本人に知って欲しい、分かって欲しいのです。そして「日台運命共同体」の重要性はどれほど大切なのか!
もちろん一番大事のは、台湾人自身が頑張らければならない、台湾は台湾人の国だ。そして 日本は台湾の良い友なのだ。





               管理人 阿貴

関連記事
スポンサーサイト
「第3回日台文化交流 青少年スカラシップ」作品募集 | Home | 私の道しるべ 「在日台湾同郷会」 の 「正名運動」

コメント

スウ クエイさん 私は今日初めて拝見しました。
貴方は偉い!これからも拝見します
さて、コアキフオア先生の本読みました。感動しました。台湾の侍です!友人1冊あげる約束です。私が台湾で聞いた、「雨夜花」が210ページに載っておりました。縁を感じます。客家人は私はとても縁があります、マレーシアで4人のアルバイトと知り合いました、リークワンユー、李登輝、トウショウヘイ、も客家人と知らされました。新竹の人も?

2005/12/28 (Wed) 19:42 | 新岡正博 #- | URL | 編集

くっくりさんのblog
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/
を読んでこのblogを知りました。
青森でもこのような日台交流が行われていたとは知りませんでした。青森県人として恥ずかしいです。
なにしろ、今年は日韓交流年とやらで、韓国絡みの報道ばっかりでしたから・・・(言い訳?)
早速お気に入りに登録させて頂きますヨ。

2005/12/13 (Tue) 07:24 | imacer #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ