スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【急告】台湾の鄭春河氏が逝去

台湾の声 メルマガ
ご冥福をお祈り申し上げます

以下は台湾の声より転載です


【急告】台湾の鄭春河氏が逝去

異郷の地となった台湾から「日本人よ、目覚めよ」と『嗚呼 大東亜戦争』などの冊子を次々と日本に送り出し、平成10年12月8日、『台湾人元志願兵と大東亜戦争』と題してまとめられた台湾の鄭春河氏が去る12月22日(木)午後8時、入院中の台南病院にて逝去されました。享年87歳でした。ご生前のご功績を偲び心からご冥福をお祈り申し上げます

ご葬儀の日程は下記の通りです。

日 時 明年1月8日 午前10時より

会 場 台南市「台南市殯儀館」

*会場は中華南路と国民路の交差する十字路にあるとのことで、鄭先生が以前お住まいであった台南市のご自宅のそばです。タクシーの場合「台南市殯儀館」の文字を見せますと大丈夫だと思われます。

喪主は奥様なのかご子息なのかまだ不明ですが、現在の鄭春河氏のご自宅の住所は以下の通りです。

台湾・高雄縣湖内郡中山路二段38-5號
(嗣子 鄭名峰氏)
TEL 07-699-2148
FAX 07-699-7649

------------------------------------------------------------------------
鄭春河氏 1920年(大正9年)、台湾・台南州北門郡佳里町生まれ。1939年(昭和14年)、早稲田大学中学部(校外生)卒業後、台南神社にて神職教育を受け、北門郡雇員(公務員)と北門神社奉仕を兼務。1943年(同17年)、特別志願により陸軍第一補充兵に編入。翌年、台湾第四部隊に入営後、豪北派遣。チモール島にて終戦。1946年(同21年)6月、復員して台湾に帰郷。戦後、日本人容疑で検挙されるも、無罪判決により政治大学課程を履修。製油会社等の部長を歴任後、社長・顧問を歴任。1997年(平成9年)、台南・延平郡王祀(鄭成功廟)にて催された複台記念日祭典に神道式祭典を斎主として厳修。1988年(同10年)、台中・宝覚禅寺の「霊安故郷」碑前にて催された「台湾同胞戦争裁判犠牲者合祀祭」の神道式祭典を斎主として厳修。2005年(同17年)12月22日、台南にて逝去。

------------------------------------------------------------------------

*このお知らせを関係者の方々に転送していただきたくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
大阪靖國訴訟補助参加人意見陳述書 元日本人 上杉重雄(鄭春河) | Home | 日本李登輝友の会特別企画 『烏來と天灯の里ツアー』のご案内

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。