スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾台北市と白浜町の南紀白浜空港を結ぶ国際チャーター便が

最新日台NEWS
以下は紀伊民報より転載です
http://www.agara.co.jp/DAILY/20051231/20051231_001.html台湾チャーター便を誘致
3月から4カ月間
南紀白浜空港

--------------------------------------------------------------------------------

【2006年1月1日付掲載記事】
 台湾台北市と白浜町の南紀白浜空港を結ぶ国際チャーター便が、3月から6月末までの4カ月間、週1便運航される見通しになった。国際観光都市を目指す白浜町にとって明るい話題。立谷誠一町長は「白浜温泉にとってありがたい。海外からの誘客を進めたい」と話している。
 台湾からのチャーター便誘致の実績がある石川県七尾市の大手旅館「加賀屋」(小田孝信社長)が、台湾の航空会社と交渉を進め、同県以外に和歌山県にもチャーター便の誘致を働き掛けた。加賀屋によると、1月下旬に台湾の航空会社が決定するという。

 チャーター便の計画は4カ月間で、台湾から能登空港(輪島市)に週2便の計30便、台湾から南紀白浜空港に週1便の計15便となる。

 加賀屋によると、搭乗客は台湾からのツアー客がメーン。台湾から能登に入って白浜から帰る便と、白浜に入って能登から帰る便、能登に入ってそこから帰る便の3種類を用意したいという。国内の滞在期間は4、5泊で13~20万円のツアーを計画する。

 加賀屋の誘致担当は「できるだけ能登から遠い空港とチャーターを結ぶことで、京都や大阪を巡るツアー、伊勢を回るツアーなどさまざまな企画が組みやすくなる」と南紀白浜空港への誘致の効果を話す。

 南紀白浜空港管理事務所によると、海外から南紀白浜空港へのチャーター便はこれまで、台湾からが2001年12月にチャイナエアライン(中華航空公司)の1便、韓国ソウル市からの韓国アシアナ航空が03年1月に1便と04年5月に3便を運航している。05年度の実績はないという。

 白浜観光協会の中田力会長は「新空港が整備された時から、海外からの便が実現するようずっと県に要望してきた。具体化することは白浜温泉にとって大変素晴らしい」と話す。

 白浜温泉旅館協同組合(加盟24施設)の小竹幸理事長は「海外からの客も積極的に誘客したい。白浜温泉を周遊コースに加えてもらえるのは観光振興の面で心強く思う」と喜んでいる。

【3月からの4カ月間、台湾からのチャーター便が週1便運航される見通しの南紀白浜空港(白浜町で)】



関連記事
スポンサーサイト
新年を迎えての思い 「台湾の声」編集長 林建良  2006年1月1日 | Home | 台湾に食品PR店 道が来夏海外で初 北海道の魅力を発信

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

台湾チャーター便を誘致 南紀白浜空港(紀伊民報)国際観光都市を目指す白浜町(和歌山県)にある南紀白浜空港に台北から国際チャーター便が飛ぶことになりました。3月から4ヶ月間。台湾からのチャーター便誘致の実績がある石川県七尾市の大手旅館加賀屋が、台湾....

2006.01.03 (Tue) 07:15 | ひめナビブログ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。