スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【案内】屏東竹田 池上一郎博士文庫親睦會 IN TAIWAN

日本の声 メルマガ
以下は「日本の声」より転載です


【案内】屏東竹田 池上一郎博士文庫親睦會

池上一郎,1911年1月16日生於東京,東京帝國大學醫學
院畢業後,第二次世界大戰時以軍醫的身份來到台灣,擔
任高雄州潮州郡竹田庄第19712部隊野戰病院院長。除了
軍隊士官的診療,池上也幫當地的村民看病。戰後回到日
本的池上,持續地幫助來自台灣的留學生,並且提供獎學
金,捐贈書籍給心中的第二故鄉:竹田。

池上一郎1911年1月16日東京生まれ、東京帝國大學醫學
院畢業後、第二次世界大戰時に軍醫として台灣で迎いした,
高雄州潮州郡竹田庄第19712部隊野戰病院院長を勤め、
軍隊士官的診療以外に當地的村民看病もした。戰後日
本に帰った池上氏は台湾からの留学生の面倒を見ていました。
獎學金も提供した。またこころ第二の故郷台湾の「竹田」へ書籍を
捐贈していた。


2000年池上氏將自己所有的藏書約五千冊寄贈給竹田。這
便是池上一郎博士文庫的開端。當時在大正時代建造的和
式木造竹田車站正面臨拆掉重建的命運,因為當地居民熱
心的保存運動,使得車站得以古蹟保存下來。之前的鐵道
倉庫則改建為圖書室收藏文庫。池上一郎氏在文庫成立後
一個月辭世。

2000年池上氏自分所有の藏書約五千冊を「竹田」へ寄贈
することにした、これは池上一郎博士文庫の開端となった。
當時大正時代建造した和式木造竹田駅は建て直しの命運
だったですが、當地居民熱心的保存運動のおかけで、竹田駅
は古蹟保存として保存することになりました。昔の鐵道倉庫
を改建して、圖書室收藏文庫になった。池上一郎氏は文庫成立
一ヶ月後、亡くなりました。

目前每週圖書室都有日文讀書會等活動。在池上一郎氏生
日的本周1月16日,將舉行親睦會。歡迎有興趣的朋友前
往參加。

今は毎週圖書室で日本語讀書會など行っています。池上一郎氏
また生きていた頃今週の1月16日に、親睦會を開きますので、
興味ある方は、どんどん参加してください。



管理人の阿貴です、漢文のこの文章を訳してみましたが、
変な所がありましたら、ごめんなさい。



--------------------------------------------------

時間:2006年 1月 16日 上午9:30-14:00

地點:屏東縣竹田鄉竹田驛

南迴線竹田驛園內 池上一郎博士文庫
(出車站後,左手邊的建築物)

電話:08-771-1647


圖片:文庫、竹田車站內外的風景及池上一郎博士。

http://www.a-eda.net/asia/ikegami.html
台湾近代化に尽くした日本人 ホームぺージ

========================


日本之聲 歡迎轉寄
介紹在日台灣人的活動,並提供日台交流的情報及資訊

投稿請寄本報編輯組: nihonnokoe@am.ai
訂閱請寄空白信到: nihonnokoe-subscribe@yahoogroups.com
之後Yahoo將會寄一封確認信,題名為:Please confirm your
request to join nihonnokoe,收到此信後原封寄回即完成訂閱
手續。


Yahoo! Groups Links

<*> To visit your group on the web, go to:
http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe/
<*> To unsubscribe from this group, send an email to:
nihonnokoe-unsubscribe@yahoogroups.com

<*> Your use of Yahoo! Groups is subject to:
http://docs.yahoo.com/info/terms/


et="_blank">bunko4[1].jpg


池上一郎博士の写真です



bunko5[1].jpg

文庫、竹田駅中の風景です

関連記事
スポンサーサイト
台湾の嘉義市役所 新年のメッセージ | Home | 小松空港の台湾便誘致に本腰を 森前首相、本社で見解 

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。