スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル先進国ランキング、日本は携帯電話で健闘も、トップは台湾に

最新日台NEWS
台湾は小さい島国だからなのか、いろんなも進むのが早いみたいです。外国の映画や新しい商品や、IT関係に至るあらゆる分野で日本より早く、国中に広がってしまうです。
この事を同僚に言ったら、信じてもらえなくて、ちょっと寂しいです。しかし、何でもかもすぐに国中に広がる事は、かならずいい事ではないと、私はそう思います。


コンピュータニュース - 1月11日(水)23時39分 ニュース記事写真動画トピックス 条件検索

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060112-00000093-myc-sci


デジタル先進国ランキング、日本は携帯電話で健闘も、トップは台湾に

米Parks Associatesは、世界の主要13カ国を対象にして、デジタル化の推進度などを調査した最新レポート「Global Digital Living」(GDL)の発表を行った。各デジタル製品サービスの利用度は、国ごとに独自の特徴が表われる結果となっている。

同レポートは、調査対象となる13カ国の1万世帯以上をモニターして、デジタルTV放送、インターネット、マルチメディアプレイヤーなどのデジタル製品サービスの利用状況の把握に努め、10点満点の各国総合スコアを公表している。

今回の調査結果によれば、総合スコアで8.7ポイントとなりランキングトップに立ったのは台湾。2位には8.4ポイントの韓国が入っており、ともにPC関連の製品サービスを積極的に利用しているユーザーが多いことが大きな特徴とされている。一方、8.1ポイントで3位につけた米国では、ケーブルTV、デジタル放送、デジタルビデオレコーダ(DVR)など、TV関連の製品サービスの利用が目立ったという。

総合スコアが7.9ポイントの日本は、13カ国中で5位に終わっている。同調査を率いたJohn Barrett氏は「デジタル技術の利用度において、各国別にユニークな特徴が見られ、非常に利用が進んでいるエリアと、少し普及が遅れているエリアが明らかになっている。日本の特徴としては、携帯電話の利用度に関して、世界でも群を抜いて進んでいることが挙げられ、過半数の世帯で携帯電話のカメラおよびメール機能などの定期的な利用が報告されている。また、長い通勤時間に、携帯電話のエンターテインメント機能を楽しむユーザーも少なくない」とコメントしている。

なお、アジア地域の台湾、韓国、日本や、北米地域の米国、カナダなどで上位が占められたのに対して、欧州地域の英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリアなどは、いずれも各調査対象製品サービスの利用で、やや遅れを取っている状況も明らかにされた。


『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)
関連記事
スポンサーサイト
平成18年年賀状の当せん番号 | Home | 台日間の定期航空便が今年2000便増に 台湾週報より

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。