日本の退職者に長期ビザ 台湾外交部

最新日台NEWS
少子化の問題で、今の定年退職者は年金を支払ってもらえるけれど、
私達が老いた時には、果たして支払ってもらえるのでしょうか?
もはや 年金だけじゃ安心な老後生活を過ごせないのかもしれません。




以下は産経新聞より

日本の退職者に長期ビザ 台湾外交部

 台湾の外交部(外務省)は19日、日本の定年退職者を対象として、特別に180日間滞在できる半年間有効の数次査証(マルチビザ)を来月1日から発給すると発表した。

続きあり こちらでどうぞ
http://www.sankei.co.jp/news/060119/kok083.htm
対日関係の促進と観光客の倍増が狙い。これまでも観光ならビザは不要だが、滞在期間は30日までに制限されている。

 長期ビザの発給対象者は55歳以上の退職した日本人で、申請の際に、警察の無犯罪証明や5万ドル(約570万円)以上の財力の証明などが必要。180日を超えての滞在期間の延長はできない。(共同)

(01/19 23:03)
関連記事
スポンサーサイト
外相、李前台湾総統の来日を容認 | Home | 外国人客、台湾ほぼ一色 北陸の温泉地 「中流層多く、親日的」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ