スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾でのPRで観光客アップを~駐日幹部が三国を視察~ 2006年1月30日

最新日台NEWS
台湾でのPRで観光客アップを
~駐日幹部が三国を視察~ 2006年1月30日 12:00


「カニや雪とセットでPRを」(陳鴻基副代表)

 台湾から県内への観光客が増加傾向にある中、台北駐日経済文化代表処の陳鴻基副代表が三国町を訪れ、台湾から三国への観光客を増やすために、現地でのPRを展開すべきだと強調しました。

http://www.fbc.jp/news/20060130_01.htm


--------------------------------------------------------------------------------
池田ワイン城、6年ぶり30万人 台湾観光客が後押し 本年度の来場者  2006/01/30 07:41
 【池田】十勝管内池田町の「ワイン城」の本年度の来場者が二十九日、三十万人に達した。一九九九年度以来六年ぶりの三十万人達成で、昨年四月の改装が効いた。
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060130&j=0025&k=200601290933
 陳副代表は、観光視察のためにけさ三国町を訪れ、坂本町長と懇談しました。

 この中で陳副代表は「三国には福井を代表する観光地・東尋坊をはじめ、山車人形が繰り出される伝統の祭りや古い寺院が数多くあり、観光地として魅力がある」と絶賛しました。

 そのうえで陳氏は「台湾への訪問団を作って、大規模なイベントを行えば、地元のメディアも注目する」と分析し、「越前ガニや雪をセットにしてPRすれば、費用が高くても観光客の増加につながる」と強調しました。

 ところで県によりますと、去年、台湾から県内を訪れた観光客は、県の助成制度の効果もあって、おととしの8倍以上となる、およそ2500人に増えたということです。



池田ワイン城、6年ぶり30万人 台湾観光客が後押し 本年度の来場者三十万人目は釧路市の会社員飯沢綾香さん(27)で、夫の研二さん(27)とドライブで訪れた。特別ラベルの十勝ワインと「バナナ饅頭(まんじゅう)」など特産品の詰め合わせを贈られた飯沢さんは「初めて来たワイン城で記念品をもらい、驚きです。ぜひまた来てみたい」と話していた。

 ワイン城はもともと、一九七四年に同町が開設した十勝ワインの製造工場。十勝平野を展望できる町営レストランと工場見学が人気で、年間五十万人余りの観光客を集めたが、ここ数年は二十万人台に低迷していた。

 町は二○○三年から、屋外の売店施設を城内に移転する大規模改修を行い、昨年四月に新装オープン。売店の通年営業が可能となり、冬も台湾人観光客を中心に来場者が順調に伸びている。

 町などは二月十一日にワイン城を千個のアイスキャンドルで飾るイベントを催し、一層の上積みを図る。

関連記事
スポンサーサイト
百年古蹟校舍 大同國小 | Home | 台湾総統、中台統一政策の最高指針廃止を検討

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

今日はおととい登録したメル友サイト に連絡をくれたおじさんと会うw困ってる事を話すとご飯をご馳走してくれた。だけど漫画喫茶に居られるお金もそろそろなくなってくるし、どうしようか迷い中。

2006.02.01 (Wed) 21:32 | 十代♀上京ほーむれす(汗

十勝ワイン十勝ワイン(とかちワイン)は北海道中川郡 (十勝支庁)|中川郡池田町 (北海道)|池田町で作られているワイン。ワイン工場は町営のブドウ・ブドウ酒研究所。十勝ワインの製造は1963年6月に1kリットル|?の試験醸造からはじまった。1952年(昭和27年)の十勝沖地震と

2007.10.02 (Tue) 17:03 | ソムリエがごとくワインを愉しむ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。