スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾向け県産リンゴの輸出好調 2006年2月2日(木) (転載)

最新日本青森NEWS
世界一親日国家台湾に青森をアピールしましょう!
頑張れ日本!頑張れ青森!


以下は転載です
2006年2月2日(木)

台湾向け県産リンゴの輸出好調

 二〇〇五年産の国産リンゴの台湾向け輸出量が昨年十二月末現在で九千五百トンを突破し、輸出金額も約三十億円とハイペースを維持していることが一日、財務省の貿易統計で分かった。県は「輸出量のほぼ九割は本県産。リンゴの需要が高まる旧正月の時期が早かったこともあるが、台湾がマーケットとして定着してきたことの表れ」と今後の推移に期待している。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/0202/nto0202_3.asp
 貿易統計によると、昨年十二月の台湾向け輸出量は五千五百九十八トンで、九-十一月分と合わせ九千五百二十三トンとなった。前年同期(三千二百七十トン)に比べ三倍近く、過去最高だった〇三年同期(八千八百六トン)を8%上回った。

 輸出金額も十二月だけで十六億九千三百六十三万円を記録、九-十一月分を合わせて三十億九百二十二万円となり、前年同期(約十二億一千万円円)と〇三年同期(約二十二億二千万円)を上回った。

 輸出好調の要因について、県総合販売戦略課は(1)台湾側の検疫強化の動きから、早めに輸出しようとする動きがあった(2)〇四年産に比べ国内の市場価格が安い-ことを挙げている。

関連記事
スポンサーサイト
実施国はマレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、台湾の5ケ国 | Home | まるごと台湾メルマガ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。