「リンゴは青森」というように (転載)

青森りんご
日本のりんごといえば「青森県産」。すごいですね青森県は!
さすが日本全国りんご生産量NO.1を誇る青森。


以下は転載です
イチゴは「あまおう」~台湾で福岡県が懸命売り込み
「リンゴは青森」というように、台湾で既にブランド名が浸透している果物もあるが、イチゴの場合、まだ特定の銘柄が定着していない。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/keizai/ke_06020303.htm
04年から、台湾への売り込みも本格化させた。台湾が02年に世界貿易機関(WTO)へ加盟して関税が下がったことがきっかけだったという。
 同県は、日本の市場でイチゴがだぶつき気味になる春先に販売を拡大しようと、海外への輸出促進を図っている。これまでは、香港をターゲットにしてきたが、04年から、台湾への売り込みも本格化させた。台湾が02年に世界貿易機関(WTO)へ加盟して関税が下がったことがきっかけだったという。

 大作戦は昨年も実施。今回は、県やJAなどの協力で台北市の百貨店、レストランなどが、3月までに4回のフェアを開催。ミス福岡も参加して試食会を開いたり、あまおうを使った菓子やワインも一緒に販売したり、様々なイベントを企画している。

 「リンゴは青森」というように、台湾で既にブランド名が浸透している果物もあるが、イチゴの場合、まだ特定の銘柄が定着していない。

 現在、開催中のフェアの評判は上々で、同県農政部の「福岡の食輸出促進センター」は「ブランドを普及させるには今がチャンス。台湾でイチゴといえば、『あまおう』と言われるようにしたい」と意気込む。

       ◇

 門司税関管内(福岡、佐賀、大分、宮崎、山口各県)からアジアへのイチゴの輸出は、ここ数年急増している。

 同税関によると、1995年に0.4トンだったのが、2003年には8.7トンに増えた。04年は5.8トンだったが、05年は1~10月だけで15.8トンとなった。

関連記事
スポンサーサイト
台湾のアリサンザクラ 元気に育つ  「友和の桜」 (転載) | Home | 実施国はマレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、台湾の5ケ国

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ