<台湾の声ニュース> 2006.2.15 (転載)

日台交流
<台湾の声ニュース> 2006.2.15 (転載)

バレンタインデーの14日、日本李登輝友の会および台湾の李登輝之友会全国総会の支援の下、日本育桜会園田天光光理事長が河津桜一千株を南投県に贈った。式典では1株が植樹されたが、検疫の規定により他は1年間隔離してからの植樹となる。南投県政府の陳財源主任秘書は桜が南投県の観光にとってプラスになるという期待を述べた。南投県は12月の統一地方選挙の結果、民進党から国民党県政に移った。日台共栄の印であるこの桜が根付くことを祈りたい。

以下は、中央通訊社、台湾日報の記事および日本李登輝友の会による桜募金
の呼びかけである。


日本贈河津櫻花萬株給南投 隔離一年後種植

(中央社記者曾立南投十四日電)在李登輝之友会促成下,日本育櫻会和南投縣政府十四日在南投縣名間苗圃,完成捐贈萬株河津櫻花儀式,這批櫻花全部到位後,将在名間苗圃隔離一年,才選定南投縣主要觀光地区栽種。

昨日贈花儀式由南投縣政府主任秘書陳財源主持,李登輝之友会総会長黄崑虎、日本育櫻会長園田天光光、南投李友会長陳啓吉夫婦,以及来自日本的愛櫻人士和李友会幹部參加。

在他們見証和農委会動植物檢驗局人員認定下,首批踝根密封的一千株河津櫻,在南投縣政府名間苗圃啓封,並隔離種植。依疫檢規定,進口的花苗不但不能帶有泥土,隔離時間還需一年,在這一年内,周邊五十公尺内不得有同科的植物。

黄崑虎説,日本育櫻会三年前就蒐集臺湾土壤及氣候因子,認為河津櫻最適合臺湾種植,並在新竹市試種成央A因此,河津櫻在南投縣應該沒有適應上的問題。

陳財源除了感謝日本育櫻会和李登輝之友会的促成,也将在櫻苗隔離一年後,選擇觀光区大量種植,以強化觀光景觀,也提昇觀光区人文氣質。

這批櫻花屬於日本伊豆半島河津町早開的櫻花,名為河津櫻,在日本花期是二月下旬至三月上旬。河津櫻花屬中型花,桃紅色,推定是寒緋櫻和大島櫻混交的品種。


好朋友日育櫻会贈南投櫻花
【台湾日報 】

(記者劉敏華§南投報導)在李登輝之友会居間促成下,日本育櫻会理事長園田天光光昨天帶著一千株河津櫻花樹苗贈送給南投縣,雙方象徴性種下一株櫻花,代表雙方的友好情誼。該批櫻苗将在名間苗圃隔離培育一年,以確認生長沒問題,而這一年的時間,雙方也将審慎選擇栽植地點。

日本育櫻会理事長園田天光光及日本李登輝之友会理事長【正しくは事務局長】柚原正敬一行,昨天在国策顧問黄崑虎、南投李友会会長陳啓吉夫婦等陪同下抵達南投,並在名間郷苗圃樹木銀行挙行日本河津櫻花入園隔離培育儀式,縣府主任秘書陳財源代表接受,園田天光光、黄崑虎、陳財源等並一同種下一株樹苗,象徴雙方的友好情誼。

黄崑虎説,為了選擇適宜在台湾種植的櫻花,日本育櫻会三年前即蒐集臺湾土壤及氣候因子,評估後認為以河津櫻最適合,並在新竹市試種成功,因此河津櫻在南投縣應該也沒有適應上的問題,育櫻会還特別邀請植物專家至南投縣指導種植。河津櫻屬日本伊豆半島河津町的早開種,在日本花期約従2月下旬至3月上旬。陳財源感謝日本育櫻会和李登輝之友会的促成,去年4月育櫻会曾允諾若南投縣適合櫻花種植,将会提供萬株櫻花。


~日本から台湾に桜の苗木を贈ろう!~
http://www.ritouki.jp/sakura.html

 平成15年(2003年)2月、NPO法人育桜会と社団法人霞会館(旧華族会館)が静岡県は伊豆河津町を原産とする河津桜200本を台湾の李登輝之友会全国総会に寄贈したところ、本年2月見事に開花しました。

 枝ぶりはまだ幼いものの、花が大きく少々色の濃い河津桜は台湾の風景に見事に溶け込み素晴らしい光景だったそうで、李登輝前総統もたいへん喜ばれたとのことです。そこで、台湾・李登輝之友会全国総会の黄崑虎会長(総統府国策顧問)から本会を介して育桜会に桜寄贈の依頼があり、このたび再び寄贈することが決まりました。

 去る10月5日、台湾・台北市の国賓大飯店において、桜寄贈合意書への調印式が行われ、育桜会と本会が来年(2006年、平成18年)1月に苗木1,000本を寄贈し、将来的に日台が力を合わせて1万本にしようという内容です。

 この調印式には李登輝前総統も「見証人」として出席され、育桜会の園田天光光理事長(園田直元外相夫人)と、台湾・李登輝之友会全国総会の黄崑虎会長の三者で調印し、李登輝前総統は「台湾の人々も日本の桜を麗しいと共感しております。私はこのたびの桜の苗木を台湾全土に広げることにより、台湾と日本の親善友好の基礎がいっそう広まるのではないかと信じております。一日も早く日本の方々と一緒に花見大会を満喫いたしたいと念願しております」と挨拶されています。

 すでに李登輝之友会全国総会は台湾政府の支援の下、桜を植樹する場所として、台湾大地震の震源に近い南投県の九九峰に70ヘクタールもの土地を確保しています。

 つきましては、この意義深い桜寄贈を成功に導くことで日台交流の実を上げるべく、台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)のご後援をいただき、下記のような要項にて「桜募金」を開始しました。ご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 尚、5万円以上の篤志者は九九峰に建てる記念碑にお名前を刻ませていただきます。

 【事務局より】桜の苗木寄贈を1月としていましたが、その頃は台湾の旧正月とかちあってしまうため、2月中旬となる予定ですので、一応、今回の募金は来年2月末までとさせていただきます。

  ただし、受付はしております。もし、何度も募金いただいて、総額が25口(5万円)以上となった場合も、九九峰に建立する記念碑にお名前を刻ませていただきます。(2005/12/20)】




『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/
『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文
関連記事
スポンサーサイト
日本語能力試験の合否結果通知書が届きました | Home | ピーター・ホー「台湾では男性から」バレンタインイベントで

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ