スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾、日本YOSAKOIでつながる/「台湾ランタンフェスティバル」 (転載)

日台交流
日本のYOSAKOIがかっこういいですね。
感動します。
また 私は日本の和太鼓も大好きです。
できればやってみたいな。


 台湾、日本YOSAKOIでつながる/「台湾ランタンフェスティバル」


 またまたYOSAKOIが台湾を“アツく”した!12日に台南市で開催された台湾の代表的な祭典「台湾ランタンフェスティバル」(台湾政府交通部観光局・台南市主催)に、札幌のYOSAKOIソーランチームが4年連続で参加した。今回は5チーム計200人が、日本アジア航空のチャーター便で台湾入り。参加メンバーの演舞は南国台湾の人々のハートをしっかりとつかんだ。4年前から始まった、踊りを通じた文化交流は確実に深まっている。

http://www.kita-nikkan.co.jp/closeup/cl06022801.htm
台湾ランタンフェスティバル

 ランタンとは提灯(ちょうちん)のこと。台湾では旧暦の1月15日にあたる日の夜を「元宵(ユアンシャオ)」と呼び、寺廟などにランタンを飾ってきた。「元宵節」は春節期間の最後の節目にあたる為、「小正月」としても祝われる。この台湾の伝統を世界に広めようと1990年に台湾交通部が主催して1回目の「ランタンフェスティバル」が台北で開かれた。干支(えと)をデザインした巨大ランタンなどが多数展示され、毎年100万人を超える観客が訪れる台湾で最大級のイベントとなった。今年は昨年に続き台南市を会場に11日から26日まで開催された。このほかにも政府主催の関連イベントが台北、高雄など5カ所で行われた。

関連記事
スポンサーサイト
島根県で「台湾フェア2006」が開催 (転載) | Home | 古坑の台湾コーヒー  雲林県古坑郷  (転載)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。