スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香取「台湾でSMAPコンサートやる」

最新日台NEWS
以下は「デイリースポ-ツ」より転載です


香取「台湾でSMAPコンサートやる」

 SMAPの香取慎吾(28)が23日、初めて台湾に上陸、中正国際空港に集まったファンの熱烈歓迎を受けた。24日に世界一高い台湾101タワーで行われた記者会見では「いつか必ず台湾でコンサートをやりたい。次はほかのメンバーも引き連れて来る」とSMAPとして台湾をはじめアジア各国への本格進出を宣言した。



初めての台湾は香取を熱狂的に迎え入れた。現地メディアも日本のスーパースターの初来台とあってテレビ、新聞、雑誌など約30社が中正国際空港に殺到。空港内は香取を追いかける報道陣と500人のファンで大混乱に陥った。台湾のみならず香港などアジア全土からファンは集結。感激で泣き出す女性も続出する騒ぎとなった。

 今回の訪台は27日放送のフジテレビ「西遊記 特別編」のロケと10日に台湾で初めて発売されたDVD「SMAPとイッちゃった!SMAP SAMPLE TOUR 2005」の現地チャート初登場1位獲得の記者会見が目的。その後には現地ファンとのふれあいイベントも組まれた。

 会見は台湾で最も高い「台北101タワー」の91階、地上390メートル地点で行われた。日本人アーティストとしては初。空港への出迎えやイベントのファンの数、取材メディア数…すべてがケタ外れのSMAPらしさをビルの高さで象徴させた。

 孫悟空の衣装で登場した香取は「ウォーシー、シンゴ。ウォーフェン、シーホァン、タイワン。ウォーアイニー(慎吾です。台湾が大好きです。みんなを愛してます)」とあいさつ。さらに「こんなふうに歓迎してくれてうれしい。みんなの笑顔がとてもうれしくて僕も笑顔になりました。皆さん僕の家族です」と感動を表した。

 木村拓哉からは「頑張ってこいよ」と激励を受けたというが、香取自身もこの人気は想定外。「あのー、SMAPって台湾で人気あるんですか?もしライブやりますって言ったら、人集まりますかね?」と逆取材する始末。

 「台湾ドームなら2万人入りますよ」と太鼓判を押されると「メンバーにもこの状況をしっかり伝えます。次は僕が先頭に立ってメンバーを連れてきます。台湾でコンサートがしたい」と宣言。夜は1000人の現地ファンとふれあい、最後は「世界に一つだけの花」の大合唱で幕を閉じた。
http://www.daily.co.jp/gossip/2006/03/25/209536.shtml
関連記事
スポンサーサイト
まるごと台湾メルマガ◆◇◆    (転載) | Home | 【呼びかけ】台湾に修学旅行を 大阪日台交流協会 (転載)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。