受賞者14人が李登輝氏と面会 日台交流・青少年スカラシップ &李登輝氏が訪日延期 健康問題理由に (転載)

日台交流
以下は「産経新聞社」より転載です(06.3.29)


受賞者14人が李登輝氏と面会 日台交流・青少年スカラシップ

sha112-1.jpg【台北=長谷川周人】日本と台湾の中高生と大学生の相互理解を深める「日台文化交流 青少年スカラシップ」(フジサンケイ ビジネスアイ、産経新聞社主催、行政院新聞局共催)の第3回の受賞者14人が28日、台北市内で李登輝前総統(83)と面会した。

 李氏は今月中旬、風邪の症状を訴えて入院し、24日に退院したばかりだったが、「日本の子どもたちの顔を見たかった」と約1時間半にわたり熱弁をふるった。

李氏は今月中旬、風邪の症状を訴えて入院し、24日に退院したばかりだったが、「日本の子どもたちの顔を見たかった」と約1時間半にわたり熱弁をふるった。

 李氏は「国を離れて国を知る。台湾に来て日本がいい国だと目覚めたのではないか」と切り出し、「戦後60年の間に忘れ去られた日本精神」の大切さを訴えた。また国家指導者の条件について、「信念と理想を持ち、困難があっても貫く心が重要だ。人はいずれ死ぬ。限りある間の中で、精神的なものをどう残すかを考えるべきだ」と語った。

 上智大の向原緑さんは「日本を愛する台湾の人々と出会い、日本人として誇りと自信を取り戻した」と話し、福岡県立太宰府高の鳥羽裕美子さんも「日本統治時代を乗り越え、なお日本に向く熱い思いに戸惑いすら感じた」と感慨深げだった。

(03/28 22:47)
http://www.sankei.co.jp/news/060328/sha112.htm




李登輝さんの来日が延期になったのは残念ですが、でも李登輝さんの体調が第一ですから、早く回復できるといいですね。
以下は「共同通信」より転載です

李登輝氏が訪日延期 健康問題理由に
【3月28日 共同通信】

 【台北28日共同】28日の中央通信によると、台湾の李登輝前総統(83)は、5月に希望していた日本訪問を健康上の理由から今年秋に延期することを決めた。李氏の関係者が明らかにした。
 李氏は今月19日から24日まで風邪などのため台北市内の病院に入院した際、過労に加え軽い肺炎の兆候があることが判明。医師から約3カ月間、安静にするよう求められたという。
 同通信によると、李氏は、学生のころから好きだった松尾芭蕉の「奥の細道」ゆかりの地を訪ねるのを目的に日光や松島など約2週間の訪日を計画。秋田県の国際教養大学と東京での講演も検討していた。
 日本政府は「その目的に応じ適切に判断したい」(安倍晋三官房長官)とし、李氏の来日目的を踏まえて対応を検討する考えを示していた。
関連記事
スポンサーサイト
中国国籍より私は無国籍を選択します(続々編) (阿貴) | Home | まるごと台湾メルマガ◆◇◆    (転載)

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2006/04/03 (Mon) 04:12 | # | | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ