スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「台湾を国家として扱った」 鳥取県と台湾との交流 (転載)

最新日台NEWS

以下は「山陰中央新報」より転載です (06.5.26)


鳥取県に台湾との交流自粛を求めた中国駐大阪総領事館の羅田廣総領事は二十六日、山陰中央新報社の取材に応じ、鳥取県は自治体政府であり、日中共同声明などによる「一つの中国」の原則を守るべきだと主張。「地方自治体は日本政府の一部ではない」とする鳥取県との見解の違いがあらためて浮き彫りになった。

 鳥取県は、県の役割を民間交流の下支えとしているが、羅総領事は、今年一月の片山善博知事らの訪台の際、日本国旗と台湾の旗をバックに知事が台中県の県長と面談したことを挙げ、「台湾を国家として扱った」と指摘。台湾は中国の領土で、平和統一するまでは、政治的な問題が出ないよう、官と官の交流は自粛すべきだと強調した。

 また、鳥取県がホームページでこの写真や陳総統との握手の写真を載せたことなどが、今回の要請につながったとしたが、「鳥取県に対して特別注文したわけではない」と強調。他県にも出向き、一つの中国の原則を守るよう伝えたことを明らかにした。

 今後も交流を続けるとしている鳥取県に対し、「中国との交流をストップする可能性も十分にある」と指摘し、他県が交流した場合も同様とした。

 この見解に対し、片山知事は「中国も大事、台湾も大事」と、これまでの交流の方針に変わりがないことを強調した。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=652868005
以下はメルマガ「台湾の声」より転載です


件名:「台湾の声」【読者便り】鳥取県に声援を送ろう 

【読者便り】鳥取県に声援を送ろう             



     都内在住 武藤


台湾の声様


きょうの産経新聞の掲載してありましたが、
鳥取県が台湾と交流していることに対して、
中国の大阪総領事が鳥取県に抗議をしたとのこと。

それもわざわざ、鳥取県庁まで出向いて行ってである。
片山知事は、何処と交流しようと法律上の問題はない、と突っぱねました。
これこそが本当の政治家です。


東京都知事の石原さんには何もいえないくせに、
鳥取県は地方都市だから、恫喝すればやめるだとう、と思ったか
どうかは知らない。

しかし、地方自冶体にまで口を挟んでくるとは、もはや
日本国民としては堪忍袋の緒が切れる寸前である。


一体、中国のどこに恐れているのか不思議でならない。
刺激をしてはならない、とか言う人がいる、だけど一体どっちが
日本に対して刺激をしているのか?

反国家的活動をしたい政治家よ、日本国籍を捨てシナに行って日本の悪口を言ってくれ。

我々の税金を、そんな輩に使われたのではたまったものではない。

兎に角、シナ中京政府が日本の地方自冶体にまで口を挟んで
きたことを重く受け止めるべきです。

シナが内政干渉をすればするほど逆効果であることを
わからせるべきと考える。

他の地方自冶体も積極的に台湾と独自の交流をしよう。
そして推進運動を展開していこう。

日本のよき理解者、台湾との交流は国益にかなっています。


鳥取県インターネット放送局
http://www.pref.tottori.jp/streaming/interview.htm

鳥取県企画部広報課
住所 〒680-8570鳥取県鳥取市東町1丁目220
電話 0857-26-7755 ファクシミリ 0857-26-8122
E-mail kouhou@pref.tottori.jp 知事に直接メールなりファックスを送ろうと思いましたが
送り先がわかりませんでした。



フジテレビに対しても抗議を続けています。
絶対に風化させてはいけない、向こうが根をあげるまで
続ける、間違った事を報道して訂正しないのは報道倫理に反する。



 【産経新聞】中国 台湾との交流、鳥取県に抗議

2006.5.25


 台湾との交流を積極的に進める鳥取県に対し、中国の大阪総領事が「いかなる形の政府レベルの往来もすべきでない」と抗議していたことが二十四日までに分かった。片山善博知事は「内政干渉だ」と反発している。
 県によると、中国側から四月、「一つの中国」の原則堅持を求め交流自粛を要請する文書が届いた。五月十七日には羅田広大阪総領事が県庁を訪れ、知事に直接申し入れた。

 片山知事は「地方自治体は中央政府の一部ではなく、どこと交流しようと法律上の問題はない。外交問題は政府間で議論すべきだ」としている。

 

 中国大阪総領事館は「台湾は交流を政治利用している。地方自治体も日本の一部で、外交上は一つのはずだ」と主張。

 日本で台湾の窓口になっている亜東関係協会は「石原慎太郎東京都知事もよく訪台するが、中国は抗議しない。鳥取県への干渉はおかしい」としている。







『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)

関連記事
スポンサーサイト
台湾・高雄へ初の観光使節団 県、小松-台湾便定期化にらみ 雪、温泉売り込み誘客  (転載) | Home | 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 (転載)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。