スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾就是台湾 (読者のコメント)

読者 投稿
コメントをいただきましたのですが、メールで返事することができませんでしたので、
大変申し訳ございませんが、ブログでコメントのお礼と返事を公開させていただきます、
ご了承ください。ブログ管理人阿貴より
以下はいただいたコメントです、ありがとうございます、ご紹介させていただきます。


台湾就是台湾  2006/06/28(水)
本文
運転免許証の記載欄に本籍の項目が有ります。阿貴さんは中国とだけ記載されているのですか。
中華民国を略して中国と解釈出来ますし、中華人民共和国も略して中国と解釈できますね。中国の後に何か記載されておりませんか。
台湾は国の名称ではありません。悲しいけれど、それは認識しなければなりません。
一日も早く台湾国になる様に頑張りましょう。絶望だけはしないで下さい。お願いです。


以下は管理人阿貴よりコメントへの回答です。
運転免許証の記載欄に本籍の項目が有ります。阿貴さんは中国とだけ記載されているのですか。

答え:はいそうです。本籍(国籍)の欄に「中国」二文字だけなのです。

中華民国を略して中国と解釈出来ますし、中華人民共和国も略して中国と解釈できますね。中国の後に何か記載されておりませんか。

答え:「中国」は中華人民共和国の省略ですが、「中華民国」は決して「中国」の省略ではありません。そして本籍記載の所は、その「中国」の二文字の後にはなにも記載されておりません。中国人とまったく同じである。

台湾は国の名称ではありません。悲しいけれど、それは認識しなければなりません。
一日も早く台湾国になる様に頑張りましょう。絶望だけはしないで下さい。お願いです。

答え:はい、確かに「台湾」は国名ではありません、しかし中華人民共和国の領土でもありません。だから同じ国名「中国」では困るのです。また台湾はすでに「国」の制度でありながら、国際社会に認められていない、たが外国にいる台湾人の国籍を「中国」と記載するのは、残念ながら、日本だけなんです。かつて大東亜戦争で一緒に戦った台湾ですが、50年間同じ国だった台湾ですが、こんな台湾の在日台湾人の国籍を「中国」と記載するのは日本だけなのです、信じがたいですが、台湾を応援してくれるなら、もっと日本と台湾の歴史を理解してください、そしてきっとその時は、違う考えになるのではないでしょうか。それから「絶望」なんてありえませんので大丈夫です。いつか日本が勇気を出して、正正堂堂と中国と韓国に立ち向かい、昔の勇気ある日本人になると、在日台湾人の国籍を正す日が来ると信じています、期待しています。
失礼なところがありましたら、申し訳ございません、台湾人の私は、思ったことを隠さずに言いたいだけなのです、ご了承くださいませ、これからも台湾を応援してください、宜しくお願いいたします。励ましのメッセージはとても嬉しいです、ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
台湾からの訪日観光客を呼び込もうと弘前市初めての誘客宣伝活動を展開した | Home | 免許証取得、でもよろこびは半分以下 青森日台交流会 阿貴

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。