スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【案内】日本李登輝友の会宮城県支部設立総会

日本李登輝友の会関係活動
皆様一緒に宮城県支部の設立総会を参加しませんか、
一緒に参加したい方はどうぞ交流会事務局までご連絡ださい。
宜しくお願いいたします。
青森日台交流会事務局
携帯:090-6685-6687
mailto:a-nittai@hotmail.co.jp

以下は日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載です
3>> 8月1日(火)、本会宮城県支部が設立総会、田久保忠衛副会長が記念講演
   演題は「わが国の安全保障と台湾」

 来る8月1日(火)、本会13番目の支部として宮城県支部が設立され、その総会と、田久保忠衛副会長を講師に記念講演が行われます。
 本年に入ってから本会の支部設立が相次いでいて、2月の神奈川県を手始めに、3月には福島県、6月には愛知県と青森県、そしてこの8月1日の宮城県と続き、この7月23日に金美齢先生を講師に講演会を開く千葉県にも8月中に支部が設立される予定です。
 
本会支部につきましては、ホームページに連絡先等を掲載していますのでご参照ください。
 ちなみに、平成15年4月に支部第1号として新潟県に設立されて以来、昨年までに富山県、埼玉県、熊本県、北海道、山梨県、静岡県、福岡県の8道県に設立されています。

 では、宮城県支部の設立総会並びに懇親パーティーのご案内が現地から届きましたのでご紹介します。設立準備会の世話人代表はいくつかの会社を経営されている島津紀夫氏で、世話人は本会理事の相澤光哉氏をはじめ、宮城県内で活躍されている安藤哲夫、飯澤耕作、角安雄、柏佑整、金山富彦、今野隆吉、田村稔、増本和司の各氏です。
 なお、記念講演の田久保忠衛副会長のプロフィールは下記の通りです。(編集部)

■田久保忠衛(たくぼ ただえ)
昭和8年(1933年)、千葉県生まれ。早稲田大学卒業後、時事通信社に入社。ハンブルク特派員、那覇支局長、ワシントン支局長、外信部長、論説委員を経て、同59年(1984年)より杏林大学社会科学部教授。法学博士。平成8年(1996年)、第12回正論大賞受賞。主な著書に『カーター外交の本音』『日本の領土』『新しい日米同盟』など。外交評論家、杏林大学客員教授、日本李登輝友の会副会長、新しい歴史教科書をつくる会顧問。
--------------------------------------------------------------------------------
日本李登輝友の会宮城県支部の設立総会並びに懇親パーティーのご案内

盛夏の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、李登輝氏の日台運命共同体理念に賛同し、新しい日台関係を構築するため、日本李登輝友の会宮城県支部(略称:宮城李登輝友の会)を設立する運びとなりました。
 つきましては、この機会に県下の親台湾メンバーが集結し、更なる日台親善・交流を推進して参りたいと存じます。
 どなたでもお気軽に参加できますので、日台交流にご興味のある方、ご関心のある方は、是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。【当日受付可】

                    記
日  時  平成18年8月1日(火) 16:00~18:30

場  所  ブラザー軒
      仙台市青葉区一番町4-2-20 TEL:022-222-1171

内  容  《第1部》 設立総会 〔16:00~16:30〕
            挨拶、経過報告、会則の承認、役員の選出
            記念講演 〔16:30~17:30〕
            講師 日本李登輝友の会副会長 田久保忠衛先生
            演題 「わが国の安全保障と台湾」(予定)

      《第2部》 懇親パーティー 〔17:30~18:30〕

参 加 費  《第1部》設立総会・記念講演のみ参加の場合
           お一人 1,000円
      《第2部》懇親パーティーまで参加の場合
           お一人 5,000円

お問合せ  日本李登輝友の会宮城県支部設立準備会
      TEL:022-227-3326(担当:入野田)
      FAX:022-263-5678

http://www.ritouki.jp/―――――――――――――【平成18年(2006年)7月14日】

   ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           新しい日台交流にあなたの力を!!
<>――――――――――――――――――――――――――――――[Vol.332]
1>> 8月6日(日)、林建良さんの出版記念祝賀会を開催
2>> 第1回高雄市武徳祭り武道大会及び親善剣道大会の参加者募集【締切:7月20日】
3>> 8月1日(火)、本会宮城県支部が設立総会、田久保忠衛副会長が記念講演

■ マンゴーとパパイヤのご紹介《締切:7月31日》 ⇒ http://www.ritouki.jp/■ 第5回台湾李登輝学校研修団の参加者募集中! ⇒ http://www.ritouki.jp/■ 台湾旅行の新しい形を提案するオンライドットネット ⇒ http://www.onlai.net/―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 8月6日(日)、林建良さんの出版記念祝賀会を開催

 平素は日台の交流にご尽力いただきありがとうございます。
 このたび、昭和の終わりに日本に留学し、医師として地域医療に携わりながら、これまで月刊誌などに論考を発表されつつ台湾の独立建国運動に邁進されている林建良さんが、初めて日本語で書下した『日本よ、こんな中国とつきあえるか?』を上梓されました。
 つきましては、この挙を壮とし、皆様にお集まりいただき、下記のような次第にて出版記念祝賀会を開催することとなりました。
 ご多忙のこととは存じますが、ご出席のほどお願い申し上げます。
 なお、ご出席の方は、準備の都合上、8月3日(木)まで、FAXかメールにてお申し込みください。

 平成18年7月13日

                   林建良さんの新著出版を祝う会 発起人

                   伊藤 哲夫(日本政策研究センター所長)
                   丘  哲治(日本台湾医師連合会長)
                   小田村四郎(日本李登輝友の会会長)
                   郭孫 雪娥(在日台湾婦女会会長)
                   河元 康夫(在日台湾同郷会会長)
                   黄  文雄(評論家)
                   中里 憲文(怡友会会長)
                   永山 英樹(台湾研究フォーラム会長)
                   水島  総(日本文化チャンネル桜代表取締役)
                   宗像 隆幸(前「台湾青年」編集長)
                                     [50音順]
                  記

■日 時  平成18年8月6日(日) 午後6時30分~8時30分 [開場:6時]

■会 場  文京区民センター 3F 3A
      東京都文京区本郷4-15-14  TEL:03-3814-6731
      (文京シビックセンターの斜向い)
      【交通】都営地下鉄:三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
          東京メトロ:丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩3分
          JR総武中央線「水道橋駅」徒歩10分

■参加費  5,000円(新著贈呈)

■主催・お申し込み
 林建良さんの新著出版を祝う会
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号 日本李登輝友の会内
 TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
 E-mail:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp

■締 切  8月3日(木)
--------------------------------------------------------------------------------
林建良さん新著『日本よ、こんな中国とつきあえるか?』出版祝賀会 申込書

ご氏名:

TEL:
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 第1回高雄市武徳祭り武道大会及び親善剣道大会の参加者募集【締切:7月20日】
   大正13年建立の高雄市武徳殿(振武館)82周年を記念して開催

謹啓 夏祭りのにぎわうころ、益々ご繁栄のこととお喜び申し上げます。
 平素は、当会社団法人高雄市剣道文化促進会諸事業につき、格別のご協力を賜り深くお礼申し上げます。
 さて、第一回高雄市武徳祭りを開催します、高雄市武徳殿(落成した時に振武館という)は大正13(1924)年7月19日に落成しました、1999年に高雄市政府は文化財を指定されました、2004年から2005年までにかけて修復しました、本年でちょうどいっぱいな82年になりました、82歳の年をお迎えるために武道演武大会と剣道大会と文化伝承の武徳祭を行い
ます。
 つきまして、当会は武道と文化の伝承を図ると共に、演武と剣道大会を通じて武道同士の友誼を期し交流するために、大会を下記の通り催したいと存じますので、ご多忙の折誠に恐縮でございますが、何卒ご来賓の栄えに賜ります様ご案内申し上げます。
                                     謹白
--------------------------------------------------------------------------------
日本から参加の場合

 日本から大会に参加する場合は、試合参加並びに懇親会はすべて主催者のご招待となります。締め切りまで間がありませんが、奮ってご参加ください。

■日  程:8月18日(金)~22日(火) 4泊5日
      宿泊:高雄華園飯店(朝食付、空港送迎)
■参 加 費:105,000円

■申込締切:2006年7月20日(木)

■申込み先:TEL:029-273-5987(世津)
      メール: setsu622@ybb.ne.jp
--------------------------------------------------------------------------------
台湾 第1回武徳祭武道大会及び親善剣道大会

日  時:2006年8月19日(土)~20日(日)
会  場:台湾・高雄市文化財武徳殿
活動内容:8月17日~18日:和太鼓サマー・キャンプ
     8月19日:演武大会:流派、人数、演出時間などを申込書に登録してください。
     8月20日:剣道大会:

個  人  戦;年齢、段数を申込書に登録してください。
団体親善試合;当日出席者から赤と白に選出、分けて勝負する。

剣道大会参加グレード:
 小学生部:A-六、五年生・B-四、三年生・C-二、一年生
 中学生部
 高校生部

年齢:
青年部 ― 高等学校卒業者 ~ 29歲
中青年部 ― 30歳(1976年生まれ者) ~ 49歳(1957年生まれ者)
壮年部 ― 50歳(1946年生まれ者)以上
女子部

懇親会:8月19日pm18:30海王子レストラン

指導:中華民国文化建設委員会・高雄市政府文化局・高雄市政府教育局
主催:社団法人高雄市剣道文化促進会・高雄市文化財武徳殿運営管理委員会
共催:高雄市体育會劍道委員會
後援:台湾剣道連盟・国際社会人剣道台湾クラブ・台北市体育会剣道委員会
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/●ご意見・ご感想はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト
【報告】【写真編】青森県大間町天妃様祭   青森日台交流会  出町淑貴(阿貴) | Home | 美味しい台湾アップルマンゴーをありがとう 阿貴

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。