スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【台湾紀行】日本心・台湾情メルマガ「遥かなり台湾」より転載

日台交流
【台湾紀行】日本心・台湾情

メルマガ「遥かなり台湾」より転載
          

***********************************************************************
今月の台中市政府広報雑誌「閃亮台中」に下記のような台中市半日ツアー記が掲載されました。ブログ台湾見聞録の中に「台中今昔」というコーナーを設けて日本統治時代からの建築物などを紹介していますので、写真の方もあわせて是非ご覧になって下さい。

ブログ「台湾見聞録」(台中今昔コーナー)
 http://blogs.yahoo.co.jp/kisousan/folder/1452680.html
●台中市内半日ツアー:「温故知新の旅」に参加して       渡邉裕子

梅雨の合間にからっと晴れた5月13日、台日会主催の「台中市内に残された日本時代歴史遺産を訪ねる旅」に参加しました。
半日ツアーに先立ち、資料作りから参加させていただき、貴重な経験をする事が出来ました。資料の構成は、旧写真とその説明を予めプリントし、余白にはツアー時に撮影した現在の写真を各々が貼り、下のメモ書き欄にコメントを添えれば、自分だけの新旧を比べたオリジナルの一冊が出来るようにしました。

今回のコースは: 台中放送局 → 水道局 → 市長官邸跡 → 台中公園(神社跡地)→ 前原眼科 → 聯福パン屋 → 彰化銀行 → 市政府 → 市役所 → 大同国小 → すずらん橋 → 台中駅(表)→ 台中駅(裏駅)です。

いずれも、オートバイでよく通り過ぎる場所ですが、じっくり中に入って見学した事はありませんでした。今回はゆっくり歩いて旧写真となるべく同じ角度から建物を撮影する事に気を配りました。

先ずは、雙十路沿いの台中放送局、水道局、市長官邸跡からスタートしました。昭和10年(1935) にできた台中放送局の敷地内には防空壕跡や日本の石燈籠がきちんと保存されてあり、美しく再建された建物と庭とは対照的な雰囲気をかもし出していました。

大正5年(1916) に建てられた水道局内の貯水塔は、上部半分は殆ど当時のままの姿を残し、悠久の歴史の流れを感じざるを得ません。旧写真では緩やかな段となっている部分も今はスロープに変わってはいるものの、その全体像は昔のままでした。つい先月まで、芸術展示場兼レストランとして開放されていたの市長官邸跡は残念ながら閉館しており、建物内部の見学はできませんでした。(市長さん、是非この美しい建築物を再び一般公開してください!)

台中公園では、現地の人も殆ど気が付かない神社跡を見学しました。1912年の古い写真を見ると、台中神社の立派な鳥居と整然と並んだ石燈籠が写っています。現在ではその鳥居は地面に倒れた状態で保存され、もはやくぐる事はできません。中国風の獅子に替わってかわいい2匹の狛犬が今でも私達を出迎えてくれます。

さて、日本時代は最も賑やかだった駅前の繁華街へ場所を移し、日本の有名な眼科医宮原武熊氏が開業した眼科医院、中山緑橋(当時はすずらん橋と親しまれていました。)を見て、旧写真と同じ角度からカメラに収めました。宮原眼科跡は現在ボロボロになって荒れ果てた2階部分が泣いているようで、心が痛みました。どうか、赤レンガの美しい元の姿が戻りますようにと、再建修復を願って止みません。

日本時代に新盛橋と呼ばれた現在中山路に架かる橋は、当時の面影をその鉄による花紋様が施された欄干や街燈に見ることができます。日本時代の建築を代表するようなバロック式の建物が、市役所と市政府です。いずれも大正時代に建てられ、現在も立派な姿を留めています。市政府は今でも所謂市役所としての機能を果たし、一方旧市役所は、芸術展示場として一般公開され、日本時代から残された内装の壁や天井の一部が当時の状態のまま保存されています。

大同国小(旧明治小学校)に入ると、どっしりと大きな建築物である事が分かり、日本の学校と比べるとはるかに規模が大きく、真っ直ぐと両脇に立つ椰子の樹の中庭が印象的でした。最後に東京駅とそっくりで、且つ台湾でも残すところ2つとなった、当時の姿のままよく保存されている台中駅を見学して終了しました。

台湾に来て6年目ですが、台中市内にこんなにもたくさんの日本時代からの建築物が残されている事に驚いたと同時に、私の知らない時代から現在まで歴史の流れを感じる事が出来たようで何だか嬉しい気持にもなりました。台中市を訪れる際はぜひ、こうした古い建築物にスポットを当てて見て回ってみてはいかがでしょうか。きっと、過ぎ去った建物から新しい発見があると思います


【台湾の声編集部】大同国小は小誌編集長(林建良さん)の母校です。



『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


『日本之声』  http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe  (Big5漢文)
関連記事
スポンサーサイト
『日本よ、こんな中国とつきあえるか?』読後一言 阿貴 | Home | 児玉神社の例大祭で盛大に李登輝前総統の揮毫になる扁額の除幕式 (転載)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。