スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森護国神社&ブログ開設一周年

終戦記念日&ブログ開設日
青森護国神社&ブログ開設一周年

                      青森日台交流会 阿貴

平成18年8月15日(火)は終戦記念日ですが、本ブログ「青森日台交流会」の開設一周年の記念日でもあります。この日小泉首相は初めて公約を守って、国のために亡くなった英霊達の御霊を祭る為に靖国神社に参拝しました。私も靖国神社に行きたかったですが、なかなかいけませんので、青森県弘前市にある青森県護国神社に参拝に行きました。ここは県内出身者の英霊を祀るところです。

小泉首相が終戦記念日に靖国神社を参拝することで、いつもの嫌がらせはやはりありましたね。それは中国と韓国の抗議です。あっ、あとは自称「台湾原住民」の高金素梅も、あきれますね。もういい加減にしてほしいです。そういう演技はもうやめてくれ、実に見苦しいよ。分からないのは本人達だけ?

小泉首相の参拝は大いに評価していただきたいです。これこそ日本の持つべき正しい態度。不動の首相の信念は日本国の運命に影響していきます。よくやったぞ!と思わず両手を挙げて「日本万歳」と叫びたい気持ちですね。

本ブログの開設日が偶然終戦記念日と同じ日になったことについて、ささやかに「運命」と「使命」を感じています。一見台湾人の私と靖国神社とは何の関わりもないように見えます。しかし勝手ですが、私は関わっていると思っています。別に親族の誰かが靖国神社で祀られているという訳でもなく、ただかつて台湾は日本の友で、同じ国として戦ったこと、台湾出身の英霊約2万8千柱が祀られていることで、靖国神社の日本精神に、とても同感で応援したくなった。だが悲しいのは、日本人なのに、他国と一緒に自分の国を非難して、「日本」という国の名を汚すようなことをする人がいること。信じがたいですね。8月12日には韓国の議員達が、13日には高金素梅達がそれぞれ反靖国パフォーマンスを行いましたが、靖国神社の尊厳を汚させないように、彼らに抗議を行った日本人達に一礼したい。貴方たちは勇気ある日本人です。貴方たちは日本人の鏡です。

さて私は終戦記念日、仕事が終わったあとに、午後の2時頃かな、護国神社に参拝したのですが。非常に寂しい感じを受けました。なぜかと言いますと、それは、参拝客があまりにも少なかったからだ。多くはいないだろうと想像していたけれど、でも2,3人しかいなかったため、私はかなりショックでした。悲しいね、みんなに忘れ去られるなんて。英霊達はきっと悔しいだろうな。国のために勇敢に戦って命を捧げたのに、正しい歴史が戦後世代に伝わっていないのでしょう。

皆様、靖国神社に参拝しよう。地元の護国神社に参拝しよう。きっと英霊達はそれを望んでいると思う。日本の素晴しいところを取り戻そう。

これからもブログ「青森日台交流会」は、皆様のご協力を得ながら頑張っていきたいと思っていますので、どうぞこれからも宜しくお願いいたします。


関連記事
スポンサーサイト
台湾から誘客拡大を 観光プロモ団が出発&青研がリンゴジュースを台湾へ輸出/弘前 (転載) | Home | 【写真編】青森県護国神社       

コメント

いつも感謝

いつも我が国の英霊に対し関心をお持ちいただき、心から感謝しています。

2006/08/24 (Thu) 02:16 | あ #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。