スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」青森日台交流会の料理教室を朝日新聞が詳しく報道 (転載)

日本李登輝友の会
    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<>――――――――――――――――――――――――――――――[Vol.378]
1>> 11月13日(月)、許世楷大使を講師に中津川ひろさと政経セミナー【本会後援】
2>> 11月26日(日)、彭明敏氏を講師に大阪日台交流協会が講演会【本会後援】
3>> 青森日台交流会の料理教室を朝日新聞が詳しく報道
4>> 10月29日(日)、日本榕社が第5回台湾文化研究発表会(要申込・参加無料)
――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 青森日台交流会の料理教室を朝日新聞が詳しく報道

 本誌でも何回かご案内しましたが、10月1日に開かれた青森日台交流会主催の台湾屋台料理教室を朝日新聞が取材し、昨日の朝刊の「マイタウン青森」に掲載しています。

 記者氏は、主宰した出町淑貴さん(本会青森県支部事務局次長を兼任)や参加者に取材し、出町さんの日ごろからの日台関係への取り組み姿勢などを丁寧に紹介しています。「台湾もっと知って」という見出しにも表れていますが、朝日にしては珍しい記事と言っていいでしょう。

 それも、「青森日台交流会設立の出町淑貴さん」と4段抜き見出しを使い、写真もカラーの上、「料理教室で、台湾のちまきの作り方を説明する出町さん(写真中央)。台湾の習慣や歴史の話も織り交ぜる=青森市浪岡の浪岡中央公民館で」と「台湾のちまき」としっかり書き込んで詳しく説明しています。

 その下に、世界レスリングで金メダルを獲得した八戸市出身の4選手が八戸市長を訪問したという記事があるのですが、この金メダル記事よりはるかに大きな扱いです。

 これには阿貴(アークエイ)こと出町淑貴さんも驚いていましたが、共に青森日台交流会を運営してきた中西功氏(青森李登輝友の会事務局長)が8月下旬から2年間の予定で台湾に語学留学し、いささか寂しい思いをしていた出町さんを大いに励ましたようです。
なお、記者氏は作りたてのおいしい粽(ちまき)を食べ、これまた美味な「タピオカミルクティー」を飲んで帰ったそうです。やはり、おいしい料理は人の心を豊かにするようです。

 なお、インターネット版の記事では見出しが〈「本当の台湾知って」 青森日台交流会〉となっていますが、ここでは活字版をご紹介します。

 また、記事の最後に出てくるブログ「青森日台交流会」でも、この朝日新聞の記事を写真付きで掲載しています。      (編集部)

■ブログ青森日台交流会 http://shukuei.blog19.fc2.com/

■出町淑貴さんは、10月29日(日)に開かれる日本榕社主催の「第5回台湾文化研究発表会」に登壇し、「台湾人の悲哀と心声」と題して発表いたします。その案内を次に掲載していますので、ふるってご参加ください。
4>> 10月29日(日)、日本榕社が第5回台湾文化研究発表会(要申込・参加無料)張武彦、黄雅倫、平田寛、世津素子、郭安三、出町淑貴、楊憲勲の各氏が発表

【日本榕社】第5回台湾文化研究発表会

参加無料。但し、申し込みをお願いいたします!!
台湾文化に興味を持つ方(台湾人、日本人、外国人可)のご来場を歓迎いたします。

●使用言語:母語尊重 今回はHo-Lo語、客家語、日本語等

■日 時:10月29日(日) 午前10:00-午後4:30(10:00受付、10:30開会)

■会 場:拓殖大学文京校区308講堂
     東京都文京区小日向3-4-14
     地下鉄丸の内線 茗荷谷駅 より徒歩3分(標識あり)

■申込先:小島武彦(Tel&Fax:0287-72-6175)
     吉永超然(Fax:0277-96-2600)

■発表者

午前の部(10:30-12:30)

1.台湾人の原点
  「原住民族音楽」鑑賞

2.張 武彦
  心痛無人知(我が心の痛みは誰が知る?)-台湾医師・歯科医師赴日本無医村e政治
  、社会背景(Ho-Lo語:日本語字幕)

3.黄 雅倫
  台湾媽祖廟的建築與装飾芸術(Ho-Lo語:日本語字幕)

午後の部(13:30-16:30)

4.平田 寛
  日・台文化の交錯(日本語)

5.世津 素子
  玉井[木羨]仔(芒果)香(Ho-Lo語:日本語字幕)

6.郭 安三
  東海岸高砂(臺原)文化の早期来日諸証跡と「竹島=独島」2称謂の南島語(Austronesia)
  的意味(Ho-Lo語:日本語字幕)

7.出町 淑貴
  台湾人の悲哀と心声(客家語:日本語字幕)

8.楊 憲勲
  找尋平埔台湾人的迦南地-台湾人復国運動初探(Ho-Lo語:日本語字幕)
--------------------------------------------------------------------------------
第5回台湾文化研究発表会

氏 名:
人 数:
連絡先:Tel
Fax
E-mail
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1>> 11月13日(月)、許世楷大使を講師に中津川ひろさと政経セミナー【本会後援】
   テーマは「台日関係の近況」

 江戸川区から日本を変えていくため、各界から毎回著名な講師を我が江戸川区にお招きし、定期的に「前衆議院議員中津川ひろさと政経セミナー」を開催しています

 さて第二回勉強会には、日本とは地勢学上、歴史的、文化的そして安全保障上最も重要なパートナーである台湾について、駐日台湾大使にあたる台北駐日経済文化代表処代表許世楷氏を講師にお招きし、学んでいきたいと思います。尚、中津川ひろさとも国会で「日本台湾安保経済研究会」会長として先頭に立ち「主権国家台湾」を主張し、「台湾旅行者
のノービザ実現」等様々な施策を実現してまいりました。

「台湾問題」は、中津川ひろさとのライフワークです。

 また、勉強会終了後お食事をご用意しております。ぜひお誘い合わせの上ご来会下さい。

                      記

■講 師  許世楷氏(台北駐日経済文化代表処代表)
      (コー セカイ) 1934年(昭和9年)台湾・彰化市生まれ。台湾大学法学部
      政治学科卒。早稲田大学政治学修士。東京大学法学博士。津田塾大学名誉教授。前台湾独立建国聯盟主席。2004年(平成16年)7月、台北駐日経済文化代表処代表に就任。憲法学者として日本でも広く知られ、著書『台湾新憲法論』は台湾での憲法論議の主流となっている。

■日 時  11月13日(月) 午後6時開場 6時30分開会

■懇親会  午後7時15分開会

■場 所  ニューオークラ
      東京都江戸川区西小岩3-34-17 電話03-3672-4122
      【交通】JR総武線小岩駅 北口 徒歩8分
      http://www.new-ookura.co.jp/map/map.html
■会 費  10,000円(資料・食事代含む)(学生:3,000円)

■後 援  日本李登輝友の会・在日台湾同郷会・アジア安保フォーラム・日本媽祖会・在日台湾婦女会・日本台湾安保経済研究会

■問合せ  事務局:前衆議院議員中津川ひろさと事務所
      〒133-0073 東京都江戸川区鹿骨2-18-2
      電話:03-3678-1660 FAX:03-3678-0266
   mailto:nakatsu@tokyo.interq.or.jp    【担当秘書:江副(えぞえ)亮一】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 11月26日(日)、彭明敏氏を講師に大阪日台交流協会が講演会【本会後援】
   テーマは「台湾の国連加盟と日本-隣国のことは他人事ではない」

拝啓 初秋の砌、各位には益々ご清祥の事と御慶び申し上げます。平素は小会の活動にご理解を賜り厚く御礼申し上げます。
 つきましては、5周年記念講演会を開催する運びとなりました。ここにご案内を申し上げます。多数お誘い合わせの上、ご来場をお待ち申し上げます。
 尚、当日は混雑で入場制限も予想されますので事前申し込みを御願い申し上げます。秋冷の砌、自愛専一願い上げます。                    敬具

                           大阪日台交流協会 野口 一

                  記

■講 師  彭明敏先生(前台湾総統府資政)
      1923年(大正12年)、台湾・大甲に生まれる。旧制三高を経て東京帝国大学法学部に入学。台湾大学法学部卒。法学博士(パリ大学)。1957年(昭和32年)より台湾大学法学部教授(国際法)、同学部長を歴任。1964年(同39年)、蒋介石政権時代の白色テロ最盛期に「台湾自救宣言」を起草作成したため、投獄される。1970年(同45年)、台湾を脱出して米国に亡命。1992年(平成4年)、台湾に帰国。1996年、台湾史上初の総統直接選挙に野党民進党候補として出馬。主な著書に『自由台湾への道』他多数。

■テーマ  「台湾の国連加盟と日本-隣国のことは他人事ではない」

■日 時  平成18年11月26日(日) 午後3時開演~

■場 所  堺商工会議所 2階 大会議室
      〒591-8501 堺市北区長曽根町130番地23 TEL 072-258-5581
      http://www.sakaicci.or.jp/      【交通】地下鉄御堂筋線 なかもず駅 2番出口 徒歩5分
          南海高野線 中百舌鳥駅 北出口 徒歩5分

■会 費  一般:1,000円(講演会のみ)*懇親会は別途6,000円
      会員:無料(講演会のみ)*懇親会は別途5,000円
      ※衆議院議員 西村眞悟先生を囲んでの親睦会

■締 切  11月10日

■主 催  大阪日台交流協会

■後 援  台北駐大阪経済文化辧事處、日本会議大阪、日本李登輝友の会

■お問い合せ・お申し込み
 大阪日台交流協会
 〒587-0012 大阪府堺市美原区多治井289-8 野口金属産業株式会社内
 mailto:n-mic@dream.ocn.ne.jp*メール・ホームページからの申込もできます。
--------------------------------------------------------------------------------
参加申込書

氏名
住所 〒
TEL
FAX
E-mail

*どちらかにチェックをつけてください。
□会員 □非会員   □講演会のみ □講演会+懇親会
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/●ご意見・ご感想はこちらに
 mailto:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
       TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
●編集発行人:柚原正敬
関連記事
スポンサーサイト
含蓄ある許世楷大使の「双十国慶節」スピーチ | Home | 朝日新聞(10月6日朝刊・青森版)からの転載 「台湾もっと知って」 青森日台交流会

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。