スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾料理教室のレシピ

台湾料理教室レシピ
以下は料理教室で使ったレシピです。
皆様一度やってみてはいかかでしょうか!


焼きビーフン(炒米粉)(ビーフンは台湾新竹の名産品)
材料(4人前):ビーフン  1袋
        キャベツ  4分の1
        人参    2分の1
        豚肉    300g
      干し椎茸  1袋(約100g)
     干しえび  1袋(約40g)

調味料:塩(小さじ2)、胡椒(適量)、醤油(20~30cc)、サラダ油(大さじ3~4)
前準備:ビーフンをぬるま湯につけて、柔らかくなるまで。(つけすぎは禁物)
    干し椎茸はお湯につけて戻す。(戻し汁は捨てずに使います)
    豚肉(切ったら塩胡椒を振って置く)人参、キャベツは食べやすい大きさに切ります。
作り方:熱くしたフライパンにサラダ油を入れます、豚肉を入れて炒めます(強火)、少し色が付いたら、残りの野菜も入れて炒めます、軽く炒めたら、ビーフンと干し椎茸の戻し汁も入れて蓋をして、少し蒸し焼きにします、2分~3分くらいで蓋を開け、塩、胡椒で味付けをします。(炒める時にビーフンを切らないように気をつける)
全体的になじませたら、最後は弱火にして醤油で味を調えて、出来上がりです。

2006_07170043.jpg


緑豆のデザート(緑豆湯)台湾の夏の定番おやつです
材料(4人前):緑豆100g
       砂糖(お好みで)
       水(約800cc)

作り方:緑豆を軽く水で洗います。なべに水と豆を入れて(中火よりやや弱い)豆が柔らかくなるまでゆっくり煮ます。豆が柔らかくなったら、お好みの甘さで砂糖を入れます。
緑豆のデザートは、台湾ではよく食べます。夏は緑豆湯を冷やして食べます。冬は紅豆(小豆)をお雑煮のようにして食べます。
 2006_07170049.jpg



~本日のメニュー~
      タピオカミルクティー (珍珠女乃茶)
          
材料(4人分):タピオカ 120g
ミルクティー 1600cc
       オリゴ糖 適量
       グラニュー糖 適量

作り方:(1)たっぷりのお湯でタピオカをゆでる。(45分~60分)
(2)鍋底にくっ付かないないように、時々かき混ぜる。
     しばらくは中火で、沸騰したら弱火でゆでる。タピオカが全部沈んでもだめ、全体が大きくなって浮かんでいるのもだめ。
こまめに火を調整します。
(3)ゆでたタピオカの芯をみます、芯が残ってなければいいです。
(4)タピオカを水でぬめりを洗い流す、水分を切った後に、オリゴ糖を入れて混ぜます。(タピオカがくっ付かないようにするため)
(5)お好みの甘さのミルクティーを作る。

召し上がり方法:タピオカを容器に入れて、お好みの甘さのミルクティーを入れて、出来上がりです。

アドバイス:ミルクティーが苦手の方は、コーヒーやココアもおすすめです。
当日作ったタピオカは当日に食べましょう。翌日になれば、食感がなくなります。
12.gif



お茶たまご  (茶葉たまご)
作り方:(1)たまごをゆでる。そしてゆでた卵を水で軽く洗い、ひびを入れる。
(2)鍋にたまご、適量の水、正油100cc、塩大匙1、茶葉袋、八角袋を入れます。(味は塩辛)
(3)弱火で最低一時間以上煮る。(水分が減ったら、まだ加える)
八角袋は繰り返して3回まで使います。代用の茶葉は何でもいいです

20061106182114.jpg
この写真の手前左側にあるのたまごは「お茶たまご」です。
右は料理教室の参加者です。
この時はちょうど試食パーティの真っ最中です。

関連記事
スポンサーサイト
台湾人の悲哀と心声& (power point) | Home | 【案内】第4回日台文化交流 青少年スカラシップ作品募集(〆切:2007.1.15)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。