スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾人の悲哀と心声& (power point)

台湾文化研究発表会
以下は先日掲載した第五回台湾文化研究発表会で発表した原稿ですが
当日イメージとして使ったpower pointの写真も一緒に掲載いたします。

      管理人 阿貴


テーマ台湾人の悲哀と心声

20061106223549.png
在日台湾同郷会の旗です。

20061106223515.jpg
台湾独立建国連盟の旗。


(1)日本で知った台湾教育の真実
 1996年、台湾で日本人と台湾人が合同で経営している会社に入社し、2ヶ月ほど青森県に研修するために、初めて日本に来ました。初めての出国、初めての日本、何もかも新鮮でした。日本にはとても興味があったので、研修生活はとても充実していました。けれどもあることに気付きました。台湾で認識していた「日本」と、日本で認識した「日本」とは全く違う。なぜなら学校で教わった「日本人」の印象はあまりいいものではありませんでした。いわゆる「反日教育」です。日本は南京大虐殺に象徴されるような侵略国だと思ったのです。97年11月、日本人と結婚し、青森市で暮し始めました。本当の日本を知ったのは、それからでした。そして台湾の教育がいかにおかしなものであるかに気がつき始めました。南京大虐殺は中国人が着せた濡れ衣でした。私は自分が中国人であると教えられましたが、それ自体も誤りでした。
1996年初めて青森に来ました。
20061106224932.jpg
青森のシンボル、アスパム。

雪国「青森」。
20061106222447.jpg
青森の積雪。冬季の歩道はこんなに積るんです。


美しい日本の心、本当の日本。
20061106234434.jpg
日本の精神を表している富士山と桜。
↑この写真は「主権回復を目指す会」のHPより引用です。

29730011.jpg
靖国神社の参道です。



反日教育で信じていた大きなウソ。
20061106230155.jpg
これは中国南京にある「南京大虐殺記念館」の入り口です。
ここに30万という数字は大きなウソです。

南京大虐殺は中国が着せた濡れ衣でした。
20061106230438.jpg
中国の新聞記事ですが、内容はウソだらけです。


(2)台湾人としての心境の変化
 私は日本に来る前、日本語を少し話せたため、日本での生活は大丈夫だと思っていました。けれどそれは大間違いで、片言の日本語では全く役に立たない事が分かりました。「津軽弁」にも苦しみました。また雪国の生活にも、慣れるまで約5年もかかりました。友達もなく、実家も遠く、とても苦労しました。そして「いままで台湾で生きた20年は、無駄ではなかったのか」とまで考えるようになりました。なぜならそこでは台湾の文化、言葉は全く通用しないのですから。

私の人生に変化があったのは平成17年2月のことです。在留期間の更新した為、外国人登録証明書を持って役場に行きました。そして来日してから8年間、ずっと疑問に思ってきた問題を提起しました。それは登録証明書の国籍欄で私の国籍が「中国」となっていることです。「私は台湾人です、中国人ではありません」と役場の方に言ったのです。しかしそこでは解決できませんでした。私は結局怒りを抑えきれないまま家に戻りました。そこで繋がったばっかりのインターネットを使い、この問題について調べたところ、すでに平成13年から東京で、正名運動をやっている団体があることを知りました。この時から私はこの問題の解決に取り組みたいと思うようになりました。そして私自身が台湾人という意識もとても強くなりました。


20061106231755.jpg
全国生産量一位、青森の名産品「りんご」です。

平成13年在日台湾同郷会が発起した「正名運動」。
20061106232041.jpg
平成13年(2001年)新宿での「台湾正名」運動デモの写真です。

正名運動を知り、この問題に取り組みたいと強く思いました。
20061106232205.jpg
この日は約400人の日本人と在日台湾人が参加しました。


(3)「国語」強制で奪われた客家語
 私は客家人ですが、完璧な客家語で話すことは出来ません。私の知る限り、私の家では代々客家人同士で結ばれています。ところが父親の世代までは。家庭では客家語を使っていたのですが、私達の代になると、完璧な客家語を使えなくなるのです。これは不思議な現象ですね。私は小学校6年生まで、三代同堂で暮らしていました。それなのになぜ私達の世代になって、自分達の言葉を失いつつあるのでしょう。それは「国語」のせいです。国語とは北京語の事です。

中国人の国民党政府は戦後勝手に台湾を不法占拠し、日本文化と台湾文化を抹殺するため、「228事件」や「漢化」など、台湾人に良いことはひとつもしませんでした。そして言葉の面でもまた、中国の北京語を台湾の「国語」と定め、学校や公の場で、それの使用を台湾人に強制したのです。ホーロー語も原住民語も、そして特に日本語も同じことで、「国語」以外の言葉は、すべで禁止されていたのです。私の家の中では、日本教育を受けた祖母は日本語と客家語話しますが、でも北京語は片言しか出来ません。私の両親は客家語と北京語で話します。日本語はうまく出来ないけれど、ある程度は出来ます。そして私の世代になると、主に北京語を話します。客家語はある程度分かるけれど、言葉では上手に表現できません。これは悲しいことですね。家族みんなが客家人なのに、客家語を話せない若い人は増えているようです。ホーロー語や原住民語も同じ状況にあるようです。


20061106232839.jpg
故郷「内湾」の写真です。

20061106232939.jpg
ここの住民はほとんど客家人です。


228事件は多くの台湾人を惨殺した事件である。
20061106235035.jpg
蒋介石が228事件の元凶と訴える台湾人のデモです。

蒋介石は戦後台湾を不法占拠し、台湾文化を抹殺した罪人である。
20061107000238.jpg
台北市にある「中正記念堂」です。
台湾の修学旅行は必ずここに行きますが、私はこれから台湾に行く予定ある方に、おすすめしませんね。



20061107001347.jpg
阮美姝様はこの漫画の原作者です、228事件で父親を殺されたことを訴えている。

20061107001719.jpg
桃園にある228事件記念碑です。



「国語」強制で奪われた客家語。
20061107001922.jpg
台湾はもともと原住民の島でした。多くの台湾人は原住民の子孫です。


(4)いつ台湾人意識が芽生えたのか
 私が小学生の時には、まだ学校では客家語を話してはいけないような状態でした。私は言葉の問題に困惑して頭が混乱しました。「なぜそのようになるのか」と大人に聞いても、誰も教えてくれませんでした。そのせいで私はずっと自分の祖先は中国からやってきた人間だと思ってしまった。私はそれが嫌でした。陳水扁さんが初めての総統選挙の時に、「私達は台湾生まれ、台湾育ちの台湾人だ」と言ったことに感動し、その時から私は、台湾人意識が強くなりました。そしてその後で私が知ったことは、台湾人は漢民族ではなかったということです。台湾人のDNAは台湾原住民と同じなのです。これは多くの台湾人が知らされていない隠された事実です。

陳水扁総統の「私達は台湾生まれ、台湾育ちの台湾人だ」という言葉に感動した。20061107002133.jpg
(左)は台湾建国の父・李登輝先生(台湾前総統)です。
(右)は2000年陳水扁総統の就任式典の写真です。

20061107002418.jpg
2003年台湾正名運動の写真です。

20061107002639.jpg
2004年「守護台湾」デモの写真です。


(5)団結するべき台湾人
 昔から「客家人はなるべく客家人と一緒になるように」といわれ、私も両親からそう教わりました。父の弟がホーロー人と結婚する時には、家族から反対されました。私の姉もホーロー人と結婚しました。反対はされなかったけれど、大々的に歓迎されることもありませんでした。やはり客家人はホーロー人とお互いに対抗意識がまだあるようですね。だから一部の客家人はホーロー人の人に政権を握らせたくないから、外省人の中国人に票を入れるのでしょうか。でもそれは決して正しい選択ではありません。昔はホーロー人や客家人、あるいは原住民との間で争いはあったけれど、みな同じDNAの台湾人ですから、つまり同じ台湾民族ですから、台湾国建国の為に、みんなが団結して、中華民国体制を打倒するという道しかありません。国民党政府は所詮中国人政府なので、台湾は台湾人の国であるということを真剣に考える訳などありません。今では一部の外省人も「自分は中国人じゃない、台湾人だ」と言い始めているのに、なぜ台湾生まれ台湾育ちの台湾人の中で、中国統一を掲げる国民党を支持する人が大勢いるのか、私には理解できません。「それでも本当に台湾人ですか」と疑います。私は「台湾人よ立ち上がれ」と言いたいです。

20061107002902.gif
図の中に、「中正記念空港」と記載していますが、皆様もご存知の通り、つい最近正名されて、「桃園国際空港」になりました。



台湾建国の為に、団結すべき台湾人。
20061107005633.jpg
台湾を守る為に、呼びかけるポスターです。

20061107233400.gif
↑は日本人台湾独立促進会のHPより引用です。

私は「台湾人よ立ち上がれ」と言いたいです。
20061107003606.gif
守護台湾のポスターです。(スローガンでもあります)


(6)台湾文化を大切にしたい
 自分達の文化を大切にしなければ、そのようなものはすぐに失われます。だから私は客家文化を大切にしたのです。子供達にも客家語を教えています。将来子供達が客家語で両親と会話出来る日が来るのを楽しみにしています。そのほか、青森で台湾客家料理教室を始めることにしました。ホーロー人も原住民も客家人もみんなそれぞれの文化を守るべきでしょう。そしてその上で、お互いの文化を尊重し合いながら団結し、台湾人の台湾を建設していかなくてはならないと思います。台湾の文化を圧殺して来た中華民国体制はもうごめんです。

20061107234322.jpg
青森で台湾料理教室。

2006_05080001.jpg
平成18年4月23日青森日台交流会・設立記念講演会の様子です。

2006_05080009.jpg
講師は本会の顧問でもある三沢在住の楢崎政志氏です。

2006_07170103.jpg
平成18年7月17日海の日に青森県大間町で行われた日本唯一日台文化融合の媽祖祭です。

2006_07170086.jpg
青森李登輝友の会、青森日台交流会も参加させていただきました。

20061107191053.jpg
平成18年6月11日青森李登輝友の会・設立記念講演会。
講師は日本李登輝友の会・常務理事の林建良先生です。


(7)建国運動に参加する決意
 私は今微力ながら、青森で同志とともに誇りを持って「日台交流」「正名運動」を推進しています。青森での生活は最初の頃は苦しかったし、逃げだしたかったけども。でも私がここにいるのは、もしかしたら神様から使命を与えられたからかもしれません。今では日本に来られて、本当に良かったと思っています。これからは「台湾建国」「日台交流」「日台共栄」のために捧げたいのです。

「台湾建国」「日台交流」「日台共栄」の為に捧げたい。logo.gif
日本李登輝友の会の旗です。

20061107191654.png
在日台湾同郷会の旗です。

image21.jpg
台湾研究フォーラムの旗です。


多謝各位
29730010.jpg
平成17年12月3日、初めて靖国神社に行った時の記念写真です。

20061107211942.jpg
青森李登輝友の会・設立会の時に、決議文を朗読しているところです。

20061107212133.jpg
ブログ「青森日台交流会」を開設いた時に、プロフィルの写真として
使っていました。いわば管理人阿貴の分身ですね。
関連記事
スポンサーサイト
今年案内のポンカンは苗栗県卓蘭鎮産、糖度11度以上!【申込締切:12月5日】 (転載) | Home | 台湾料理教室のレシピ

コメント

初めまして

突然ですが、トラックバックさせて頂きました。
私も台灣を応援しています。
日台友好がんばって下さい。

2006/11/08 (Wed) 16:30 | 阿麗☆ #- | URL | 編集

台湾人が台湾人としてのアイデンティティに目覚める過程が素晴らしくよく理解できます。
これからも日台のためにご奮闘を祈念しています。

小生は64歳ですが、離婚以後独身を続けてきましたが、
来年には再婚することになりそうです。
相手のお方は台湾人です。
ますます台湾と切っても切れない関係になりそうです。(笑)

2006/11/08 (Wed) 14:56 | 老兵 #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/11/08 (Wed) 13:52 | # | | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。