今年案内のポンカンは苗栗県卓蘭鎮産、糖度11度以上!【申込締切:12月5日】 (転載)

日本李登輝友の会
今年の冬に台湾のポンカンはいかがでしょうか?
台湾ではほぼ毎日食後にフルーツを食べています。
健康の為というより、あっち、こっちフルーツ売っているから、
ついついたべちゃうんですね。

また「日台共栄」に関心を持っている方は、
ぜひメルマガを購読してください。
宜しくお願いいたします。

    管理人 阿貴
以下はメルマガ「日台共栄」より転載です


■本誌購読者を大募集!!
 このメールマガジン「日台共栄」は、日本の「生命線」である台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに、ほぼ毎日配信しているメルマガです。日台交流に関心のある方にお勧めください。(購読料:無料)
■本誌のお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 今年案内のポンカンは苗栗県卓蘭鎮産、糖度11度以上!【申込締切:12月5日】
   サイズを選択でき、特製化粧箱に入れ、熨斗・配達日指定で送付。【前金制】

 台湾の「冬のフルーツ」といえばポンカンですが、日本李登輝友の会では昨年好評につき今年もお取り扱いいたします。

 今回のポンカンは産地を台中に接している苗栗県の卓蘭鎮に特定、糖度11度以上で、大きさも揃った特選品です。ご自宅で召し上がるだけでなく、お歳暮などの贈答品にも最適です。お歳暮・お祝い・粗品・寸志など熨斗(のし)や配達日も指定できます。

 この特選ポンカンは、2Lサイズ(200g程度)24個入りと、3Lサイズ(250g程度)20個入りの2種類(いずれも5kg)で、特製の化粧箱に入れてお送りします。

 なお、全ての商品は台湾から直輸入し、池栄青果!)にて検品を行う都合上、12月5日(火)までの期間限定とさせていただきます。

 本会でご案内しているポンカンは、おいしい果物を通じて台湾のことを知ってもらいたい、台湾のことを思い出していただきたいという趣旨でご案内しております。そこで、おいしいポンカンが多い台湾の中でも極上のポンカンをお届けしたいと願い、産地を見極めて特定した上、輸入直後、すべてを検品いたします。

 しかし、果物ですから、中には粗悪なものも混在してしまうことも考えられます。その際には、ご遠慮なくお申し越し下さいますようお願いいたします。

 平成18年(2006年)11月
                                日本李登輝友の会

■本会ホームページでも案内し、お申し込み書もダウンロードできます。必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/--------------------------------------------------------------------------------
1.商品の種類と価格

 *2L×24個・5kg=4,500円(税・送料込み)
 *3L×20個・5kg=4,500円(税・送料込み)

2.お申し込みとお支払い(前金制)

 *お申し込み書に必要事項をご記入いただき、FAXでお申し込みください。
  ・お申し込み者の方やお届け先氏名には必ず振り仮名をお願いします。
  ・お歳暮・お祝い・粗品・寸志など熨斗(のし)の指定もできます。

 *同時に、下記の郵便貯金口座もしくは銀行口座までご入金ください
  ・振込手数料はご負担願います。

 *FAX送信先 03-5211-8810(日本李登輝友の会)

*お支払先【代金前払い制】

 ・郵便貯金口座
  記号番号 10180 95214171 日本李登輝友の会

 ・銀行口座
  みずほ銀行市ヶ谷支店 普通預金 8051020
  日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
  (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

3.お申し込みの締切と発送

 *12月5日(火)をもって締切といたします
  ・数量に限りありますので、完売時はご容赦ください。

 *ご入金が確認でき次第、14日以降25日頃までに随時発送いたします。

 *この間で配達指定日がございましたら、その旨をお書き添えください。

4.輸入・協力 池栄青果!) 台湾物産館

■お問い合せ
 日本李登輝友の会
 [担当:片木・吉田]
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL: 03-5211-8838 FAX: 03-5211-8810
 mailto: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
関連記事
スポンサーサイト
【報告】第五回台湾文化研究発表会に参加して (写真編) | Home | 台湾人の悲哀と心声& (power point)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ