スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米紙で台湾の名称変更主張 李前総統 海外ニュース - 10月20日(木)11時36分

最新日台NEWS
海外ニュース - 10月20日(木)11時36分


米紙で台湾の名称変更主張 李前総統、中国の反発必至

 【ワシントン19日共同】19日付の米紙ワシントン・ポストによると、訪米中の台湾の李登輝前総統は同紙とのインタビューで、現在の台湾の正式名称である「中華民国」を「台湾共和国」に改めるべきだと主張した。
 李氏は台湾で名称変更の「正名(名前を正す)」運動を推進しており、この発言自体は新たな主張ではない。しかし、訪米中の発言として米有力紙が取り上げたことで、李氏を「台湾独立派の代表」とみなす中国が反発を強めるのは必至だ。
 同紙によると、李氏は「台湾は既に独立国家」と強調。名称変更の理由について「現実に即して」と語った。
(共同通信) - 10月20日11時36分更新


関連記事
スポンサーサイト
新竹名産の「貢丸」 | Home | 本日のテーマ 「こ と ば 」 2003年3月8日 第31号

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/10/21 (Fri) 02:16 | # | | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。