スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンゴ輸出好調/台湾向け県産9割 東奥日報より転載

青森りんご
台湾人は食後フルーツを食べる習慣があります。
台湾には、台湾産、外国産さまざまのフルーツが売られています。
フルーツの中でもりんごは特に人気あります。
これまで台湾人一番食べてるりんごはアメリカ産のりんごでしたが、
日本青森産のりんごをたべたら、もう他のりんご食べられないかったらしいです。
それほど青森のりんごは美味しいのです。
青森のりんごはますます台湾で人気を集めている様子です。
よかったですね。

以下は「東奥日報」より転載です 2007年2月11日(日)

--------------------------------------------------------------------------------
 リンゴ輸出好調/台湾向け県産9割

二〇〇六年産の国産リンゴの輸出が好調だ。昨年九月から一月末までのトータルの推計値で約一万六千トンと、過去三十年で最多となった〇五年産実績(〇五年九月-〇六年八月、約一万八千九百トン)に迫る勢いとなっている。主力の台湾向けは一月末までで前年同期を上回るペースであるほか、市場開拓が始まったばかりの中国向けも〇五年産実績の倍以上となっており、堅調な国内相場を下支えしている。

東奥日報
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20070211092304.asp
推計値は、貿易統計に基づく昨年九月から十二月末までの輸出実績と、一月の輸出検査に基づく推計値を合算した。台湾向けリンゴの約九割は本県産で、他国向けも大半は本県産とされている。

 輸出金額は十二月末までの合計で、約三十二億一千八百万円と前年同期を1%上回る水準となっている。

 主力の台湾向け輸出は、一月末までに前年同期を6%上回る約一万五千四百トンとなった。背景について県総合販売戦略課は「今年の旧正月は二月十八日で、昨年が一月下旬だったのに比べて遅く、その分贈答用などの需要期間が長くなった。このままのペースでいけば〇五年産実績を上回る可能性もある。産地が台湾側の新しい検疫体制に慎重に対応してもらっていることも大きい」と話している。


関連記事
スポンサーサイト
中華民国体制 (西日本新聞より転載) | Home | 台湾:高校の歴史教科書「中国離れ」 孫文の「国父」も消え、野党反発 (毎日新聞より転載)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/03/10 (Sat) 18:01 | # | | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。