自由時報(2月26日)の報道  翻訳=台湾の声編集部  (転載)

台湾防衛運動
2月25日(日)東京での「 二二八大屠殺事件60周年 日台共闘!防衛台湾!」デモは大成功に終わった模様です。参加者の皆様、本当にお疲れ様でした。台湾人の私は参加出来なかったですが、大成功で終わったことに、皆様と喜びを共感しています。

ちなみに阿貴は李登輝研修団を参加するとともに、5年ぶりに台湾へ里帰りします。
3月1日~10日は事務局はお休みです。宜しくお願いいたします。
          阿貴


以下はメルマガ「台湾の声」より転載です。
台湾での台湾防衛デモの報道2月25日の台湾防衛デモは、台湾でもマスコミ各社が写真入で報道し、注目を集めました。
以下は自由時報の報道ですが、中央通信社もほぼ同内容の記事を配信し、中国時報や政府のウェッブサイト、ラジオタイワンインターナショナルなどで報じられました。それは日本人の台湾への友情も強調するものでした。

自由時報(2月26日)の報道  翻訳=台湾の声編集部

日本でデモ/「台湾は台湾人の国だ」と訴える

〔駐日特派員張茂森/東京二十五日報導〕日本の親台団体と在日台湾人は午後、東京と大阪でデモを行い、台湾派台湾人の国家だと強調するともに、台湾を併呑しようとしている中国に抗議し、日本政府に「台湾は日本の生命線であることを正視し、日台は連合して中国の脅威に対抗し、共同でアジア太平洋地域の平和と安全を守れと訴えた。

20.jpg

写真解説
「台湾派台湾人の国だ!」およそ二百名の日本人と在日台湾人が25日午後、東京新宿の繁華街のメイン通りでデモを行い、沿道の大勢の歩行者に「台湾は台湾であり、中国は中国。双方はお互い隷属していない」ということを改めて理解させた。(駐日特派員張茂森撮影)

東京地区でのデモでは、約200名のデモ隊が午後2時半に新宿大久保公園を出発し、職安通り、明治通り、甲州街道を歩いて新宿中央後編に到着して解散した。デモ隊は「台湾派台湾人の国だ!中国ではない!」「台湾独立を支持する」「日台軍事同盟を結べ」「日本は台湾を防衛せよ!」「中国の台湾侵略に反対する!」などとスローガンを叫び、大勢の通行人が見物するなど注目を集めた。新宿は東京の主要地区で、中国人が大勢集まっている地域でもあり、ここでデモが行われたことには特別な意味がある。
この活動は台湾の声、在日台湾同郷会、台湾独立建国聯盟日本本部などの在日台湾人団体と、台湾研究フォーラム、日台交流同友会、日本李登輝友の会、日本正論の会など日本の親台派の市民団体が共同で行った。
台湾研究フォーラムの永山英樹会長はデモ隊が出発する前、「台湾は日本の生命線だ。日本政府はこの事実を正視し、日台関係を強化し、台湾と提携して中国の脅威に対抗しなければならない」と話した。東京都議会議員の古賀俊昭、吉田康一郎、土屋敬之氏や多くの市議会議員もスピーチし、この活動に支持を表明した。
台湾の声の林建良編集長は「今年六十周年を迎える、数万人の台湾のエリートを殺害した二二八事件は、台湾人に初めて残虐な中国人の民族性を経験させた。国際社会に二二八大虐殺の悲惨さを知らせ、中国の残酷さを理解させなくてはならない。
今日の午後は大阪でも、在日台湾同郷会関西支部、台湾の声、大阪日台交流協会、台湾問題座談会、新風の会、台湾研究フォーラムなどの共同主催によるデモが同時刻に行われ、同様の訴えが行われた。

■自由時報報道
http://www.libertytimes.com.tw/2007/new/feb/26/today-p4.htm
■中央通信社報道
http://news.sina.com.tw/finance/cna/tw/2007-02-25/172012365995.shtml
****************************************************************

台湾2・28革命60周年記念大講演会
☆米国と中国の台湾政策を問う☆

■日 時:2007年2月28日(水)午後6時30分~(午後6時開場)
■場 所:文京区民センター 3A
■会 費:1,000円

【報 告】「台湾の情勢はどうなっているのか」
【講 演】田久保忠衛 「米国と台湾-その台湾政策」
     平松 茂雄 「中国と台湾-その台湾政策」
【司 会】金 美齢(前総統府国策顧問)
■主 催:台湾独立建国連盟日本本部(黄文雄委員長)

****************************************************************

228仙台集会『台湾よ建て‥‥日本の生命線』

講 師  大江康弘氏‥‥参議院議員・国土交通委員長
と き  平成19年2月28日(水) 午後6時~8時
ところ  仙台市若林区新寺4-6-28 松音寺
http://www.its-mo.com/mapsearch.htm?ido=137702938&kdo=507223260&mlv=9&cls1=999&cls2=999&cid=60000012
主 催  二十一世紀研究所
後 援  宮城ビジョンの会・救う会宮城・台湾研究フォーラム・台湾の声
参加費  二千円
問い合わせ 〇九〇-八六一八-六〇〇〇 ますもと


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
『台湾の声』バックナンバー http://taj.taiwan.ne.jp/koe/
『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe Big5漢文

また宮本将英さんの「日本人台湾独立促進会」HPで
「許すな中国の軍拡・侵略 日台共闘!! 台湾防衛デモ参加リポート」
の写真をご覧いただけます。

http://taidoku.fc2web.com/ouen100demo.htm

ブログ「靖國会事務局日誌」も多数の写真をご覧いただけます。
http://yasukuni.jugem.jp/

関連記事
スポンサーサイト
コメントをありがとうございます  (阿貴が答え致します) | Home | 中華民国体制 (西日本新聞より転載)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ