スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾のWHO加盟を支持する集い-アピール行進と講演会  (転載)

台湾WHO加盟問題
台湾ほど、民主、自由な国がWHOに加入していなのは、
とても不思議なことです。
「中国肺炎」ともいえるSARSが流行っている時、
台湾は、WHOの力を頼ることなく、SARAを抑ることが出来ましたが、
もしも、コントロールできなかったら、
たちまち日本、韓国、近隣の国までも、
被害及んだんでしょう。

台湾のWHO加盟を支持してください!応援してください!
支持の意思を表明しましょう!!

宜しくお願いいたします

   青森日台交流会 事務局

以下は転載です
5月6日(日)、台湾のWHO加盟を支持する集い-アピール行進と講演会
   日本から加盟支持を表明しよう!

 台湾は1997年以来、毎年、世界保健機関(WHO)の年次総会(WHA)へオブザー
バー参加を求めてきました。しかし、「一つの中国」問題を持ち込む中国政府による執
拗かつ理不尽な圧力により、未だ実現されていません。

そのため台湾は、衛生保健に関する貴重な情報や技術、あるいは新薬を即時入手する
ことができず、生活と安全に深刻な影響が出ています。そこで台湾政府は去る4月11日、
国内世論や立法院の支持を背景に、WHOに初めて「台湾」の名義により正式加盟を申
請いたしました。

 日本もアメリカも2002年以降、台湾のWHO年次総会へのオブザーバー参加を支持し
ています。

 台湾はすでに世界貿易機関(WTO)やアジア太平洋経済協力会議(APEC)に参
加している実績があり、WHOへの参加資格を有しているにもかかわらず、加盟どころ
か、年次総会にオブザーバーとしてさえ参加できないことはWHO憲章の趣旨に悖るこ
とであり、またそれは台湾人の基本的人権をも蹂躙する人権問題でもあります。

 そこで、5月下旬のWHO年次総会を前に、医療に国境を設けるべきではなく、また
台湾がWHOに加盟していないことで最も影響を受けやすい日本の立場に鑑み、日本か
ら今般の台湾政府によるWHO正式加盟申請についての支持を発信し、そして日本政府
の支持表明を促すべく、急遽「台湾のWHO加盟を支持する集い-アピール行進と講演
会」を催すこととなりました。

 連休最後の日となりますが、ふるってご参加くださいますようご案内申し上げます。

 なお、ご協賛いただける団体を募集しております。趣旨にご賛同いただける場合は、
団体名、代表者名、連絡先(住所・電話・FAX)を添え、日本李登輝友の会までお申
し込み下さいますようお願いします。

 平成19年4月吉日
                       日本李登輝友の会会長 小田村四郎

◇日 時  平成19年(2007年)5月6日(日)

■アピール行進
 14:30 集合:東京中華学校(東京都千代田区五番町14)
        【交通】JR中央線「四ッ谷駅」麹町口 徒歩4分、
            JR中央総武線「市ヶ谷駅」徒歩5分
            地下鉄 南北線・丸の内線「四ッ谷駅」徒歩4分
            地下鉄 有楽町線・新宿線「市ヶ谷駅」徒歩5分

 15:00 アピール行進 約2キロ(40分ほど)*小雨決行
     東京中華学校(出発)→日テレ通り→新宿通り→半蔵門通り→大妻通り→東
     郷公園(解散)

■講演会
 16:00~17:00 アルカディア市ヶ谷 【無料】
     講師 宋泉盛牧師
     演題「台湾のWHO加盟について-台湾の法理的地位と台湾人の人権」
     *「台湾のWHO加盟申請に関する日本政府への要望」を採択

■意見交換懇親会
 17:00~19:00  アルカディア市ヶ谷 【無料】
     *国会や都議会などでも取り組んでいただけるよう各界アピールと懇親パー
      ティー

 *講演会・意見交換懇親会はアピール行進に参加された方のみご参加いただけます。
  講演会からのご参加はご遠慮ください。

◇主 催  日本李登輝友の会

◇協 賛  日本台湾医師連合、在日台湾同郷会、台湾研究フォーラム、メルマガ「台
      湾の声」、東京台湾教会、池袋台湾教会、高田馬場台湾教会、千葉台湾教
      会、台湾基督長老教会川越教会、怡友会、在日台湾婦女会、台南会
                                (4月26日現在)
◇連絡先  日本李登輝友の会
      〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
      TEL: 03-5211-8838 FAX: 03-5211-8810 
      E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp

●台湾のWHO加盟を支持する集いへのお申し込みは不要です。5月6日、新緑がきれ
 いな四谷や麹町周辺を一緒にアピール行進していただくだけで結構です。
関連記事
スポンサーサイト
こういう物は中国で食べてください  阿貴 | Home | 【紹介】ブログ 「台湾は日本の生命線!」

コメント

インターネットで台湾加盟に一表

こんにちは。以下のページで、
http://www.roc-taiwan.or.jp/news/week/06/060510c.htm
台湾のWHO加盟を支持する一票を、入れました。

2007/04/30 (Mon) 20:27 | 下屋 宏幸 #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。