スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は中国人ではない   阿貴

「管理人阿貴」 だより
4月2日は保育園の入園式でした。(下の子)

上の子はもう小学生です。
そこで娘と同じクラスの子のお母様もいたので、
それで学校の事で、ちょっと話したら、

急に、こう言われた「この前、中国に帰ったの?」
エェ!!なのこと?私はさっばり分からないぞ!!と思った。

私はこう言った「中国って?何?」
彼女(同じクラスの子の母親)は「エェ~実家に帰ったじゃないの?」と聞きました。

私は「あぁ~実家に帰ったよ、でも中国じゃない、台湾なんですけど。私は台湾人よ、中国人じあないよ。」と言った。

そしたら、周り聞いていたお母様達は、ちょっと騒いでました。
「ヘェ~そうなんだ、中国じゃないんだ、台湾だったのね」と。

保育園から小学校まで、5~6年の付き合いですが、
私のこと、未だに中国人だと思っている人もいる。
もしかして、台湾の人も中国国籍と思っているかもしれないし。

「外人」だからなのか、「中国人」だと思われてたのか、
ずっと一部の保護者に敬遠されてきました。
しかし、その保護者達はよく「役員」を押し付けるのです。

何年も連続して「役員」をやってきました。
私は外人ですが、保育園、学校が必要であれば、
役員くらいやりますよ。

しかし得えたものは、なんでしょう?!
理解してわかってもらえなかったね。
私は台湾人で、私の母国は台湾ということを。

今年も役員がなかなかと決まらなくて、
そしてまだ「○○ちゃんのお母さんもう一年やれば」
「今年で最後だから」とか。
「去年やった人でいいんじゃない!」とか。
これはどういう理屈ですか?

運動会の時に、座って見ることは、あんまりない。
なぜなら、私はいつも役員だった。

そして今年も役員です。(はぁ~まだか~)

責任感のある日本人は何処に行ったのですか?
昔の素晴しき日本人はもう少ないですか?

役員を私に押し付けてもいいですが、
間違っても、私のことを「中国人」だと思わないでほしいです。
私の母国は「台湾」です。そして私は「台湾人」です。
誇りに思っています。
関連記事
スポンサーサイト
私、中国の国歌を知りません    阿貴 | Home | こういう物は中国で食べてください  阿貴

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/05/12 (Sat) 17:50 | # | | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。