スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李登輝前総統が第1回後藤新平賞を受賞、6月1日、都内で受賞講演を予定 (転載)

日本李登輝友の会
本当に喜ばしいニュースですね。
李登輝前総統の来日訪問が実現すれば、
日台両国の多くの方々も喜ぶのでしょう。

少々日本の報道に「問題」されていますが、
我々は、ただ李登輝先生の来日と受賞することに、
喜びと歓迎の気持ちを申し上げたいだけなのです。



以下はメールマガジン「日台共栄」より転載です。 
李登輝前総統が第1回後藤新平賞を受賞、6月1日、都内で受賞講演を予定
   受賞講演は先着150名、申込後、入場券を送付!

 昨日、第1回後藤新平賞の受賞者に李登輝前総統が決まったことを「後藤新平の会」が
発表し、本日の新聞各紙が伝えている。李登輝先生、おめでとうございます。

東京・六本木の国際文化会館岩崎小弥太記念ホールで行われる6月1日の授賞式には、
李登輝前総統が「後藤新平と私」と題して講演される予定だという。

 5月3日に中央通信の来日報道があり、昨日もまた7日の中央通信の報道を受けて日本の
メディアが来日について報道していたが、これで李登輝前総統の来日は俄然真実味を帯
びてきたと言えよう。

 それを伝える読売新聞と、「後藤新平の会」が発表した第1回「後藤新平賞」創設のご
案内をご紹介したい。詳しくは「後藤新平の会」のホームページをご覧下さい。

                  (メールマガジン「日台共栄」編集長 柚原正敬)

■後藤新平の会
 http://goto-shimpei.org/------------------------------------------------------------------------------
第1回後藤新平賞 李登輝前台湾総統
【5月8日 読売新聞】

 日本の近代化に尽くした政治家後藤新平(1857~1929年)にちなみ、国家や地域の発
展に寄与した人に贈られる「第1回後藤新平賞」に、前台湾総統の李登輝氏(84)が決
まり、8日、発表された。

 李氏は1923年生まれ。旧台湾総督府の民政局長を務めた後藤とかかわりの深い台湾で、
台北市長や台湾総統として近代化に貢献した点が評価された。授賞式は6月1日午前10
時、東京・六本木の国際文化会館岩崎小弥太記念ホールで行われる。同賞は、満鉄総裁、
外相、東京市長などを歴任、スケールの大きな政策を構想した後藤の生誕150周年を記念
して「後藤新平の会」が創設した。
------------------------------------------------------------------------------
第1回「後藤新平賞」創設のご案内

 後藤新平生誕150周年記念事業の一環として、下記のとおり「後藤新平賞」を創設する
ことと致しました。

 このたび、記念すべき第1回の受賞者が決定しましたので、ここにご案内いたします。

〈後藤新平賞の設立について〉

■趣旨
 後藤新平は、日本の近代化の過程において、百年先をも見通した時間的・空間的スケ
ールの大きな政策を構想し、「自治」と「公共」の精神を貫いて、「人」を育てながら
地域や国家の発展に寄与しました。
 本賞では、日本の国内外を問わず、現代において、後藤新平のように文明のあり方そ
のものを思索し、それを新しく方向づける業績を挙げた方を、一年に一度選考し顕彰し
ます。

■選考委員(敬称略)
〈代表〉粕谷一希(評論家。「後藤新平の会」代表幹事)
 青山 やすし(明治大学大学院教授。元東京都副知事)
 塩川正十郎(東洋大学総長。元財務大臣)
 橋本五郎(読売新聞特別編集委員)
 御厨 貴(東京大学教授)
 藤原良雄(藤原書店社長。「後藤新平の会」事務局長)

■主催 後藤新平の会
 〈第1回受賞者について〉

■受賞者
 李 登 輝 氏(前・台湾総統)

■選考理由
 後藤新平の最も大きな業績の一つは、民政長官として赴任した台湾の近代化であり、
後藤の行なったインフラ整備などの仕事は現在の台湾に脈々と生きています。このよう
に歴史的にも後藤とかかわりの深い台湾において、台北市長、総統などを歴任し、後藤
の仕事と精神を継承して台湾の近代化の発展に貢献してきた李登輝氏に、その業績をた
たえ、台湾島民を代表する存在として本賞を授与します。

■授賞式
(日  時)2007年6月1日(金) 午前10時より
(場  所)東京・国際文化会館 岩崎小弥太記念ホール
(受賞講演)李登輝氏「後藤新平と私」(予定)
      (当日、李登輝氏本人に授賞式に来ていただくよう招請状を出しています)
(定  員)150人(先着順)
(申  込)住所・氏名・年齢・電話番号を添えて、郵便、FAX、電子メールにて事
      務局までお送り下さい。折り返し入場券をお送りします。

■後藤新平の会 事務局
 〒162-0041東京都新宿区早稲田鶴巻町523 株式会社 藤原書店内
 TEL: 03-5272-0301 FAX: 03-5272-0450
 E-Mail:info@goto-shimpei.org
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 八田技師に感謝今も 台湾の墓前祭に250人 「友好の会」参列

【5月8日 北國新聞】

 【台南8日=宮本南吉】台湾を訪れている「八田技師夫妻を慕い台湾と友好の会」(
金沢市)の一行は八日、同市出身の八田與一技師が築いた台南市郊外の烏山頭ダムで、
技師と外代樹夫人の墓前祭に参列した。祭壇には、昨年五月に亡くなった八田技師の長
男・八田晃夫さんの遺影が飾られ、参列者は台湾南部の荒野を穀倉地帯に変えた偉人を
たたえるとともに、技師が結ぶ日台のきずなを大切にした晃夫さんをしのんだ。

 三〇度を超える暑さとなったが、八田夫妻の墓は木立に囲まれ、ダム湖から時折、さ
わやかな風が吹いた。読経に続き、晃夫さん夫人の綾子さん(73)、晃夫さん長男の修
一さん(49)、友好の会の一行、地元住民らが次々に焼香し、冥福を祈った。

 日台の参列者を前に修一さんは「父も来たがっていると思い、遺影とともに墓参に訪
れました。祖父もこの光景を見て、大変喜んでいると思います」とあいさつした。

 友好の会の中川外司事務局長(70)は、八田技師のアニメ映画の製作が進んでいるこ
とを紹介し、「日本はもとより、台湾の方にも見てもらい、より多くの方に技師を知っ
てもらいたい」と呼び掛けた。

 この日は、烏山頭ダムにある八田技師の記念館の清掃ボランティアをしている地元高
校生が墓参するなど、参列者は約二百五十人に上り、八田技師を通じた日台交流の裾野
(すその)の広がりを感じさせた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾で利水に尽くした日本人技師 八田氏をアニメ化

【5月8日 産経新聞】

 【烏山頭(台南県)=長谷川周人】日本統治下の台湾で、農業近代化と水利事業に尽
くした日本人技師、八田與一氏の生涯がアニメ映画化されることが決まった。65回目の
命日にあたる8日、八田氏が築いた台湾中部の烏山頭ダムで行われた慰霊祭に参列した
虫プロダクションの伊藤叡社長が明らかにした。

 伊藤社長によると、タイトルは「パーテン ライ(八田がやってきた)!」で、制作
費は約1億5000万円。監督は「宇宙戦艦ヤマト」などを手がけた石黒昇氏が担当し、す
でに脚本作りに入っている。ストーリーは「貧しい農家に生まれた台湾人少年を主人公
とし、彼が助手としてみた八田の生きざまを描いたもの」という。

 劇場公開は来年夏を目指し、北京語版も作成して台湾でも上映する。伊藤社長は「台
湾を愛し、台湾に愛された八田氏をアニメ化で現代に伝え、彼の滅私奉公の精神を社会
の底辺に広げたい」と意気込みを語った。

 金沢出身の八田氏は1910年に台湾に渡り、干魃(かんばつ)に悩まされていた嘉南平
原の灌漑(かんがい)を決意。10年をかけて烏山頭ダムを完成させ、不毛の大地を台湾
最大の穀倉地帯に変えた。

 この功績が地元の尊敬を集め、命日には毎年、地元の人々による慰霊祭が行われてい
る。

 慰霊祭では、顔純左副県長(副知事)が「時代が変わっても八田技師を懐かしむ県民
の思いはかわらない」とあいさつ。日本からも約40人が参列し、八田氏の長男、晃夫氏
(故人)の綾子夫人と孫にあたる八田修一夫妻らが、地元が建立した八田氏の銅像に手
を合わせた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 劇団昴が6月に舞台劇『台湾の大地を潤した男~八田與一の生涯~』を上演
   日本李登輝友の会会員は割引有り! お申し込み→ご入金→指定席入場券を郵送

■公演日程

 6月12日(火)・13日(水) 小松市公会堂
 6月15日(金) 七尾市サンライフ・プラザ
 6月20日(水)・21日(木) 金沢市文化ホール
 6月24日(日)・25日(月)・26日(火) 金沢市厚生年金会館
 6月28日(木) 調布市グリーンホール

■「台湾の大地を潤した男~八田與一の生涯~」観劇権購入お申込書

1 お申込み下さいます場合は、切り取り線以下の内容を、下記いずれかの方法で劇団
 昴までお申付け下さい。

*日本李登輝友の会会員の方は割引(S席5000円→4500円)ですので、お申し込みの際に
 必ず会員番号をお書き添え下さい。

 TEL:03-6907-9220 劇団昴宛(平日10時~19時)
 FAX:03-6907-9230 劇団昴宛(24時間常時受付)
 Eメール:ticket@theatercompany-subaru.com

2 お申込を確認次第,請求書を送付致します。観劇代金のお支払いは次の通りです。
 入金を確認後、指定席入場券を郵送させて頂きます。

 ・銀行 三井住友銀行 白山支店 普通口座 6728703
     劇団昴有限責任中間法人
 ・郵便振替 00110-6-391246 劇団昴有限責任中間法人
------------------------------------------------------------------------------
「台湾の大地を潤した男 ~八田與一の生涯~」申込書

1 氏名:(日本李登輝友の会会員の方は会員番号を書き添えてください)
2 勤務先:
3 購入枚数: 枚
4 入場券送付先:
5 連絡先:電話   Eメール
6 代金支払方法:銀行 郵便振替 現金(いずれかを○で囲んで下さい)
------------------------------------------------------------------------------
■この物語の背景

 ここ数年来「八田與一」の名前がいろいろなメディアで目に触れる機会が多くなって
きました。

 金沢市出身の土木技師八田與一氏を中心に戦前の台湾南部で成遂げられた灌漑事業の
成果を享受している台湾農民の感謝の気持ちが、歳月を越え、海を渡って、静かに日本
へも浸透して来たからです。

 亜熱帯の豊富な雨量にもかかわらず、自然に水を貯める地形ではなかった嘉南の大平
野は、ダムが出来る迄、干ばつ、塩害、水害など自然の猛威の前になす術もありません
でした。台湾が日本の領土だったその頃、台湾中部の山中に規模では東洋一といわれた
農業用の「烏山頭ダム」を築き、作物を育てる大地に変えようとする日本政府の大英断
の中核に八田與一氏がいました。

 地震の多い台湾ではコンクリートではなく玉石、栗石、砂利、小砂、粘土で堰堤を築
く、米国でも数例しかなかったセミ・ハイドロリツクフィル工法に踏み切り、当時内地
にも無かった高額の大型土木機械を米国から買い付けるなど、周到な調査、緻密な計算
に基づいた八田與一の数々の決断が世紀の大事業を押し進めました。

 時に利あらず、関東大震災が首都を襲い東京が壊滅状態に陥るのは、この事業が半ば
に達した時でした。しかし八田與一は絶望の底から立ち上がります。地元の地主達の説
得に奔走し、上司を懸命に説得して東京からの資金パイプを継ぎ、次に職員の配備にも
細心の注意を払って人の和を崩すまいと心を砕きます。

 こうして波瀾万丈を経て出来上がった烏山頭ダムの貯水が、実は嘉南の大平野全域を
満たすに必要な量の三分の一がやっとだったのです。

 この問題の解決こそ八田與一氏の真骨頂と喧伝されています。大平野をおよそ三分割
し、米作の次の年にはその地をサトウキビ畑とし、次の年には雑穀をというパターンを
繰り返す「三年輪作法」を編み出し現地の農民を指導しました。不毛の地を豊穣の地に
変える原型を造った八田與一の努力に台湾農民は百年近い歳月を経た今もなお感謝の気
持を忘れてはいないのです。

 「台湾のダムの父」と慕われる八田與一氏の広い視野と果敢な行動力は何によるもの
なのか、それは東京帝大土木課の恩師広井勇教授の薫陶に基づくという説があります。
広井先生の信念は「土木技術者たるものは地元の民衆のために働くことが究極の目的」
と広く知られ八田與一はその体現者であったに違いありません。

 百年評価の変わらぬ人八田與一氏は文学の世界で申せば夏目漱石、森鴎外やチェーホ
フに価するのではありませんか。私たちは舞台の上で人間八田與一の人間像に迫ります。

■財団法人現代演劇協会/劇団昴について

(財)現代演劇協会は1963年に文芸評論家・劇作家・翻訳家の故福田恆存が小林秀雄、
武田泰淳、吉田健一、大岡昇平、中村光夫の各氏を理事に迎え文学座を退団した32名の
俳優と共に創立した演劇集団で、その傘下にある劇団昴は男女俳優100名を擁し、過去35
年間に150余の芝居を上演してきた。

 代表作としては、アーサー・ミラー作『セールスマンの死』、遠藤周作作『沈黙』、
ダニエル・キイス作『アルジャーノンに花束を』等がある。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5>> 台湾のWHO加盟 支持訴え 都内でデモ

【5月8日 産経新聞】

 台湾の世界保健機関(WHO)加盟支持を訴えるデモ行進か6日、東京都内で行われ
た。「日本李登輝友の会」が主催、在日台湾人を含む約300人が「WHOは台湾の人権を
守れ!」などと叫びながら、東京都・千代田区の東京中華学校から東郷記念公園までの
約2キロを歩いた=写真。

 1997年からWHO年次総会へのオブザーバー参加を求めてきた台湾だが、中国の反対
で実現していない。台湾の陳水屑総統は4月、「台湾」の名前で正式加盟を申請したも
のの、オブザーバー参加を支持してきた米国も正式加盟には「不支持」を表明するなど
情勢は厳しい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
関連記事
スポンサーサイト
台湾のWHO加盟訴え、都内で300人デモ (転載) | Home | 【産経抄】中国の「ほほ笑み外交」など信用できるか (転載)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。