スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨にもかかわらず300人が参加-台湾のWHO加盟を支持する集い  (転載)

台湾WHO加盟問題
台湾のWHO加盟を支持する集いですが、
「青森日台交流会」も応援しています。

日台団体に限らず、台湾のWHO加盟を支持する団体を
歓迎いたします。




【速報】雨にもかかわらず300人が参加-台湾のWHO加盟を支持する集い

 ゴールデンウィーク最終日の5月6日、東京・市ヶ谷周辺で行われた日本李登輝友の会
と賛同55団体(下記参照)による「台湾のWHO加盟を支持する集い」アピール行進は、
次第に強くなる雨にもかかわらず、約300名が東京中華学校の校庭に集まり、黒地に赤と
白のロゴが入ったTシャツに着替え、また傘の先に「台湾のWHO加盟を支持します」
などと書かれたプラカードを結びつけ、五列縦隊で行進した。
アピール行進は、台湾がWHO加盟を阻まれている経緯を説明しつつ、日本政府にW
HO加盟を支持するよう呼びかけ、また中国による妨害への反対を訴えた。小一時間か
けて、日テレ通り、新宿通り、半蔵門通りなどを経て東郷公園に到着した。

 日本人と在日台湾人の老若男女が参加し、台湾人教会関係者、医療関係者などの姿も
見られた。スーツ姿の若い女性や子供連れの家族も見られ、この問題がさまざまな層に
とって大切な課題だと認識されていることを伺わせた。また、アピール行進には盧千恵
・許世楷代表夫人、また中津川博郷・前衆議院議員も最初から最後まで参加した。

 アルカディア市ヶ谷で開かれた講演会では、日本李登輝友の会の小田村四郎会長が、
台湾の国際社会参加を妨害しようとする中国の外交工作を暴き、台湾代表処(台北経済
文化交流処)の羅坤燦(ら・こんさん)副代表が、台湾の当然の権利が理不尽な形で損
なわれていると訴えた。また、靖国神社の例大祭に参列して帰国したばかりの蔡焜燦さ
んからは「日本の皆様が台湾人と一緒に台湾のWHO加盟支持の集いを開かれるとの報
に接し、目から汗が出ている」というメッセージが寄せられ、柚原正敬・日本李登輝友
の会事務局長が代読した(別掲参照)。

 国際的に著名な神学者であり台湾自決運動にも関わった宋泉盛牧師が、国連のアナン
事務総長(当時)と会談した際、アナンに「台湾は中国の一省であり、台湾のことは国
連で取り上げない」と言われたというエピソードを紹介し、台湾の側に立っていてくれ
た海外のキリスト教団体でさえ、「中国宣教」のために台湾を切り捨てる例があるとい
う現実を紹介した。これを打開するためには、台湾人自身が立ち上がり、世界に台湾の
主体性を訴えなければならないと台湾人が目覚めるよう、台湾人の自決を促す「台湾自
救運動」を提唱した。

 5月のWHO年次総会で日本政府が台湾政府によるWHO正式加盟申請を世界に先駆
けて支持することを要望する「台湾のWHO加盟に関する日本政府への要望」の草案を
金光俊典・日本李登輝友の会千葉県支部事務局長が読み上げ、参加者一同の名で採択さ
れた(別掲参照)

 会場を訪れた石原宏高衆議院議員が挨拶に立つと、大きな拍手で迎えられた。ひとつ
には台湾人が石原慎太郎都知事のことを良く知っているということもあろう。石原議員
は「台湾のWHO加盟は、独立問題とは切り離しても至極もっともな権利であり、支持
する」と、要望を安倍総理大臣に伝えることを約束し、参加者の思いを受けとめた。

 意見交換懇親会は石井公一郎・日本李登輝友の会副会長の開会挨拶の後、前衆議院議
員の中津川博郷・日台湾安保経済研究会会長が挨拶し、盧千恵夫人の乾杯の音頭で始ま
り、意見交換懇親会を締めくくったのは林建良・日本李登輝友の会常務理事。

「今回、台湾が初めて台湾の名で加盟を申請するという形で意思表明をした。今日は雨
でよかった。本当の友がどこにいるのかわかった。日本人の友人よ、ありがとう。台湾
人が、雨であれ嵐であれ、弾丸が降っても立ち上がる気概を持たなければ台湾の国は出
来上がらない。日本人には日本のためにも台湾を大切にしてほしい」と語り、日台の共
存共栄のために全員で万歳を三唱した。

 なお、懇親会では江副亮一・江戸川区議や天目石要一郎・武蔵村山市議などがスピー
チし、永山英樹・台湾研究フォーラム会長も台湾の医療水準の高さについて指摘したが、
本当に、民主主義で、世界に良い仲間として貢献できる台湾を仲間外れにしていること
は、国際社会の恥ではないだろうか。とくにWHOの問題は、人命に関わる健康の問題
を、政治的に利用するという、独裁中国による人権無視で非人道的なやりかたであり、
これを国際社会が許しているという現状を、我々は許していて良いのかを問いかけてゆ
きたい。
                        (多田恵・日本李登輝友の会理事)
------------------------------------------------------------------------------
台湾のWHO加盟を支持する集い

■主 催 日本李登輝友の会

■協 賛 日本台湾医師連合、在日台湾同郷会、台湾研究フォーラム、メルマガ「台湾
     の声」、東京台湾教会、池袋台湾教会、高田馬場台湾教会、千葉台湾教会、
     台湾基督長老教会川越教会、怡友会、在日台湾婦女会、台南会、在日台湾同
     郷会関西支部、台湾問題座談会、遠州日華親善協会、大阪日台交流協会、神
     奈川県日華親善協会、日台関係を促進する地方議員の会、東京台湾の会、ゲ
     ンキニッポンの会、日本台医人協会、日本政策研究センター、日本媽祖会、
     三沢市梅桜の会、台湾団結連盟日本支部、栃木県日台親善協会、日台鉄路愛
     好会、日本中華聨合総会、留日台湾同郷会、旅日栄光聯誼会、日本華商総会、
     日本林氏宗親総会、華心会、華心会横浜代表、東京中華学校校友会、留日東
     京華僑総会、東京華僑商工聨合会、栃木県日華親善協会、青森日台交流会、
     日台交流同友会、埼玉社会問題研究会、日台稲門会、宮城県台湾同郷会、宮
     城県台湾婦女会、新渡戸基金、岩手台湾懇話会、山口県日台文化経済交流会、
     台湾出身戦歿者慰霊の会、高座日台交流の会、日台交流教育会、維新政党新
     風東京都本部、維新政党新風埼玉県本部、國民新聞社、熊本台湾同郷会、大
     陸問題研究協会(55団体 5月5日現在)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾のWHO加盟申請に関する日本政府への要望

 昨日の「台湾のWHO加盟を支持する集い」において下記の「台湾のWHO加盟に関
する日本政府への要望」が全加者の賛同をもって採択された。今後、安倍晋三首相はじ
め政府要路に通達して要望の実現を図りたい。
                              (日本李登輝友の会)
------------------------------------------------------------------------------
台湾のWHO加盟申請に関する日本政府への要望

 台湾は世界保健機関(WHO)に加盟していないため、衛生保健に関する貴重な情報
や技術、あるいは新薬を即時入手することができず、台湾二千三百万人の生活と安全に
深刻な影響を及ぼしている。

 台湾政府は李登輝総統時代の一九九七年以降、毎年、WHO年次総会(WHA)へオ
ブザーバーという非加盟国の立場で参加を求めてきた。しかし、「一つの中国」問題を
持ち込む中国政府による執拗かつ理不尽な圧力により、未だ実現されていない。そこで、
陳水扁総統は去る四月十一日、台湾の国内世論や立法院における過半数以上の支持を背
景に、WHOに対し初めて「台湾」の名義により正式加盟を申請した。

 日本政府は平成十四年(二〇〇二年)、福田康夫・内閣官房長官が「多くの地域、国
際機関、NGOがWHOに参加するのが望ましい。日本に近接する台湾の保健医療の向
上には関心があり、関係者が満足する形で、台湾がオブザーバー参加することが望まし
い」と表明して以降、二〇〇四年からは毎年のWHO年次総会において支持を表明して
いる。

 最近も、麻生太郎外務大臣は「現在でも台湾のオブザーバー参加が望ましいという考
えに変わりはない」「日本は台湾の近くに位置し、最も影響を受ける確率の高いことも
あるので、日本は従来どおりこの問題の参加拡大を続けていきたい」と国会答弁におい
て政府の方針を表明している。

 米国政府もまた二〇〇二年以降、日本と同様、台湾がWHO年次総会へオブザーバー
参加することに支持を表明している。

 WHO憲章はその設立の趣旨を「健康の追求は全人類に等しく与えられた当然の権利
であり、この権利は民族、宗教、政治的主義、経済、あるいは社会状況の相違によって
差別されてはならない」と記している。また、WHOには「地域」としてパレスチナ暫
定自治政府など、「国際機関」として国際赤十字社などがオブザーバーとして加盟して
いる。

 一方、台湾は「独立関税領域」として正式に世界貿易機関(WTO)に、アジア太平
洋経済協力会議(APEC)には「経済体」として参加している実績がある。

 つまり、台湾はWHOへの参加資格を有しているにもかかわらず、加盟どころか、年
次総会にオブザーバーとしてさえ参加できないことはWHO憲章の主旨に明らかに反す
ることであり、またそれは台湾人の基本的人権をも踏みにじる人権問題でもある。

 今回、台湾が「台湾」の国名で正式加盟を申請したことに対し、政府内部において「
独立不支持」の立場から加盟支持に疑義を呈する向きもあると仄聞するが、台湾が中華
人民共和国の支配下にないことは何人も疑いを容れない客観的事実であるのみならず、
このような人道問題は独立問題とは切り離して論ずべきである。医療・防疫は一国、一
地域に止まらず、国際的問題であり、台湾の隣接国であり人的交流の密接で最も影響を
受けやすい我が国にとって、台湾がWHOから疎外されていることは国益上由々しき問
題である。

 よって日本政府は、今般の台湾政府によるWHO正式加盟申請を世界に先駆けて支持
し、五月のWHO年次総会において表明すべきことを強く要望するものである。

 平成十九年(二〇〇七年)五月六日

                   台湾のWHO加盟を支持する集い参加者一同

内閣総理大臣 安 倍 晋 三 殿
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【メッセージ】日本の皆様、ありがとう[台北 蔡焜燦]

 五月一日、無事台湾に帰って参りました。日本滞在中はたくさんの方にお目にかかれ
て大変嬉しゅうございました。靖国神社の例大祭にも初めて参列でき、司馬遼太郎先生
の墓参にも参り、本当に心温まる旅でした。

 さて、台湾は堂々とした一つの国であるにもかかわらず、中国の理不尽な妨害でWH
Oに加盟できないため、必要な情報が入って来ず、本当に困っています。

 しかし、だからと言って台湾は一方的に情報の提供を求めているわけではありません。
これまで積極的に対外的な医療協力を行ってきています。一昨年の南インド洋大津波災
害における復興活動、昨年二月のフィリピン土石流災害に際しては緊急援助隊の派遣と
物資の搬送、鳥インフルエンザに対する防疫物資の提供と台湾国際医療チームの派遣な
ど、数え上げればきりがありません。

 四年前のサーズ、つまり「中国肺炎」ですが、あの時のことを思い出してください。
中国政府が発生を隠蔽して対策を怠り、WHOからの情報もない中、台湾は最善を尽く
し、影響を最小限に食い止めました。

 皆さん、サーズウィルスや鳥インフルエンザが国境や人種を見分けますか。

 本日は日本李登輝友の会の主催により、日本の皆様が台湾人と一緒に台湾のWHO加
盟支持の集いを開かれるとの報に接し、私は目から汗が出ています。これが日本です。
これが武士道の国日本なのです。だから台湾の友人なのです。

 今日の東京は雨だそうですが、そのような中を駆けつけていただき、遠く台北から深
く御礼を申し上げます。日本の皆様、ありがとう。

 二〇〇七年五月六日

                                台北 蔡 焜燦
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>>【レポート】台湾WHO加盟アピール行進に参加して[宮本将英]

【5月7日 台湾の声】

【レポート】台湾WHO加盟アピール行進に参加して

                         日本人台湾独立促進会 宮本将英

 台湾のWHO加盟が中華人民共和国の露骨な妨害によって実現しない中、5月6日、東
京・四谷で台湾のWHO加盟を訴えるデモ行進が行われることになった。

 昨日はあいにくの雨。すでに前日から台湾の声では「翌日は雨との予報ですが予定通
り決行します」とのアナウンスが流されていた。午後2時15分ごろ集合場所の東京中華学
校に到着すると、校舎の目の前にいるのは数十人程度。「ああ、やっぱり雨だからこの
程度か」と思ったのはとんだ勘違いで、校舎の中にいると大量の参加者がごったがえし
ていて身動きもできないほど。校舎の中では「Be WHO! TAIWAN! 台湾在WH
O!我在乎」と書かれたTシャツが配られていた。

 午後2時半から集会が始まり、日本李登輝友の会会長の小田村四郎氏が挨拶を述べ、主
権国家である台湾のWHO加盟が実現できないことの不当性を訴えた。参加者は300人に
達し、私が今まで(2006~2007年)に参加した台湾関係団体が主催したデモでは最高の
人数である。参加者の傘の先端には「WHO+TAIWAN」「台湾のWHO加盟支持」
と書かれたプラカードがテープで巻きつけられていた。雨が降っていなければ手で持つ
予定だったのであろう。

 また今回はテレビ局や新聞社も取材に来ており、マスコミの関心も集めることに成功
したようだ。

 午後3時、東京中華学校を出発。参加者は「台湾のWHO加盟を支持するぞ」「日本政府
は台湾の加盟を支持せよ」「WHOは台湾人の人権を守れ」「中国の妨害反対」「台湾は台
湾だ」などのシュプレヒコールを叫んでいた。今回はWHO加盟という明確な訴えがあるの
で、プラカードや旗の種類はいつもより少なかったが、「日米台三国同盟を構築せよ」
「東アジアの平和のために台湾WHO加盟 中共解体」などのプラカードが見られた。
また「親日国台湾は日本の友人です」「WHOは中国の圧力に屈せず台湾の人権を守れ」
という横断幕も見られた。行進したコースは、五番町の信号を右折して日本テレビ通り
を行進。さらに麹町四丁目の信号を左折して新宿通り、麹町1丁目の信号を左折してやや
坂になっている半蔵門どおり→大妻通りを行進。午後3時40分ごろ、東郷元帥記念公園に
到着した。

 雨天という不利な条件にも関わらず、300人の参加者を集めた今回のデモは大成功と言
えるだろう。参加者には女性や若者の姿が目立っていたのが印象的であった。台湾のW
HO加盟という切実な問題に対し、多くの日本人、台湾人が関心を示したのであろう。
しかも協賛団体は55にも達したと言う。数多くの団体、個人が共通の理念と目標を持っ
て行動を起こすことは非常に意義のあることだと思う。協賛団体が55団体にものぼると、
それぞれの団体の理念や方針には当然ながら差異もあるだろう。その一方で全ての団体
に共通する理念もあるはずだ。日本も台湾も民主主義という共通の価値観を有している。
独裁政治や覇権主義には誰もが反対するはずだ。デモに参加した300人の参加者、55の協
賛団体は民主、自由、人権という価値観では共通しているのである。

 今年に入って日本の親台湾派は確実に行動力を強め、支持層も広がり、社会的影響力
も強まっていると思う。去年までは年に1回程度であったデモ行進が、今年に入ってから
はすでに3回目である。以前はデモ行進に消極的だった人も参加するようになっている。
講演会やデモ参加者の年齢層も確実に広がっている。また、以前よりも講演会やデモに
参加する地方議員や国会議員、元議員が増えている。この勢いを持続させ、一人一人が
力を合わせればきっと政治や社会を動かす大きな力になれると思う。

 下記のページで17枚の写真をご覧になれます。
 http://taidoku.fc2web.com/ouen108who.htm
『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
関連記事
スポンサーサイト
台湾有情 廟に響く君が代 (転載) | Home | 【レポート】台湾WHO加盟アピール行進に参加して  日本人台湾独立促進会 宮本将英 (転載)  

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。