李登輝前総統が「Voice」10月号にリーダー論を特別寄稿 (転載)

李登輝氏 論説
以下はメルマガ「日台共栄」より転載

李登輝前総統が「Voice」10月号にリーダー論を特別寄稿
  「指導者の力量-リーダーとしての決断力と現場主義」

 李登輝前総統が9月10日発売の「Voice」10月号(PHP研究所)に、「指導者の力量
-リーダーとしての決断力と現場主義」と題して特別寄稿されている。

冒頭、先般5月30日からの訪日について「一生の思い出になるだろう」と感懐を述べつ
つ、後藤新平賞受賞の意義や「奥の細道」探訪で得られた日本文化観について記し、な
ぜ安倍首相が総理を辞任したのかについても、元首経験者としての体験と、これまでも
説いてきたリーダー論的見地から「人事選考」の要諦について述べられている。

 もちろん、日本人にとっても関心の深い来年の総統選挙について「台湾の命運を左右
する」と断言し、馬英九と謝長廷両候補の問題点を指摘しつつ、「台湾がどのようなシ
ナリオをもってすれば、対立的な政治状況を脱し、一つの安定的な政治状況をつくり出
せるか」について、独自の見解を披露されている。

 そのなかで、陳水扁政権が推進する国連加盟については「時期尚早」だと非難し、そ
の前に為すべきことがあるとし、国連加盟への道筋を示されているのは説得力がある。

 そして最後に、後藤新平の事績を引き、また自らの治世を顧みつつ、リーダーの心持
ちとは何を述べ、「後藤新平のような指導者が二、三人、日本と台湾に出現することを
求めたい」と締めくくられている。

 驚いたのは「だから、いつ死んでもかまわない」というくだりである。この一言は重
い。できそうでできないのが、このような対処だ。周到な李登輝前総統ならではの喩え
と解した。ご一読を奨めたい。             (本誌編集長 柚原正敬)

■Voice10月号 定価:620円
 http://www.php.co.jp/magazine/detail.php?code=12358
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 9月23日(日)、台湾の国連加盟を支持する街頭活動を九段坂で展開

台湾の国連加盟を支持する街頭活動のお知らせ

 9月15日の「友邦・台湾を国連へ!」アピール行進で盛り上がった台湾支持の機運とフ
ットワークを日常的に保持し高めて行くための手段として定期的に関連チラシ配布など
の活動を続けたいと考えています。

 先ず試みに下記の活動を行いますのでお知らせします。興味ある方の参加を歓迎しま
す。(道路使用許可取得済)

                   台湾の国連加盟を支持する有志:卯里・飯田

                    記

■日  時:9月23日(日)13:00~17:00

■場  所:靖国神社手前、九段坂・東京理科大学校舎前の歩道(銀杏並木の下)
       東京メトロ 東西線・半蔵門線 九段下駅下車 1分
       都営地下鉄 都営新宿線 九段下駅下車 1分

■活動内容:台湾の国連加盟支持のアピール、チラシ配布ほか
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【読者の声】ニューヨーク国連加盟デモに参加して [ニューヨーク 大橋 慶子]

 先般9月15日、日本で「9・15『友邦・台湾を国連へ!』アピール行進」が行われまし
た。台湾・高雄市、ニューヨーク、シドニーなどでも同様のデモが行われました。

 3,000人が参加したと伝えられるニューヨークのデモには、本会の林建良・常務理事も
参加しています。このニューヨークのデモに参加したニューヨーク在住の大橋慶子さん
から、当日の写真とともにお便りをいただきましたのでご紹介します。

 写真は、本会のホームページに掲載いたします。

 台湾の国連加盟はまだまだ道のりが遠そうですが、「台湾」名義で加盟申請したのは
今年が初めてですから、台湾が一丸となって国連加盟を求め続け、日米をはじめとする
友好国が支持するようになるまで、大橋さんがご指摘のように「日本人の中で、少しで
も台湾問題が大きくなる」よう、目覚めた一人ひとりが国内世論を盛り上げるために力
を尽くすことが肝心かと思います。                  (編集部)
------------------------------------------------------------------------------
ニューヨーク国連加盟デモに参加して

                           ニューヨーク 大橋 慶子

 はじめまして。大橋慶子と申しまして、台湾の国連加盟を心から願う、李登輝ファン
です。いつも、日本李登輝友の会のHPを拝見しております。チャンネル桜も、こちら
からブロードバンドで見ているものです。

 ニューヨークに暮らしておりまして(18歳のときからこちらですので、もう20年にな
ります。)デモのことを知り、先日参加いたしました。

 沢山の方々が参加しておられて、圧倒されました。サイズを小さくしてその時のお写
真をお送り致します。何しろ素人ですので、下手な写真ですが、ご参照下さいませ。

 日本の国旗を掲げている人が誰もいなくて、「あぁ、私1人でも持って参加すれば……」
と情けなくなりました。国旗が手元になかったものですから、カメラだけ持って出かけ
ました。

 デモをしているときに、ニューヨーカーが「あれ、台湾って国連のメンバーではなか
ったの?」という声が多く聞かれました。

 日本でもアメリカでも、大量殺人を行う政府にお金(石油)のために平気で武器を売
る中国政府に立腹している人が増えております。

 しかしながら、日本もアメリカも、融和政策というより、金目当て政策を優先し、資
本主義世界は中国と手を結ぶ方向で流れている部分が多く心が痛くなります。

 核を保持して大きな軍隊を持つ中国を、怒らせたくない、という考えより、理不尽な、
脅迫を繰り返す国は呆れますね。

 日本人含め、多くの方がモラルの欠如に目覚め、台湾に手を差し伸べることを願って
おります。そして、 日本人の中で、少しでも台湾問題が大きくなることを願っています。

 私も実際、台湾の実情というものを、知らないで長年来た日本人ですので、これから
は多少でも何かのお手伝いが出きればと思って、まわりの人間にも話したりしてみます。

 いろいろご苦労が多いかと思われますが(現状の日本の政治状況など)心から敬意を
申し上げます。私で何か役にたつことがあれば、(こちらの動きなどで)ご遠慮なくお
申しつけ下さい。

 来年の台湾の総統選挙には、参加できればなと考えております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
関連記事
スポンサーサイト
SAPIO誌が「台湾は中国の領土にあらず」を古地図で証明 (転載) | Home | 【レポート】9・15「友邦・台湾を国連へ!」アピール行進参加レポート宮本将英 (転載)  

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ