スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【台湾人の叫び】「台湾」は「中国」ではない!! (転送、転載を) 

台湾正名運動
【台湾人の叫び】「台湾」は「中国」ではない!!

(転送、転載を)

あなたはご存知ですか!?

在日台湾人の外国人登録証の国籍欄の記載が「台湾」ではなく、「中国」と強制
されていることを!!

【1】全ての在日台湾人は、外国人登録において、法務省の強制により、国籍欄
の記載を、本来あるべき「台湾」から「中国」へ変更させられています。

このことはあなたが日本国籍でありながら、あなたが好ましく思わない国の国籍を
強制されるというのに等しいのです。

台湾はたとえ1秒たりとも、中華人民共和国の支配を受けたことはありません。
「台湾」は「台湾」です。

【2】日本政府が1972年(昭和47年)、中華人民共和国と締結した日中共同声明に
おいて、日本は中華人民共和国の主張する「台湾が中華人民共和国の領土の不可分
の一部である」という立場を『十分理解し尊重』すると述べているだけで、決して
台湾に対して中華人民共和国の主権が及んでいることを認めていません。

サンフランシスコ講和条約で台湾を放棄した日本政府に、台湾の地位を決める権限
などありえないからです。

日本政府が認めていないにもかかわらず、一省庁である法務省が恣意的に「台湾人
の国籍は『中国』」とする横暴が罷り通ることは決して許されるべきことではあり
ません。

【3】世界に目を向ければ、米・カナダ・独・仏など欧米諸国は、「TAIWAN」と記
載しています。

英国は、「TAIWAN-ROC」と明記し、「CHINA-ROC」と明確に区別しています。
その他、シンガポール・韓国・ニュージーランドなどアジア・太平洋諸国も同様です。
これが世界の常識です。

【4】台湾は既に自由・民主・人権・法治の民主主義国家であり、一方中国は共産
主義独裁国家です。
日本と台湾は共通の価値観を有する民主主義国家であり、歴史的にも、地政学上も
、運命共同体であることは疑う余地はありません。

日本政府は中国に対し媚中外交を続け、6兆円ものODAを供与しましたが、わが
国の善意など通用する国ではないことは、靖国問題、ガス田盗掘、原潜領海侵犯、
反日戦争記念館などの例を見ても明らかです。今こそ、日本政府は誤った1つの中国
政策を直ちに改め、民主主義国家・台湾を承認すべきです。そのことが、かつて同じ
時代を歩み、世界に類を見ない親日国家である台湾の人々にこたえる道なのです。

私たちは日本政府に対し、外国の干渉を排除して、在日台湾人の国籍欄を「中国」
ではなく、「台湾」に改めることを強く要望します。

件名:「台湾の声」【参加を!】2・3「偽造地図を追放せよ!」緊急国民集会

【転送転載歓迎】運動の拡大を期します。奮って参加を。

台湾は中国領ではない!!
2・3「偽造地図を追放せよ!」緊急国民集会

学研トイズに発した台湾や尖閣諸島を中国領とする地球儀問題は拡大する一方で、メーカーは次々と販売中止や回収措置を取りはじめている。この地球儀問題は、日本人の感覚がまだまだ健全であることを証するとともに、改めて台湾が中国の一部ではないことを認識させた。
だが、まだ問題は解決していない。外務省のホームページは未だに中華人民共和国の面積に台湾を含ませ、地図帳は台湾を中国領とし、地理教育でも同様のことが教えられている。外国人登録証明書(外登証)や運転免許証でも台湾人の国籍は「中国」とされたままである。
そこで、今回の地球儀問題を総括し、未解決の問題点を剔抉する「台湾は中国領ではない!!─2・3『偽造地図を追放せよ!』緊急国民集会」を開催することとした。奮ってご参加ください。

                     平成20年(2008年)1月吉日

日本李登輝友の会・台湾研究フォーラム・メールマガジン「台湾の声」

■日 時:平成20年2月3日(日)午後2時~4時(1時30分開場)

■会 場:文京区民センター 3階 大ホール(文京シビックセンター斜向い)
     【交通】都営地下鉄:三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
         東京メトロ:丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩3分
         JR総武線「水道橋駅」徒歩10分

■プログラム:
1)「学研地球儀で暴かれた中国監修の偽造地図」
   永山英樹氏(台湾研究フォーラム会長)
2)「台湾を中国領とする外務省ホームページ」
   柚原正敬氏(日本李登輝友の会事務局長)
3)「台湾を中国領と教える地理教育」
   西江智彦氏(「台湾週報」編集部)
4)「外登証問題-中国扱いは地図だけではない」
   林 建良氏(メールマガジン「台湾の声」編集長)
5)決議文採択
             [司会:片木裕一(日本李登輝友の会理事)]

■参加費:無料

■問合せ:日本李登輝友の会 TEL:03-5211-8838 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
     台湾の声編集部 koe@formosa.ne.jp

■主 催:日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム、メールマガジン「台湾の声」

■協 力:維新政党新風東京都本部、維新政党新風埼玉県本部、李登輝学校日本校友会、日台交流同友会、台湾出身戦没者慰霊の会、在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、日本台湾医師連合、日台交流教育会、大阪日台交流協会、石川台湾問題研究所、日本長昌友之会、栃木県日台親善協会、怡友会、台湾独立建国聯盟日本本部、日台鉄路愛好会


『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html
『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)
関連記事
スポンサーサイト
提案:『日本の命運は台湾にあり』 (永山英樹著、まどか出版刊)を全国のコミュニティ図書館に備えて貰おう!!  〔転載) | Home | 【日本李登輝友の会】「海の宝石・台湾カラスミ」   〔転載)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。