【門前払い】WHOと連携、台湾の切なる願い 医療改善に“中国の壁” (転載)

台湾WHO加盟問題
【門前払い】WHOと連携、台湾の切なる願い 医療改善に“中国の壁”

日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載


 日本もアメリカも、世界保健機関(WHO)への台湾のオブザーバー参加を支
持し、台湾と国交を持つ国々は19日からジュネーブで開かれるWHOの年次総会WHA
に台湾をオブザーバーとして招くよう提案、この案をWHAの議題とするよう求めてい
る。

だが、四川大地震が起きて台湾の支援を受け入れた中国であっても、「陳水扁
らは少数の国家をたきつけて台湾に関わる提案をさせ、衛生問題を利用して台湾独立、
(祖国)分裂活動を進めようとしている。その狙いは成功しない」と述べ、健康という人
の生命に関わることに対しても「台湾は中国の一部」との政治的姿勢を崩そうとしない


 日本は平成14(2002)年5月14日、当時の福田康夫官房長官が台湾のWHOへの
オブザーバー参加支持を表明して以来、支持し続けている。だが、中国は頑なに拒み
続ける。17日の産経新聞が台湾医界連盟基金会会長の呉樹民氏にインタビュー、その苦衷
を伝えている。今年のWHO総会は19日に開幕する。       (編集部)
--------------------------------------------------------------------------
WHOと連携、台湾の切なる願い 医療改善に“中国の壁”

【5月17日 産経新聞】

 何とか世界保健機関(WHO)に加盟したい。正式加盟が無理なら、せめて総
会にオブザーバーとして参加したい-。2003年にSARS(重症急性呼吸器症候群)で
多数の死者を出した台湾の医療・衛生関係者は、近隣地域での鳥インフルエンザの発生
状況を注視しながら、WHOとの連携を切実に願っている。台湾当局の招きで台湾を訪
問、関係者から話を聞いた。(台北 辻田堅次郎)

 「台湾のWHO加盟を訴えるため(総会が開かれる)ジュネーブには11回行っ
た。目的を達成するためジュネーブには何度でも行く」。台湾医界連盟基金会の呉樹民
会長は台北市内の事務所で、加盟へ向けての熱い思いを語った。

 しかし、そもそも、なぜ台湾はWHOに加盟できないのか。台湾は2300万の人
口を抱え、生活水準は先進国並み。医療分野では開発途上国に医療チームを派遣し、医
療環境の改善を進めるなど国際貢献も行っている。台湾の医療関係者は、台湾がWHO
に加盟すれば、もっと国際貢献ができると自信をもっている。

 台湾がWHOに加盟できないのは、中国が反対しているためだ。なぜか。台湾
が国連、あるいは国連の専門機関であるWHOに加盟すれば、台湾が国際的に「国家」と
認められることになるからだ。中国は台湾を「中国の一部」と考え、台湾の独立を警戒
しているだけに、台湾が「国家」と認められることは我慢できないのだろう。

 しかし、だからといって台湾として、WHOに未加入のままでいることもでき
ない。WHOに加盟していないと、感染症などに関するさまざまな情報を素早く入手で
きないからだ。これが対応の遅れにつながる。台湾がそれを痛感したのは2003年にSA
RSが流行したときだ。

 衛生問題の所轄官庁である行政院衛生署の陳再晋副署長(次官に相当)は「20
人が死んでからようやく、低いレベルの専門家が2人来た。しかし、台湾を助けたわけで
はなく、視察しただけだった」と、WHOの姿勢を非難した。

 1998年にエンテロウイルスが流行したときも台湾の医療・保健関係者は苦い思
いを余儀なくされた。呉樹民氏は「対応の遅れで、幼児80人が死亡した」と振り返った


 何とか加盟したいのだが、中国の反対でままならない。そこで台湾は李登輝総
統時代の1997年からWHOの年次総会へのオブザーバー参加を求めてきた。名義は「中
華民国」などを使い、中国を刺激する「台湾」は使わなかった。これを日本や米国は支持
したが、しかし中国はどうしても許容しようとしなかった。

 台湾をWHOから締め出す代わりに、中国がWHOの情報を台湾に連絡するこ
とになっているが、台湾の関係者は一様に不信感をあらわにする。

 感染症の研究などを進めている国家衛生研究院の幹部は中国の対応について「
効率が悪く、連絡にいつも時間がかかる。全く伝わってこない場合もある」と述べた。

 こうした状況の下、台湾は昨年、ついに「台湾」名義で正式加盟を申請した。
陳水扁総統が今年3月の総統選をにらみ、台湾独立問題を総統選の争点とするための措
置とみられた。中国がいっそう反発したのは言うまでもない。

 20日に台湾総統に就任する馬英九氏は従来のオブザーバー参加方式に戻す意向
を示しているが、今年のWHO総会はその前日の19日に開幕する。そのため、台湾当局
は正式加盟とオブザーバー参加の2方式を推進することになるが、中国の姿勢からみて
、いずれも“門前払い”されそうだ。

●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬



関連記事
スポンサーサイト
高雄県大樹郷産の最高級ドラゴンライチのご紹介【申込締切:6月6日】 (転載) | Home | 日本李登輝友の会入会案内

コメント

放送を見たですか!
ありがとうございますといいたいところですが、
恥ずかしいですね。

まぁ~終わって
今ほっとしています

     阿貴

2008/05/21 (Wed) 16:10 | 阿貴 #- | URL | 編集
中国の手足口病

WHOの公式ホームページによると、
http://www.who.int/csr/don/2008_05_01/zh/
2008年5月1日 -- 截至4月29日,共报告了1884例婴幼儿因肠道病毒(EV-71)引起的手足口病,包括20例死亡。

中国では、すでに、手足口病に2万人が罹り、50人位の子供が死亡したようです。この患者数は、まだ増加しそうで、北京オリンピックにも影響するかも知れません。中国は、台湾にこのことを通報したようですが---

卫生当局已通报世界卫生组织、香港特区卫生署和台湾省卫生署。

WHOの表記では、「台湾省」衛生局、となっていますね---。

(今日、5月21日午前の青森放送に出町さんが出演しましたね。よかったです。)

2008/05/21 (Wed) 13:55 | 下屋宏幸 #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

重症急性呼吸器症候群 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…

2008.06.08 (Sun) 02:33 | 気になるワードを詳しく検索!
このページのトップへ