スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年6月29日(日)青森日台交流会台湾料理教室 レシピ

台湾料理教室レシピ
平成20年6月29日(日)青森日台交流会台湾料理教室IN浪岡中央公民館

【料理教室レシピ】

炒米粉   焼きビーフン  
菜包     炒めた大根を包んだおもち
山薬湯    長いものスープ



メニュー 
【1】 焼きビーフン(炒米粉)(ビーフンは台湾・新竹の名産品です)

材料(10人前):  ビーフン  1.5袋
            キャベツ  2分の1
            人参    一本 もやし 1袋
            たまねぎ  一個
            豚肉    400g
            干し椎茸  半袋(約50g)
            干しえび  1袋(約20g)

調味料:塩(小さじ2)、胡椒(適量)、醤油(20~30cc)、サラダ油(大さじ3~4)

前準備:ビーフンをぬるま湯につけて、柔らかくなるまで。(つけすぎは禁物)
     干し椎茸、干し蝦はお湯につけて戻す。(戻し汁は捨てずに使います)
     豚肉、人参、キャベツ、たまねぎは食べやすい大きさに切ります。
作り方:熱くしたフライパンにサラダ油を入れます、豚肉を入れて炒めます(強火)、
     少し色が付いたら、残りの野菜も入れて炒めます、
     軽く炒めたら、ビーフンと干し椎茸の戻し汁も入れて蓋をして、
     少し蒸し焼きにします、2分~3分くらいで蓋を開け、塩、胡椒で味付けをします。
     (炒める時にビーフンを切らないように気をつける)全体的になじませたら、
     最後は弱火にして醤油で味を調えて、出来上がりです。

メニュー
【2】 菜包 (炒めた大根を包んだお餅です)

材料(10人前):うるち米粉4割 もち米粉6割 あわせて500gくらい
         切干大根  3袋 (150g)
         人参    1本
         干しえび  半袋 (20g)
         干し椎茸  半袋 (50g)
         豚肉    400g

調味料:塩(小さじ2)、胡椒(適量)、醤油(10~20cc)、サラダ油(大さじ3~4)

前準備:干し椎茸、干し蝦はお湯につけて戻す。(戻し汁は捨てずに使います)
     切干大根はぬるま湯につけて柔らかくなったら、軽く水を切ります。
     大根、干し椎茸、豚肉、は食べやすい大きさに切ります。人参は千切りです。

生地の作り方:うるち米ともち米をボールに入れて混ぜます。ゆっくり水を投入してこねる。
         有る程度こねたら、生地を少しお湯でゆでます。
         ゆでた生地は少し水分をふき取ったら、生の生地と合わせます。
         よく混ざったら、具を包みます。

具の作り方:熱くしたフライパンにサラダ油を入れます、豚肉を入れて炒めます(強火)、
        豚肉の色が付いたら、人参、大根も入れて少し炒めます。
        干し椎茸、干しえびの戻し汁も入れて蓋をして、少し蒸し焼きにします、
        汁がなくなるまで炒めたら、塩、胡椒、正油を入れて味付けしたら、
        お米の生地に包み、蒸し器で15分~20分蒸したら、出来上がり。

メニュー
【3】 山薬湯 (長いものスープ)
材料10人前:長いも  半本
        人参   1本
        セロリ  少し
        ネギ   少し
        鶏肉   少し

調味料:塩(大匙2~3)、ネギ油 少し、酒(10cc)

作り方;長いも、人参は皮を剥いて、一口サイズに切ります。
     セロリは細かく切ります。鶏肉は細長く切ります。

     お湯が沸騰したら、鶏肉を入れます。アクをとったら、人参を入れます。
     少し煮たら、長芋も入れて、軟らかくなるまで煮込みます。
  
    人参と芋が軟らかくなったら、塩、ネギ油、お酒で調味します。
    出来上がり直前に、刻んだセロリ、ネギも入れれば、出来上がり。

関連記事
スポンサーサイト
【天妃祭写真報告その3】 行列編 | Home | 靖国神社御霊祭り

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。