お父さんの気持ちを

華流より台流
台湾語(ホーロー語)歌謡より、もっと少ない、客家語歌謡(ハッカ語別名山歌)が、

台湾語(ホーロー語歌謡みたいに若者に新鮮な感覚で受け入れられ、

カラオケの定番になることを祈っております。

でも多分 台湾語(ホーロー語)より難しいだろう!

客家語(ハッカ語)歌謡が消えて欲しくないんです。

なぜ私は客家語(ハッカ語)歌謡が消えるという心配をしているのかといいますと。

まだ 台湾に居た時に、学校でも、会社でも、

客家語を使わないんで、北京語かもしく台湾語(ホーロー語)で

会話しています。台湾語(ホーロー語)を使う人の方が多いから、ついつい 合わせちゃうんです。

そのせいで、家に居る時に、両親は客家語(ハッカ語)で、

私は北京語で会話していました、まぁ~両親に怒られたけどね。

客家人(ハッカ人)なのに、客家語(ハッカ語)が言えないなんて恥だ,
って。

そして お父さんが私達に客家語を興味持たせる為に、賞金を励みにして、

客家語の歌が歌えるんなら、一曲台湾元100元をあげるというやり方に出た。

五人兄弟の中で歌わなかったのは、私だけでした。

まぁ~反抗期って時期かな!

その時はお父さんの真意が分からなかった。

結婚して、子供にも恵まれてから、ここで初めて、お父さんの気持ちを理解した。

だから、気づいた今から、子供達に客家語を教えています、客家語の

発音の記憶はもろいけどね、大丈夫かしら?!  


                     阿貴
関連記事
スポンサーサイト
台中旧新富現光復国小出身で 読者便り | Home | 台流:五月天が中国で台湾語曲を熱唱 <台湾の声ニュース> 2005.10.24

コメント

青森にも台湾の方が居るとは思っていましたが交流会がある事は分かりませんでした。台中からのメールを見て始めて知りました。私は 台中旧新富現光復国小出身で 46年(昭和21年)に日本に帰りました。年に1度東京で台中会、がじゅまる会、椰子の葉会等をやっています。 

2005/10/28 (Fri) 12:02 | esaka #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ