【シンポジウム】「どうなる日台関係!」 (転載)

講演会 行事 案内
案内をみると9月14日(日)に九段会館で、
豪華なメンバーでシンポジウムを開く模様です。
いや~行きたいですね。
でも私は今年で、すでに2度も東京に行ったので、
今回は無理ですね。
いや~でもいきたいですね~~
ご都合よろしいの方はどうぞ奮ってご参加ください。
よろしくお願いいたします。


以下は日本李登輝友の会メルマが日台共栄より転載です。

【シンポジウム】「どうなる日台関係!」

日本李登輝友の会メルマが日台共栄より転載

3月の総統選挙で国民党の馬英九氏が圧勝し、5月に馬英九政権が発足しました。馬総統は就任演説で台湾を強調したものの「中華民国」や「中華民族」という言葉も頻出し、政権発足後は週末チャーター直行便など中国との関係改善を最優先する政策を次々と実行して、その急激な中国傾斜が気になるところです。

一方、日本との関係は、台湾遊漁船と日本の海上保安庁の巡視船の衝突事故が起こり、これまで最良と言われていた日台関係に陰りが見え始めたようです。
つきましては、来る9月14日、「どうなる日台関係!」と題し、台湾・国家安全会議の日本担当諮問委員の楊永明氏による基調講演(日本語)、また、現在の日台関係を語る上で欠かせない岡崎久彦、黄文雄、櫻井よしこ、田久保忠衛、林建良の各氏をパネリストに、日本文化チャンネル桜代表の水島総氏がコーディネーターという豪華メンバーによるパネルデスカッションをもってシンポジウムを開催します。
ご参加の方は準備の都合上、FAXかメールにて事前にお申し込みください。本会ホームページの「お申し込みフォーム」からも簡単にお申し込みできます。



■日 時  平成20年9月14日(日) 午後2時~7時(1時30分開場、懇親会:5時~7時)

■会 場  九段会館 2F 鳳凰の間

東京都千代田区九段南1-6-5 【交通】JR・地下鉄 九段下駅(4番出口)徒歩1分

基調講演:

楊 永明(国家安全会議諮問委員、台湾大学政治学部教授)

パネルデスカッション:

岡崎久彦(岡崎研究所理事長・所長)、
黄 文雄(評論家)、
櫻井よしこ(ジャーナリスト)、
田久保忠衛(外交評論家)、
水島 総(日本文化チャンネル桜代表)、
林 建良(メルマガ「台湾の声」編集長)        

[敬称略 50音順]

■参加費  2,000円

■懇親会  会員:8,000円 一般:10,000円 真珠の間(3F)5時~7時

*当日入会者も会員扱いと致します。

■申込み  本会ホームページのお申し込みフォーム、FAX、メールにて

HP http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0022.regFAX: 03-5211-8810 E-mail:info@ritouki.jp

■締 切  9月9日(火)

■お問い合せ・主催

日本李登輝友の会[会長 小田村四郎]
〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号 TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
E-mail:info@ritouki.jp ホームページ http://www.ritouki.jp/------------------------------------------------------------------------------
■シンポジウム「どうなる日台関係!」(いずれかに○をつけて下さい)

お名前:           (会員・一般) 電話:            

シンポジウム:ご出席・ご欠席   懇親会:ご出席・ご欠席



台湾の声:http://www.emaga.com/info/3407.html
関連記事
スポンサーサイト
中国語を支える日本語 2008.8.20 07:58 産経新聞  (転載) | Home | 台湾人はとても素敵だった (転載)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ