スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾は 「Chinese Taipei」 を喜んで名乗っているではない

「管理人阿貴」 だより
台湾は 「Chinese Taipei」を喜んで名乗っているではない!
チャイナドレスは台湾の民族衣装ではない!

北京オリンビックはおわりました。
皆さんは観戦して、日本チームを応援してましたか?
そして台湾チームは「Chinese Taipei」という名前で出ているのを気つきましたか。
気ついているひとは、結構いました。

なぜなら、私の周りからでも質問疑問がでていました。

台湾はなぜ「Chinese Taipei」という名前で出ているの?
台湾は中国と同じ国で違うチームなの?
台湾はなぜ「台湾」という名で出ないの?
「Chinese Taipei」は中国の圧力のせいで、
この名前でなければ、オリンビックに出られないことは知っていますが、
台湾人はどう思っているの?
と以上の質問疑問を受けました。

中国の圧力のせいで、台湾は「Chinese Taipei」という名前で、
オリンビックに参加しています。

けれど台湾人はいい気持ちな訳がない。
日本国に「中国地方」という名で出なさいということになったら、
喜びますか?考えにくいでしょうか?台湾人の気持ちが。

国際交流の場で、私はなるべくそういう話を自らしないようにしています。
しかし、質問は絶えませんね。

私の顔を見た瞬間、
「Chinese Taipei」!!!と言われた、
それも結構複数の人から。

私はどういうリアクションをすればよいでしょうか???

知り合い、友人は別に悪気はないですが、

私もまた口が下手なところで、すぐ熱くなって、弁論というか、反論というか、
容赦なく、言いたいことを言いました。

そういう私を見て、
周りは「まだ始まった」と思っている。
けれど悪いのは、熱くなった私でしょうか?!

何度も説明したのに、みんな信じないから、
国際交流の場でそういう話をすべきではないと思っているのに、質問するから、
答えたら、結局それは私が「中国嫌いだから」だからそういう話をすると思われて。
もう嫌になります。

国際交流に参加していると、今まで何度も聞かれたことがあります。
台湾の民族衣装持ってますかと、
私は「持ってません」とこたえましたが、
結構多くの人は、チャイナドレスは台湾の民族衣装だと思っている。
そして、台湾人なら、だれでも持っている。
いわば日本の浴衣、着物みたいに、
「一着、二着くらいは持っているでしょう」という考えです。

しかし 大きな声でいいますが、
チャイナドレスは台湾の民族衣装ではありません。
確かに、台湾は中国文化の影響が大きい。
けれど台湾は中国文化が影響しても、
ちゃんと台湾文化、台湾料理、台湾民族衣装などが存在しています。

それともうひとつ、多くの台湾人は漢民族ではありません。
台湾はちゃんと台湾の民族あって、
日本の人々に、理解して、分かってほしいのだ。

最後に、熱くなってすみません。

よろしければ、クリックしてください。

         よかったら、これも押してくれ!ありがとう!
関連記事
スポンサーサイト
台湾で三十万人デモー参加者から日本へのメッセージ   | Home | 長崎県だけではない 青森県も台湾大使の表敬拒否

コメント

同じ東アジアの友邦として、ともに歩んでいきましょう

佐さんへ
コメントをありがとうございます。

確かに、過去の歴史は、学校がすべてを教えてなければ、
親から教わることもなければ、「知らない」という人はいいます。

逆にそうだったでも、知っているひとはいます。

本会は何かの知るきかけになればいいなと思い、
活動しています。

例えば台湾は台湾で、中国の一部ではない、
日本政府に在日台湾人の国籍を「中国」記載するのを訂正してもらいたいとか、

声を上げなければ、ずっと知らされていないかもしれません。
だから我々はできることからやっています、
周りから、地元から発信しています。

交流に「政治」を入れるなといわれたこともありますが、
国籍記載に間違いがあれば、もはや政治と関係ないとはいきれない。

日本は台湾の良き古い友です。
台湾は日本の生命線です。
これを理解している日本のかた、台湾の方、
増えていますが、まだまだ努力必要ですね。

最後の
<同じ東アジアの友邦として、ともに歩んでいきましょう。

に感動しました。
涙は出てはいないですが、感動しました。
そのとおりです。まったく賛成です。

これからも応援をよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

    管理人 阿貴

2008/09/06 (Sat) 23:09 | 阿貴 #- | URL | 編集
はじめまして。

阿貴さんのブログ、楽しく拝見させていただいております。お住まいのBlue Forest、青森は仕事で何度か訪れました。津軽弁ってやっぱり聞き取り辛いですね、同じ日本人同士でも(笑)

台湾と日本のこと。

悲しいですが、大東亜戦争終結の後に生まれた日本人で、かつての台湾と日本の関係を詳しく知る人は少ないと思います。なぜならば、学校の社会の授業で詳しく教えないから。子供は、ヒナが親鳥にエサを与えられるように、与えられた物しか得る事が出来ないから。

でも、今は違うと思います。知識は与えられるのではなくて、自分から得る、という事に目覚めてきているのではないでしょうか。
インターネットの普及により、台湾と日本の過去の交流は周知となりつつあります。

「日本がアジアをダメにした!」「侵略したのだから謝罪しろ!」って洗脳している団体が日本には数多いです。確かに、日本が行った行為で良くない面もあるとは思います。悪かった事は反省すべきです。でもそれと共に、一緒になってアジアを盛り上げていこう、と頑張っていた日本を知って欲しいです。

若い世代の日本人は台湾が好きですよ。なぜって、台湾の方の多くが日本を「好きです」って言ってくださるから。好きって言われて良い気にならない人間なんて居ませんよ!日本人って結構お調子者です。おだてられると木にも登っちゃうモンです。私も台湾は好きです、あ、間違えました「大好きです」。今、登った木の上で書き込みしています(笑)

同じ東アジアの友邦として、ともに歩んでいきましょう。

2008/09/06 (Sat) 01:01 | 佐 #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。