スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾で三十万人デモー参加者から日本へのメッセージ  

台湾正名運動
【産経記事】台湾で初の反政権デモ   (転載)

2008.8.31 産経新聞

30日、台北の総統府前で行われた馬英九政権への抗議デモ(共同)30日、台北の総統府前で行われた馬英九政権への抗議デモ(共同)

 【台北=長谷川周人】台北市内で30日、中国に急接近する台湾の馬英九政権に反発する独立派らの呼びかけで大規模な抗議デモが行われた。集会は一般住民も合流して膨れ上がり、今年5月の政権発足以降、最高規模となり、社会に根付く「台湾人意識」を改めて内外に示した。

 市内2カ所から出発したデモは主催者側発表で「約30万人」となり、最終合流地点の総統府前を埋め尽くした。集会には野党・民主進歩党の首脳陣も加わり、蔡英文主席は党の再建を誓い、支持を呼びかけた。

 対中融和による経済振興策を掲げる馬政権は27日、発足から100日は迎えたが、中国人観光客解禁による経済効果が見えず、原油高による物価上昇なども逆風となり、支持率は低迷したままだ。経済指標をみても、株価は下げ続け、失業率も4・06%と就任時より0・22ポイント悪化した。

 27日付の台湾紙・聯合報の世論調査では、支持率は47%と、7月の40%よりは持ち直したが、就任時の66%とはなお大きな開きがあり、経済状態にも53%の人が「不満」と回答した。

 だが、民進党も、下野後の体制立て直しが遅れている。総統府機密費の横領疑惑に加え、党主席を歴任した陳水扁前総統による資金洗浄疑惑も表面化し、同世論調査では支持率11%と過去最低を更新した。民進党は当面、来年12月の統一地方選を目標に置くが、党内は一枚岩とはいえず、「台湾人路線」の再起を求める住民の声を選挙に反映できるかは不透明だ。

『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html




この動画は「台湾玉山時事台」より転載です。
http://vivataiwantv.blogspot.com/2008/08/830_31.html#comment-form



よろしければ、これを押してください。
人気ブログランキングへ


以下はブログ「台湾は日本の生命線」より転載です。
関連写真を見ることができます。
http://
mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-487.html

八月三十日は国民党の馬英九政権が発足して百日目。この日、台北では台湾独立勢力による反政府デモが行われ、じつに「三十万人」(主催者発表)が参加した。台北・凱達格蘭大通りを埋めたデモの群集以下はデモに参加した台湾の知人女性からの日本人へのメッセージ。これが「参加した民衆の声」だそうだ。馬英九政権の投共媚共(中共への投降・媚態)は強まるばかり。ここで台湾本土派が声を上げなければ、自ら亡国を宣布するに等し...
台湾で三十万人デモー参加者から日本へのメッセージ



関連記事
スポンサーサイト
グローバル・トーク 第30回「台湾料理を作ろう!」 参加者募集中!締め切り9月4日(木) | Home | 台湾は 「Chinese Taipei」 を喜んで名乗っているではない

コメント

台湾加油。我愛台湾。

2008/09/02 (Tue) 00:49 | 松田 #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。