スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『李登輝元総統 沖縄ご講演参加ツアー』のご案内

日本李登輝友の会
以下は「日本李登輝友の会」HPより転載です


『李登輝元総統 沖縄ご講演参加ツアー』のご案内
http://www.ritouki.jp/ ~本会会員のみ歓迎レセプションに参加可~

 ご案内のように、来る9月23日、李登輝元総統は沖縄・宜野湾市で「学問のすゝめと日本文化の特徴」と題した講演を行います。つきましては本会からも多くの方に聴講していただきたく、ここにご案内申し上げます。

 参加方法は下記の2通りです。どちらかご都合のよい方をお選び下さい。

 ◆『李登輝元総統 沖縄ご講演ツアー』に参加する(羽田空港発着) → 日程詳細/お申し込み
   ・ツアーには歓迎レセプションへの出席も含まれています。
   ・李元総統のお出迎えからお見送りまでを含めたFコースと、リーズナブルなAコースの2種類をご用意。
   ・その他の空港発着をご希望の場合は現地参加をご選択下さい。その際、現地までの航空券はご自身の手配となります。
   ・歓迎レセプションへの出席は本会会員のみとなります。非会員の方は、同時に入会案内をお送りいたしますのでご入会をお願いいたします。

◆講演会前売り券を購入する → お申し込み 【締切 9月16日】
   ・歓迎レセプションへの出席は本会会員のみとなります。非会員の方は、こちらから同時に入会をお願いいたします。
   ・前売り券のみのご購入は、沖縄県内の下記書店でも可能です。詳細は下記までお問い合わせ下さい。
    球陽堂書房(那覇店:098-951-3456 西原店:098-882-9280)


◆「学問のすゝめと日本文化の特徴」講演会開催について

 今般、中華民国(台湾)民選初代総統・農学博士・李登輝氏を招聘して、標記講演会を下記の通り開催致します。

 22歳まで「日本人」として育ち、日本人以上に日本を愛する李登輝博士は、自らは台湾の民主革命を指導する一方で、戦後日本社会の精神的荒廃を嘆き、日本文化や日本精神の再興を願って「日本人よ、誇りを取り戻そうではないか」と、熱く訴えていることでもつとに有名です。今回初めて沖縄を訪れる李登輝博士には、学問のすゝめ、日本文化の特徴、日本および沖縄人の生き方などについて、日本語で、縦横に語って頂く予定です。

 各位におかれては、この機会に、李登輝博士の講演会に参加され、博士の熱意に触れて頂くようご案内申し上げます。 

 敬具

 2008年8月13日
 李登輝博士「学問のすゝめ」講演会実行委員会
 実務責任者 琉球大学教授 永井 獏(實)


■日 時:2008年9月23日(火/秋分の日)午後3:00-5:00(2:30開場)

■場 所:沖縄コンベンション劇場

〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1
TEL:098-898-3000 FAX:098-898-2202

■入場料:1,000円(当日2,000円)、学生はいずれも半額
なお、当日午後6:30よりラグナガーデンホテルにおいて「李登輝博士歓迎レセプション」(参加費10,000円、同伴者5,000円)を開催予定。

■主催
李登輝博士「学問のすゝめ」講演会実行委員会
沖縄県九州大学同窓有志会(宮城信勇会長)
(財)南西地域産業活性化センター(當眞嗣吉会長)
NPO琉球大学産学連携研究会(永井獏代表)

■協賛
(社)沖縄県経営者協会(知念榮治会長)
球陽堂書房(山田親夫社長)
リューセロ株式会社(知名洋社長)
(有)沖縄観光速報社(渡久地明社長)

■後援
沖縄県(仲井真弘多知事 知事には来賓出席を要請)
(財)沖縄観光コンベンションビューロー(平良哲会長)
NHK沖縄放送局(熊谷雅宣局長)
沖縄タイムス社(岸本正男社長)
琉球新報社(比嘉辰博社長)


--------------------------------------------------------------------------------

◆【「早い時期に沖縄を訪問し、台湾と沖縄の協力関係を考えたい」 2002年の沖縄タイムスインタビューから】

 李登輝元総統の、退任後の訪日は昨年の東京・奥の細道探索に続く4回目だが、今回は初の沖縄訪問となる。
 沖縄と聞くと意外な感じもするが、李氏はすでに総統退任から2年後の2002年(平成14年)に沖縄訪問への熱意を沖縄タイムスの単独インタビューで語っている。その一部を引用してみる。

 【台湾の李登輝前総統(79/当時)は、台北市内で本紙(沖縄タイムス)の企画「沖縄の海図」(担当・多和田真助編集委員)の単独インタビューに応じた。李氏は一貫して沖縄問題に強い関心を示し、「沖縄は日本に帰属してよかったと思う。財政依存に頼るだけでなく、沖縄全体がもっと自主性(主体的・自立的)を発揮すべきだ」とのスタンスを促すとともに、在沖米軍基地は「日本にとっての生命線であり、アジアの安定にとって非常に重要」との認識を示した。
 李氏は台湾、中国、沖縄について熱っぽく語り掛け、「早い時期に沖縄を訪問し、台湾と沖縄の協力関係を考えたい」との希望を語った。
 その具体例として、与那国島と台湾の間の海流を利用した発電所構想を李氏のシンクタンク「台湾総合研究院」で研究中だと話した。】


 また、6月に勃発した日台間の尖閣諸島問題は記憶に新しいところだが、李登輝元総統が以前から「尖閣諸島は日本の領土」と明言しているのはよく知られている。尖閣問題についても、このインタビューで明快に答えている。


 【また、尖閣諸島の領土問題について「中国が領土だと主張するのは、石油埋蔵の問題があったからだ。だが、同諸島には軍隊が駐留しているわけでもない。尖閣は明らかに日本の領土」と断言。「香港の人に扇動された台湾漁民が騒いでいたにすぎない」と強調した。
 その上で重要な問題は戦前、日本政府と台湾漁民との間で交わされた同諸島の漁業権だ―として「日本側は漁民の要求に真剣に向き合ってほしい」と期待した。
 与那国島上空に設定されている台湾の防空識別圏については「総統就任時、軍に十分注意するよう言った」と述べるにとどまった。
 総統時に提唱した沖縄への十億ドル投資計画については、法人税率が高すぎて計画は既に頓挫している―と明かした。
 李氏は二〇〇〇年に総統を退任。現在、台湾総合研究院名誉会長を務めている。】(2002年9月14日付・沖縄タイムス)

 ※李氏への単独インタビュー「沖縄の海図」は本会ブログもしくは下記のPDFファイルをご覧下さい。

 


--------------------------------------------------------------------------------

◆【李登輝元総統の9・23沖縄講演会場は沖縄コンベンションセンター】
     ~講演テーマは「学問のすすめ」~

 前号で共同通信の記事を基に「李登輝元総統が9月23日に沖縄・琉球大学で講演!」とお伝えしたが、毎日新聞は「23日に同県宜野湾市にある沖縄コンベンションセンターで、『学問のすすめ』をテーマに講演する予定」と伝えている。

 主催者側は「講演会場は宜野湾市にある沖縄コンベンションセンターだが、どうして琉球大となってしまったのか……」といささか困惑気味だ。ご講演のテーマも読売の報道では「日本文化」となっていたが、「学問のすゝめ」だ。

 主催者側は本日午前、正式に記者会見を開いてプレス発表する予定だそうなので、それを踏まえて詳細を本誌でも掲載したい。

 それにしても、ご講演のテーマが「学問のすゝめ」とは何ともおもしろい。現在、李元総統は講演の草稿作成に熱心に取り組まれているとも漏れ聞くが、もちろん思い出すのは福澤諭吉の『学問のすゝめ』だ。明治維新直後、国民の精神革命をめざして自由平等・独立自尊の理念を掲げ、西洋的実学を奨励したのが福澤の『学問のすゝめ』だった。日本人の10人に1人が読んだとされる大ベストセラーで、今でも読み継がれている。

 その点で、李元総統がその在任中に「心霊改革」を成し遂げようとしたことを思い出す。「心霊」とは、魂、心の教育のことであり、李元総統は小林よしのり氏との対談の中で「道徳というよりも、いわゆる魂、日本精神ですよ。精神をしっかり持てという意味」(『李登輝学校の教え』小学館文庫)と説明している。

 よく知られているように、ここに言う「日本精神」とは、台湾では「勤勉、正直、約束を守る」などを意味する台湾語であり、反対を「中国式」という。

 民主化が進み経済的にも豊かになった台湾社会には、逆に心の不安や精神の腐敗が生じ、功利主義的になったり、自己中心的に考える人間が出てくるので、それを教育によって是正する必要があるとして唱えたのが「心霊改革」だった。

 夏目漱石の「則天去私」にヒントを得た李元総統は「私は私でない私」という哲学的箴言を生み出したことを思い出す人も多いかと思われる。その点で、李元総統の著書や講演などではこれまで夏目漱石、阿部次郎、倉田百三、西田幾多郎、鈴木大拙などの名前は出てくるものの、福澤諭吉の名前はあまり聞かない。

 今度の李元総統のご講演が福澤の『学問のすゝめ』と直結しているのかどうかは定かではないが、李元総統がまた新たな境地を切り開こうとしていることだけは確かなようだ。大いに期待したい。【8月13日付・本会メールマガジン『日台共栄』837号】


--------------------------------------------------------------------------------

◆【李登輝元総統が9月23日に沖縄・琉球大学で講演!】
    ~ テーマは「日本文化」~

 昨晩、李登輝元総統が9月に沖縄の琉球大学で講演されるというニュースが駆け巡った。読売新聞が最初に報道したようだ。

 5月11日の本誌で、八田與一技師の墓前祭を終えた石川県金沢市の「八田技師夫妻を慕い台湾と友好の会」(中川外司・世話人代表)が淡水に李前総統を訪問した折の5月9日、石田寛人・金沢学院大学長が李元総統に年内の同大での講演を依頼したところ、李元総統が「承知しました」と答え、その時期について「もみじのころ、九月か十月」と表明されたことを北國新聞の記事を引用して紹介した。

 大方がその予定で進むだろうと期待していたところ、何と予想もしない沖縄ご講演のニュースだ。

 琉球大学といえば、もちろん国立大学法人だ。報道では主催がどこなのかが不明なので、琉球大学が主催者なのか、単に会場だけなのかは明確でない。

 しかし、例え会場であったとしても国立大学で開かれる意義は小さくない。なぜなら、母校の京都大学で李登輝元総統の講演会が開かれてもおかしくないからだ。確かに昨年6月6日、総務省及び文部科学省の設立認可を受けた公立大学法人である秋田・国際教養大学で講演されているので国立大学法人での可能性も開けた。それが琉球大で開かれるとなると確実性が増したことになり、母校・京都大学での講演が完全に視野に入ることになる。

 もし琉球大学が主催者であればなおさらのことで、琉球大で講演される意義の決して小さくない。

 講演の詳細が分かり次第、本誌でもお伝えしていくが、いったい沖縄でどのような「日本文化」に関する講演をされるのか興味津々だ。馬英九政権や日台関係についても言及されるかもしれない。また、共同通信が伝えるように「尖閣諸島や中台問題に言及するか」も気になるところだ。

 この講演は見逃せない。本土からも多くの関係者が駆けつけるのではないかと思う。今から楽しみである。【8月11日付・本会メールマガジン『日台共栄』836号】

参加形態は、9月22日のお出迎えから25日のお見送りまでを含んだ「Fコース」と
                 23日の講演会参加を主とした「Aコース」の2パターンをご用意いたしました。


【Fコース(下記3行程から選択)】

◆飛行機
行き 9月22日 ANA-993便(羽田6:35発)またはANA-121便(羽田7:55発)のいずれか
帰り 9月25日 原則ANA-992便(沖縄20:30発)、但し他のANA便も相談可(割増あり)


◆ホテル 宜野湾・ラグナガーデンホテル(朝食付き)


 F-1コース(航空料金、ホテル代、現地移動費、講演会・歓迎レセプション参加費含む)
  ※料金 シングル120,000円 ツイン96,000円

 F-2コース(ホテル代、現地移動費、講演会・歓迎レセプション参加費含む)
  ※料金 シングル 85,000円 ツイン 61,000円

 F-3コース(現地合流、飛行機・ホテルなし。現地移動費、講演会・歓迎レセプション参加費のみ含む)
  ※料金 30,000円

 ※お申し込みはこちらのお申し込みフォームから
 ※メール・FAXでのお申し込みをご希望の方は、下記のお申込書をご利用下さい。

  お申し込み書→


--------------------------------------------------------------------------------

【Aコース(下記3行程から選択)】

◆飛行機
行き 9月22日 原則ANA-993便かANA-121便、但し他のANA便も相談可(割増あり)
帰り 9月23日~25日 原則ANA-992便(沖縄20:30発)、但し他のANA便も相談可(割増あり)


◆ホテル 那覇市内 サンパレス球陽館ホテル(朝食付き)

◆こちらのAコースには歓迎レセプションへの参加が含まれておりませんが、+10,000円で歓迎レセプション参加可能です(A-2コース、A-3コースのみ)。


 A-1コース(1泊2日、航空料金、ホテル代、講演会参加費含む)
  ※料金 シングル 44,000円 ツイン 41,500円

 A-2コース(2泊3日、航空料金、ホテル代、講演会参加費含む)
  ※料金 シングル 51,000円 ツイン 46,000円

 A-3コース(3泊4日、航空料金、ホテル代、講演会参加費含む)
  ※料金 シングル 58,000円 ツイン 50,500円


 ※お申し込みはこちらのお申し込みフォームから。
 ※メール・FAXでのお申し込みをご希望の方は、下記のお申込書をご利用下さい。

  お申し込み書→


【お申し込み・お問い合わせ】担当:柚原、片木、薛




関連記事
スポンサーサイト
【ご案内】日本李登輝友の会編DVD 許世楷代表ご夫妻送別会  | Home | 【ご案内】井尻秀憲・著 『李登輝の実践哲学-五十時間の対話』特別販売

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。