【国連オブザーバー参加】今年も門前払い (産経新聞)

台湾WHO加盟問題
【国連オブザーバー参加】今年も門前払い

9月19日 産経新聞

 【台北=長谷川周人】国連総会の一般委員会は17日(米東部時間)、国連専門
機関への台湾のオブザーバー参加を求める提案を総会の議題として認めない決定を下し
た。“門前払い”は今年で連続16回目となり、台湾外交部(外務省)は18日、「決定は遺
憾」とする声明を発表した。馬英九政権は今回、国連加盟ではなく、専門機関への参加
を目指す方針に転換し、中国に対して譲歩する形となったが、中国は一切妥協しなかっ
た。

 5月に発足した馬政権は8月中旬、「中華民国の国連復帰」をめぐる問題で、陳
水扁前政権が「台湾」名義での国連新規加盟を目指したのに対し、「国家名義」での加
盟申請は当面、見送る方針を発表した。
中国との間で外交関係を有する国を奪い合う“外交合戦”を停止し、台湾の「
国際社会における活動空間の拡大」を目指すのが、馬政権の基本政策。新方針では、国
連加盟は提示せず、「国連専門機関活動への有意義な参加を求めていく」とした。

 しかし中国の王光亜国連大使は8月下旬、専門機関への参加についても「『二つの中国』を作り出すものだ」とし、抗議の書簡を潘基文国連事務総長に提出。「一つの中国」という原則を理由に「(台湾に)専門機関への参加資格はない」と主張し、中国からの妥協を期待した馬政権の思惑ははずれた。

 一方、米国在台協会(米国大使館に相当)は18日、台湾の国連専門機関への参
加を基本的に支持する方針を確認。日本の在台代表機関・交流協会も同様の立場を示し
た。

                    ◇

 【北京=時事】中国外務省の姜瑜報道官は18日の定例会見で、台湾が求めてい
る国連専門機関へのオブザーバー参加に関し、国連総会で審議すべきでないとの勧告を
一般委員会が決定したことについて、「多くの国連加盟国が『一つの中国』の原則堅持
を改めて体現したものだ」と評価、「両岸(中台)の中国人が協議で解決する問題だ」
と強調した。



『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html
『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)
<投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com



前駐日大使・許世楷さんによるWHO加盟問題に関いする報告をご覧ください。
http://shukuei.blog19.fc2.com/blog-entry-487.html#more
【報告】【 許世楷大使講演要旨】許世楷・台湾大使特別講演会in青森
関連記事
スポンサーサイト
【写真報告】グローバル・トーク 第30回「台湾料理を作ろう!」 | Home | 【房日新聞社説】台湾表記と地方分権 [房日新聞社客員論説員 古市 一雄] (転載)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ