スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【外登証正名】雪の降る中を青森駅前で街頭署名 [青森李登輝友の会 出町 淑貴]

台湾正名運動
【外登証正名】雪の降る中を青森駅前で街頭署名 [青森李登輝友の会 出町 淑貴]

 先週日曜日の14日、青森市内にあるホテルアラスカにおいて、日本李登輝友の会青森県
支部(大見光男支部長)が特別講演会&忘年会を開催しましたが、講演会の前日、我々は
青森駅前の通りで、外国人登録証明書の国籍記載を修正するように、署名を集めて、法務
省に送るという活動を青森市民に訴えました。

 寒い中、講師の永山英樹さんをはじめ、事務局長の中西功さん、副支部長の江坂庄一さ
ん、菊池晃副さんなど5、6人で署名活動を行いました。雪が降っているなか、指も、頬も
感覚が鈍くなっていく。しかし、足を止めて、署名してくれた方々がいました。「台湾が
大好き。応援してるよ」と、それを聞いたら、心が温かくなっていた。1時~4時までの署
名活動でしたが、74名の方が署名してくれました。

 翌日の特別講演会&忘年会の席上、中西事務局長が「これからも続けて署名を集めたい
と」と報告しました。

 私、出町淑貴(阿貴)も、参加者の皆様に署名活動への引き続きの協力をお願いしまし
た。また「私は中国人と思われるのが嫌」「在日台湾人に国籍に『台湾』と記載してもら
う権利はある」と訴えました。
関連記事
スポンサーサイト
青森李登輝友の会の「特別講演会&忘年会」報告 [本会理事 片木 裕一] | Home | 【報告】永山英樹氏が青森李登輝友の会特別講演会で台湾をアピール

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。