台湾を中国領土と教えるな! 転送・転載にご協力を!

台湾の声 メルマガ
管理人の阿貴からもお願い致します。

地図訂正要求の運動を拡大するにご協力を!!

この「決議文」を知人、友人、などに転送してください。

この重大かつ深刻な問題を発行元の教科書会社に、

訂正を訴えてください。

私も早速友人と知人にこの「決議文」を転送した、また抗議のメール

を各アドレスへ送信しました。

こんなささやかなことしかできなくって、でも皆様が一緒やって

頂ければ。もしかしたら、声が届いて、何かが変わってくるまもしれない。

しかし 黙ってみていても、何もしなければ、何も変わりません。

一人一人の小さな力を合わせれば、その小さな力も大きな力に変

わるのです。

ご協力ご支援のほど 宜しくお願い申しあげます。

  青森日台交流会 管理人 阿貴 

 



台湾を中国領土と教えるな!「10・10国民集会」決議文の

        転送・転載にご協力を!


以下は先日、台湾の声、日本李登輝友の会、台湾研究フォーラムが共催した
「10・10台湾を中国領と教える社会科地図を許すな緊急国民集会」での決議
文です。今後地図訂正要求の運動を拡大するに当たり、広く問題の所在を明
らかにし、あるいは協力者を求めるため、皆様には、ぜひこれを転送、転載
していただけますようお願い申し上げます。

知人・友人をはじめ、政界、教育関係者、メディア、有識者、諸団体、ある
いは文科省の職員等々にお送り下さい。または掲示板やHPに貼り付けてく
ださい。

                          台湾の声編集部


●下をご利用下さい。決議文の本文以外は、皆様のやりやすい形に書き改めて
いただいて結構です。皆様名義の文書に作り直しても構いません。よろしくお
願いいたします。       
           ↓    ↓    ↓

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【転送・転載自由】

           この決議文をお読み下さい!
             
中国のプロパガンダを受け入れ、台湾を中華人民共和国の領土と表記している誤
った教科書が文部科学省の検定に合格し、全国の子供たちに使用されている事実
をご存知ですか。ここにあるものは、先日東京で開催された緊急国民集会におけ
る決議文です。これをお読みになれば、問題の重大さが良くわかるはずです。ぜ
ひ文部科学省と、発行元の教科書会社に、訂正を訴えてください。


               決 議 文

中学校の教科用図書である帝国書院の『中学校社会科地図』と東京書籍の『新
しい社会科地図』は、台湾と中国との間に国境線を引かず、台湾を中華人民共
和国の領土とする表記を行い、それを文部科学省は教科書検定において合格さ
せ、その結果毎年百万人以上の中学生が学校においてそれらを使用させられて
いる。

しかし言うまでもなく、台湾は中国の領土ではない。よってこれら二つの社会
科地図の表記は明らかなる誤りである。これは国家の将来を担うべき青少年に、
誤った地理的知識を植え付けているという極めて重大かつ深刻な問題である。

このようなものを検定で合格させたことについて文部科学省は、「政府見解に
基づいたものであり、適切だ」と表明し、自らの判断を正当化しているが、我
が国の政府見解は当然のことながら、「台湾は中華人民共和国の領土と認めな
い」というものであって、そのような虚偽の説明を、我々国民は絶対に受け入
れることはできない。

そもそも台湾を中国の一部と極め付ける見方は、その島に領土的野心を抱く中
華人民共和国のものである。従ってこれら社会科地図の表記は事実上、中国の
一方的な主張を反映させただけのものであり、文部科学省が従っているとされ
る「政府見解」なるものにしても、それは日本政府のものではなく、中国政府
の「見解」なのである。

これは極めて恐るべき事だ。なぜならばこうした行為は、日本の中学生に中国
の政治プロパガンダを押し付けるに等しいものだからだ。中国覇権主義を正当
化し、あるいは台湾の人々の尊厳と感情を蹂躙するという、あってはならない
教育が現実に、これら社会科地図によって長年行われてきたということに、我
々は今更ながらに戦慄を覚える。

もはや単なる誤表記の問題に留まらない。我々国民はこのような現況を、断じ
て看過することはできないのである。

すでにこれら二つの社会科地図の平成18年度版が検定を通過し、来年度から
全国の学校で使用されようとしているが、帝国書院と東京書籍は「教科用図書
検定規則」第13条第1項に従い、誤表記の訂正申請を文部科学省に対して行
わなければならない。同じく文部科学大臣もまた同条第4項に従い、訂正申請
の勧告を帝国書院並びに東京書籍に対して行わなければならない。

文部科学省及び帝国書院、東京書籍は、これらを直ちに実行せよ。

以上を我々の要求とし、ここに決議する。

平成17年10月10日
                  
「台湾を中国領と教える社会科地図を許すな!」緊急国民集会 参加者一同

--------------------------------------------------------------

子供たちにウソを教えてはなりません!
地図の訂正をお願いしましょう!

●中山成彬・文部科学大臣
 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2衆議院第2議員会館701
 電 話 03―3508-7451
 FAX 03-3597-2757
 メール g03254@shugiin.go.jp 

●文部科学省(中山成彬・文部科学大臣)
 〒100-8959 東京都千代田区丸の内2-5-1
 電 話 03-5253-4111(代表)
 メール voice@mext.go.jp

●帝国書院(守屋美佐雄社長)『中学校社会科地図』
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-29
 電 話 03-3262-0520 地図編集部
 FAX 03-3262-7770
 メール manual@teikokushoin.co.jp

●東京書籍(河内義勝社長)『新しい社会科地図』
 〒114-8524 東京都北区堀船 2-17-1
 電 話 03-5390-7372 編集部
 FAX 03-5390-7220
 メール waltervogt@tokyo-shoseki.co.jp

◇台湾が中国領とされる地図の写真
 http://taj.taiwan.ne.jp/koe/unacceptable/chizucho.htm

★この問題を集中的に取り上げている
メールマガジン「台湾の声」の登録先
http://www.emaga.com/info/3407.html

★「台湾の声」のバックナンバー 
http://taj.taiwan.ne.jp/koe/




関連記事
スポンサーサイト
【読者便り】もう一つ知ってもらいたい常識 台湾の声 | Home | 【日台の絆】育櫻会が桜一万本を寄付

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ