スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【「第18回東京国際映画祭」黒澤明賞に台湾の侯孝賢監督】

最新日台NEWS

【「第18回東京国際映画祭」黒澤明賞に台湾の侯孝賢監督】
 
 29日、黒澤明監督の業績を後世に伝えるため、昨年創設された黒沢明賞が発表され、『非情城市』や『珈琲時光』の台湾の巨匠、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督が受賞した。
 昨年はスティーヴン・スピルバーグ監督と山田洋次監督が受賞し、スピルバーグ監督からは、尊敬する黒澤監督の賞を受けることが出来たことを光栄に思うとビデオレターが寄せられていた。
 会見には侯孝賢監督が出席し喜びのコメントを述べた。また、正式な授賞式は明日30日のクロージングにとり行われる。
 侯孝賢監督は『非情城市』でヴェネチア国際映画祭でグリンプリを受賞し、その名を世界に知られた。昨年は『珈琲時光』に日本の一青窈(ひととよう)が主演したことでも話題になった。
関連記事
スポンサーサイト
【日台の絆】育櫻会が桜一万本を寄付 | Home | まるごと台湾メルマガ・・台湾関係の情報です

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。