戰爭與和平紀念公園啟用 老兵獻唱 (転載)(漢文)

日台有情
以下は「日本之声」より転載です。 (21.5.20)

戰爭與和平紀念公園啟用 老兵獻唱
自由時報2009-5-20
http://www.libertytimes.com.tw/2009/new/may/20/today-south17.htm

位於旗津的「戰爭與和平紀念公園」將在今天啟用,昨天梁啟祥(左)與徐騰光(中)2位台籍老兵由工作人員引導參觀紀念館。 (記者黃志源攝)

國立高雄大學傳統工藝與創意設計學系將於23日下午2點起,在市立文化中心第一、第二文物館舉辦「同傳藝夢」畢業成果展,展出作品6大類超過200件,其中粘雅芬將崑曲「牡丹亭」人物化身為可愛交趾陶公仔,值得細細品味。
(圖:高雄大學提供/文:記者洪定宏)

〔記者郭芳綺/高雄報導〕為紀念二次大戰前後戰死海外的台籍兵,市政府在旗津海濱興建的「戰爭與和平紀念公園」今天落成啟用,除有百位經過歲月風霜的台籍老兵穿著軍服出席,同時將舉辦「許昭榮先生追悼會」,悼念他為爭取台籍老兵權利而自我犧牲,逝世剛好屆滿1週年。

「戰爭與和平紀念公園」的成立一波三折,以許昭榮為首的國軍台籍老兵暨遺族協會,經過10多年的奔走,在旗津海岸公園預定地,爭取到一公頃土地,準備興建戰爭與和平紀念公園。

不料,去年有市議員提案將此地更名為「和平紀念公園」,並移除公園石碑,引發風波。後來府會協商,雖然保住紀念公園原貌,條件是必須設「823砲戰戰歿者紀念碑」,許昭榮無法接受,去年5月20日,他在旗津海邊引火自焚,戰爭與和平紀念公園才得以正名。

市政府文化局昨邀請老兵徐騰光、許昭榮之女許淑召開記者會,宣布今天舉辦「戰爭與和平紀念公園」和「主題紀念館」落成啟用儀式,同時「台籍老兵的血淚故事」口述歷史已經付梓,還吸引日本媒體前來採訪。

文化局表示,啟用儀式下午4時舉行,由市長陳菊主持,除了百名台籍退役軍人和遺族外,許昭榮日籍友人也會抵台參與追悼會,與台籍老兵一同獻唱「水兵海葬歌曲」。

許昭榮之女憶父…爸,請您安息了
記者郭芳綺/專訪

「爸,請您安息了。」台籍老兵許昭榮的女兒許淑談到父親,數度哽咽,她說,誰都不希望自己的父親以這種方式結束生命,近1年來,全家都在煎熬中度過,如今戰爭與和平紀念公園落成,總算能安慰父親在天之靈。

回憶許昭榮,許淑認為父親始終都走在台灣歷史軌道上。她還小的時候,父親就被當成政治思想犯,因為閱讀「台灣獨立」書籍而鋃鐺入獄,他也當過日本兵、國軍,美麗島事件爆發後,甚至被迫流亡加拿大。

許淑說,父親從加拿大歸國後,就熱中為捍衛台籍老兵權利而奔波,花了20多年時間,耗盡畢生積蓄,仍然等不到政府給台籍老兵的公道。

她說,去年5月20日,父親決定用生命換取公道,在旗津引火自焚,對家人來說,是心中永遠無法抹滅的傷痛。

許淑表示,父親一生只關心台灣民主發展,很高興戰爭與和平紀念公園和主題紀念館在高雄市政府積極推動下終於落成啟用,只可惜父親來不及看到。


__._,_.___
Messages in this topic (1) Reply (via web post) | Start a new topic
Messages | Files | Photos | Links | Database | Polls | Calendar
日本之聲 介紹在日台灣人的活動,並提供日台交流的情報及資訊
歡迎轉載 轉載時請註明出處

投稿請寄本報編輯組: nihonnokoe@googlegroups.com
訂閱請寄空白信到: nihonnokoe-subscribe@yahoogroups.com
之後Yahoo將會寄一封確認信,題名為:Please confirm your
request to join nihonnokoe,收到此信後原封寄回即完成訂閱
手續。



以下は「台湾の声」より転載です  (21、5、20)
【NEWS、本日】戦争と平和記念公園落成および許昭栄氏追悼式典(高雄・旗津)

<台湾の声ニュース> 2009.5.20

本日(5月20日)、高雄市政府が第二次世界大戦前後に海外で戦
死した台湾籍軍人を記念して「戰争與和平紀念公園(戦争と平和記
念公園)」を旗津に整備し、本日落成式が行われる。

百名の台湾籍元日本兵が軍服で出席し、落成式と同時に「許昭栄先
生追悼会」を行い、台湾籍元日本兵の権利を求め、自らを犠牲にし、
その自決から本日ちょうど一周年になる許昭栄(きょ・しょうえい)
氏を追悼する。

同公園の設立には紆余曲折があった。許昭栄氏をはじめとする「國
軍台籍老兵および遺族協會」が10年以上にわたる奔走の末、旗津
の公園用地の権利を得て、戦争と平和記念公園を準備していた。

ところが、ある市議が、「平和記念公園」という名称に変更して、
石碑を撤去することを提案した。市政府と許昭栄氏らの協議の末、
元のままにするためには、国府軍と共産党軍の戦闘を記念した「
823砲戰戰歿者紀念碑」を増設することが条件とされた。許昭栄
氏は、これを受け入れず、公園予定地で焼身自決を決行し、「戦争
と平和記念公園」の名称を守った。

高雄市政府文化局は、昨日、元台湾籍軍人・徐騰光氏と許昭栄氏の
娘・許淑[惠に、くさかんむり]さんを招いて記者会見を行い、本日、
「戦争と平和記念公園」と記念館の落成式を行うことと、同時に、
『台籍老兵的血涙故事』が上梓され、日本メディアからも取材があ
ったと発表した。

文化局によると落成式は午後四時から、陳菊・高雄市長が行う。百
名の台湾籍退役軍人と遺族のほか、許昭栄氏の日本人の友人も日本
から追悼式に出席し、台湾籍元軍人とともに「海行かば」をささげ
る。

時間:

16:00-16:40 参観
16:40-17:35 落成および追悼式

場所:戰争與和平紀念公園(旗津三路、風車公園の旁)


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

バックナンバー一覧
http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
関連記事
スポンサーサイト
ミニ台湾映画祭IN弘前 | Home | 5・16 NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動  動画一覧

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ