NHK「JAPANデビュー」偏向問題 放送法改正で受信契約を自由契約にしよう!!

NHK「JAPANデビュー」に抗議する
NHK「JAPANデビュー」偏向問題 放送法改正で受信契約を自由契約にしよう!!

企画者: 日本李登輝友の会
提出先: 内閣総理大臣 麻生太郎殿
開始日: 2009年05月25日

 平成21年(2009年)4月5日に放送された「NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー・第1回「アジアの“一等国”」は、日本の台湾統治を台湾人弾圧史とする一方的な視点で描いた番組で、明らかに放送法第3条(「報道は事実をまげないですること」「できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」)に違反しています。

http://www.shomei.tv/project-1096.html
署名プロジェクトの詳細

 これは、国民の税金と視聴料によって経営し、公正・公平を守るべき公共放送として、視聴者に対する許しがたい背信行為であるにもかかわらず、NHKは多くの批判を全て黙殺し、問題なしとしています。

 そこで私たちは、「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」とする放送法第32条を改正し、NHKとの受信契約を強制から任意の「自由契約」に変更することを求めます。



日本李登輝友の会HP
http://www.ritouki.jp/
関連記事
スポンサーサイト
【報告】「mini台湾映画祭in弘前」  中西 功 | Home | ミニ台湾映画祭IN弘前

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ