スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニ@新竹探検隊です 「担仔麺」の店

読者 投稿 情報
「担仔麺」私も食べたい!
当分台湾へ行けないので、食べれなくって、悲しいよ!!
           阿貴
oni様から引用しました。


オニ@新竹探検隊 です。

 新竹市役所前の中山路をまっすぐ城隍廟方面に500メートルほど行くと、左手にできた「担仔麺」の店。「度小月」と名の付く店は、台南に各店ありますが、ここはあの、いちばん有名な中正路の美人姉妹の支店ではなく、西門路(と名刺に書いてある)にある店の新竹支店のようです。

 典型的な「度小月」の店構えで、入り口に麺を茹でるところ。背の低い椅子とテーブル。黄色い提灯が下がり、雰囲気は出してますね。

 が、店内正面には大きいモニターのテレビがあるのが意外ですけど。ま、ひとりで食事するにはヒマつぶしできていいか。

 置いてある伝票に自分で書き込んで差し出す式ですから、注文しやすいです。

 担仔麺は40元。わたしはこれに燻製卵10元を足しました。そして、20元の貢丸スープも。

 台湾のスープはうっすい味のが多いので、胡椒を置いて待ち構えていたのですが、一口飲んで、しっかり味がついてることに満足しました。担仔麺はご存知のように小ぶりな麺ですから、他には、青菜炒めや台南名物エビ巻き、それから豚耳などの小吃を注文するもよしですね。そうそう、この燻製卵も、しっかり味系でした。また、貢丸も、いつも食べてるのより黒っぽい色。つうことで、ここのはおしなべて”硬派”?

 ただ、たっぷりの香菜が入ってるので、苦手な方は「不要香菜!」と但し書きしておいたほうがいいでしょう。

 夜は何時までやってるのか聞こうと麺を茹でるおじさんに声を掛けたら、見上げた顔がすっごく色艶よくて満面の笑みで「1時までやってるよ」と言いました。おじさんと言っても、まだ40代くらいか?小学生くらいの娘も片づけを手伝ってて、家族ぐるみでやってるような店でした。

 気軽に入れていいんじゃないでしょうか?これから寒くなるし、飲んだ後に食べるとかさ。

関連記事
スポンサーサイト
新日本料理ブーム来るか | Home | 台湾新幹線 時速315キロ達成 <台湾の声ニュース> 2005.11.1

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。